敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

決算公告

会社を作るときに、決算公告をどうするのかっていうのを定款に書くことになっています。
でも、中小企業で官報や日経新聞に出しているのを見たことがないので、出さないとどうなるの? ということを、友人の弁護士に質問したところ、丁寧な回答を得ました、

http://blog.livedoor.jp/yamehan_bengoshi/archives/5380074.html

自分の会社のホームページに決算を乗せるのはいやだな、と思って探したら、いくつか決算公告を取り扱うサイトがあり、官報に載せるよりはうんと安いみたいです。

ただ、法務局に行って、定款を書き直して出すのが面倒ですが、それも経費節約の一つですので、さっそくやることにしました、多分、こういうことも司法書士か弁護士に頼めばやってくれるんでしょうけれど、何事も経験ということで、自力でやってみようと思います。

http://www.web-koukoku.jp/index.asp

ここには、丁寧な説明と実際の公告が乗っています。
出さなきゃいけないけどあまりみんなに見てもらわなくてもいい、という利用法があるんですね。
なるほど・・・・・
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近読んだ介護の法律の本

新・介護の法律入門 という本を読みました。
150ページにも満たない、小冊子という体裁だけれど、介護者が法律を勉強して、現場のケースに合わせて説明してあるから、実に読みやすいのです。

インデックス出版、梶原洋生 著。

宣伝を頼まれたわけではありませんが、出版社や著者を書いておいた方が親切だろうと考えて記載します。

介護職員を目指す人、介護職である人、在宅で介護をしている家族の人に、ぜひ読んでいただきたい本です。

いろんなケースの紹介も参考になりますが、法律家との付き合い方がぶれなくなるのが大きいと思います。


介護事業も零細とはいえ、企業ですので、最近注目している喜多村弁護士の「企業法務のススメ」でも、介護事業の諸問題について、取り上げていただきたいものだと思いました。

皆様のコメント次第では、そういう方向もありうるかもしれませんので、ぜひ、ご協力いただきたいところです。

今回、喜多村先生の取り上げたテーマは、広い意味でのドタキャン。
介護事業は利用者のドタキャンとどう向き合うか、が重要なテーマとなりますね。

それに対して、今日ご紹介した本や、喜多村先生のブログに回答があるわけではありませんが、介護関係者がしている介護業務は、法に基づいてやっていることで、善意を前面に押し出していくと、とんでもないトラブルに陥る可能性があることなども、書かれています。

ぜひ、お勧めします。

| 未分類 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

公序良俗

公序良俗という考え方が、法の基本である正義と公正の感覚の大きな要素なのだそうです。
借金のカタに娘を酌婦、実態は売春婦として人身売買することを無くしたのが、公序良俗だったことを知りました。
そういう法学史を絡めて、とてもわかりやすく書かれているので、ご紹介します。

http://blog.livedoor.jp/yamehan_bengoshi/archives/4756254.html

先週も喜多村弁護士のブログを取り上げて、読みやすくて良いとほめたんですが、さっきチェックしたら、記事が増えていました。

今回の記事を読んで思ったのは、小さな事件の、一つの判例が、人身売買を撲滅する大きな力になったのだから、今、無力感に覆われている社会だって、何かのきっかけで変わるんじゃないかという期待感です。

