敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロに仕事を頼むには

もともと、このブログは、西東京共同法律事務所のホームページ管理そのほかをさせていただくときに、開設したものです。

その後、ずーっとホームページも、立川市民向けの講座も続いています。

嬉しいことに、若手の弁護士も入ってきて、彼らのプロフィールをアップするのは楽しみでもあります。

私も、その仕事を請け負った頃は、体を壊して働けないときだったのですが、その後完全に復調し、いろんな相談事を受けるまでになりました。

最近は、中央区の会計事務所、桑澤会計事務所の仕事もさせていただくようになり、企業、特に中小企業とのかかわりが多くなってきました。

桑澤先生は、中小企業のために尽くす町医者みたいなものを税理士、会計士として行っている方です。
財務会計資料から企業の問題点を推察し、問題の所在をつかむことに長けた方です。

これは、別に宣伝を頼まれて言っているわけではなく、私が顧客先に同行したときに目の当たりにしたことなんです。

私は製造業と介護事業が長くて、現場仕事のことは見当がつくくもりですが、とにかく資料を見るのが早い。
おそらく、脳内の数表マトリックスに埋めていくんだと思いますが、異常値(いい方にでも、悪いほうにでも)を数分でとらえて理由をお尋ねするので、話が早いわけです。

この先生、偉いなぁと思ったのは、「知ったかぶりをしない」ということなんです。

社会保険労務士、司法書士、弁護士、ITの専門家、飲食店のコンサルタントなど、いろんな専門家と付き合っていて、彼らにどんどん質問します。見てると、彼もそういう質問をどんどんされています。

診断の結果、別の専門家が必要と判断したら、ためらうことなく別の人につなぐそうです。
そうやって、クライアントに感謝されたら、さきざきに必ず良いことがあるそうです。

それって、判る気がします。

知識経験という、いくら人に提供しても減らない財産を、アライアンスを組んだ仲間にお互いに無尽蔵に提供していくというやり方は、きわめて賢いやり方だと思います。

こういうバックボーンを持っているのに、顧問契約は普通の税理士と一緒なのですから、お得感があります。

今日は、お仲間の社会保険労務士の方に、今後の事業展開のことでご相談にあがったのですが、上に述べたような構造は、できそうでいてなかなかできないのだそうです。

仲良しの名刺交換会、人脈の会は多々あるわけですが、クライアントが感謝してくれて、知人を連れてくるからお客様がいつも増えているという会はなかなかないそうです。

資格者(士業、プロ)に仕事を頼むときには、腕のいい人に全面的に信頼し、経営パートナーだと思って活用するといいそうです。

へたに、値段の交渉だけを先行させると、先生も人の子、なーんとなく、やる気が失せるかもしれません。 そこらへんの感じって、私の仕事でも同じだなと思います。

桑澤会計事務所がこれから、番頭さんセミナーや飲食店セミナーで展開する、企業体質強化塾。 これからが楽しみです。

このサイトは私たちがつくりました。
スポンサーサイト

| 情報ショップ | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

介護用品二題


■昨日、図書館で「高齢者が使いやすい日用品」という本を見つけて書架でぱらぱらと立ち読みしたところ、これが面白いのなんのって・・・・・

介護用品のショップ併設で、いろんな介護用品をお客さんともども試してみている記録なのですが、
「ふうん、そんなのがあるのか・・・・・」
「へえ、それって、ぼくも欲しいぞ・・・・・」というものがたくさんありました。

入れ歯を入れて、微振動で汚れもおとしてくれる容器を