昔の事例から、未来への方向性を見つけることも可能だとおもいます。

喜多村弁護士には、もっとたくさん書いてもらいたいです。

| 未分類 | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

善意と悪意

法律用語の「善意」「悪意」は、一般用語とは全く違います。

どう違うかという事は、私が下手な説明をするよりも、「ヤメ判弁護士」の平易で正確な説明を読むほうが良いでしょう。

http://blog.livedoor.jp/yamehan_bengoshi/archives/4659574.html

私は、このブログを読んでいて、正確さを要求されることを平易な言葉で書くことができるのは、すごいことだな、と、本筋とは、ずれたところですけれど感心しました。

このブログ記事項目が増えていくことを望みます。

とりあえず、拍手ボタンをひとつ押してみました。

忙しい人が、初心者向けにこのような啓蒙ブログを書くことは、できそうでなかなかできないことだと思います。

| 未分類 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阪神・淡路大震災の教訓集

阪神淡路大震災の五年後に、このような意見収集がなされ、ネット上で公開されています。

阪神・淡路大震災教訓情報資料集

これは、震災直後の第一期、数週間までの第二期、そして、数か月の第三期、それ以降の復興期(第四期)に分類してあります。

全体を通読して(膨大ですが、東北大震災の復興について提言したり、事業化をする人は必読だと思います)思うことは、自分が気が付くことは、全体のごく一部だという事です。

≫ Read More

| 未分類 | 18:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スノーボードの国母君に思う

服装がだらしなく、反省の会見で非常に失礼だった馬鹿モノという印象しかなかったのですが、今日の会見で、大変なことをしでかしたことを理解していたように思えました。

自分のしでかしたことの大きさに愕然としている小学生みたいな顔をしていました。

これまでに感じたことのない罪の重さ。
世話になっているひとに、大変な迷惑をかけたことがようやくわかったのではないかと思いました。

彼は、これまでに、叱られたことがないのでは、と思いました。

彼をかばうつもりは全然ありませんが、これまでに叱られていない、かわいそうな若造ではなかろうかということを思いました。

これだけの恥ずかしいことをしているんだから、メダルをとらなきゃ、帰ってこれないぞ、というプレッシャーの中で、ホントにメダルをとってこそ、男が上がります。

ストーリー的には、このプレッシャーをばねにして、金メダルをとって、マスコミに再度注目されて、また馬鹿な発言をする・・・・なんてことを予想してますが、メダルを取られたら、他の選手も情けないでしょうね。

注目の競技がひとつ、増えました。


ブログ村の応援をお願いします。訪問の記念に^^ぽちっと押してください。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ





| 未分類 | 23:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒いので鍋

寒いので、今日は、鍋にしようということは、決まりました。

子供たちが成長すると、四人家族全員がそろって晩飯を食べると言うことがとても稀になります。

娘は昨夜おそく、友達とのスキー旅行から帰ってきました。

息子は大学受験中で、自室にこもっています。

こういう土日だけですね、家族がそろうのは。

そこで、かみさんと買い物に行きました。

野菜は高騰してますね。やっぱり寒いからでしょう。

豚肉、セリ、ホウレンソウ、ネギなどの水炊きに、カキ、鶏肉、さつま揚げなど、次々に足していき、どんな味のスープになるのか分からないながらも、最後に茹でたきしめんを入れると言うのが、我が家のやり方です。

私が、実家から引き継いで伝承している、唯一のものかもしれません。

寒い時には、ふと、半世紀も前の記憶の中の故郷を思い出します。


ブログ村の応援をお願いします。訪問の記念に^^ぽちっと押してください。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ




| 未分類 | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大森の地域力

IMG_3989.jpg

大森駅前商店街をとおって、数分歩くと、蒸気機関車C57が展示してある公園があります。
その隣にある訪問介護事業所 クオレを訪問しました。

おりーぶラインの試用を通じて、現場の意見を聞かせていただくためです。

今のシステムも、企画した側として言えば、十分に使える良いものになったと思っています。
しかしながら、それは独りよがりであって、実は使いにくい、あるいは、説明書がわかりにくい、さらには、そこまでして解決する問題ではないという意見もあるかもしれません。

そういったことをクリアしていきたいと思います。

目標としては、数十カ所の訪問介護事業所の責任者の方に説明資料を読んでいただき、「あ、それが解消できたらいいな・・・・」と思ったら、試しに使ってみてもらうということに進んでもらいたいと思っています。


以上は仕事の方の話ですけれど、このブログでは詳述しません。
その訪問の約束の時間に十五分ほど余裕があったので、すぐ近くの公園で時間調整をしたんです。
IMG_3995.jpg

梅のつぼみが今にもはじけそうに力を溜めてていました。
今日は、ものすごく寒いのですが、公園は陽だまりになっていて、ベンチで温かい缶コーヒーを飲みなが小さな春を見つけて喜んでいました。

そのとき、この公園には、全くゴミが落ちていないこと、落書きがないことに気が付きました。
そういえば、古めかしい商店街や、ごみごみした路地ではあったけれど、ゴミは落ちていなかったです。
よく、街で見かけるスプレーの落書きも全く見ていません。

壁いっぱいに落書きをしてあると、養老先生のベストセラーとは違う意味で「馬鹿の壁」だなあ、と思います。
そういう落書きが、いたるところにあるのに、大森の、私が通ってきたみちすがらでは全くありませんでした。
IMG_4002.jpg

そして、驚いたのは、公衆トイレです。
汚れていないうえに、トイレットペーパーが備え付けてありました。

公園というオープンスペースで、トイレットペーパーを備え付けてあるトイレがあるでしょうか?
私は、初めて見ました。

この地域は、人の気配が濃厚で、穏やかな感じが漂っています。
駅前の自転車も整然と止められています。

この顕著な特徴は、何に由来しているのでしょうか。
一目で、これだ! という理由は見抜けなかったのですが、何か理由があるはずです。
大森にこれから何度かお邪魔できるとしたら、この秘密がわかるかもしれません。
楽しみが一つふえました。


ブログ村の応援をお願いします。ぽちっと押していただけると、今日も何か書こうという気力がわいてきます。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ





| 未分類 | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪解け

今日は、通勤途上での、冬景色。

IMG_3977.jpg

朝の狭山丘陵は、東山魁夷の絵のようでした。

良く考えてみたら、絵が現実を写すはずなのに、よく、風景を見て、絵みたいだといいますよね。
狭山丘陵は四季折々に美しい光を見せてくれます。

IMG_3979.jpg

よわよわしい朝日があたっても、溶けてしまう。
この一滴が美しいと思えたのです。
なんでだろう?

IMG_3980.jpg

駅のホームでは、日頃よりも込んでいるようでした。
ごく少し、遅れ気味です。
こんな日は、滑り転げる人がいるかもしれません。
私もその一人の可能性はおおいにあるので気をつけないと・・・・・


ブログ村の応援をお願いします。ぽちっと押していただけると、今日も何か書こうという気力がわいてきます。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ




| 未分類 | 15:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀座百景


有楽町西武デパートが閉店というニュースが、大ニュースみたいに取り扱われてましたけど、わたしとしては、へえ、まだあったんだ・・・・・
そうか、そごうがビックカメラになったんだよな。

と言う感じです。

わたしの銀座歴は、アルバイト一年と、会社員になって、5年ほど。
歌舞伎座の近くにいたことがあります。

歌舞伎蕎麦は、銀座を離れて二十年になりますが、たまに食べたくなり、出かけます。
でかけるというんじゃなくて、銀座は地下鉄交通の要衝だから、乗り換えるときに、ちょいと寄り道するわけです。


銀座、有楽町界隈は、昭和50年代のはじめに、よく来ていました。

銀座の老舗の漬物屋さんで、アルバイトをしていました。
店番しながら商品知識をつけて、チラシの文章を書いたりするという、なんか、ちょっとおもしろいアルバイトでした。

社長がたまに来て、機嫌がいい時には、とんかつやビーフシチュー、天丼など、貧乏学生には目もくらむような御馳走をしてくれることがありました。

その当時、銀座はいたるところで工事をしていて、想像していたような絵になる綺麗な街ではありませんでした。

池波正太郎さんのエッセイだけで銀座のイメージを作っていた田舎の若者(私のことです)は、銀座にきてみて、逆にびっくりしたんです。

街は生き物で、姿を変えますね。

| 未分類 | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。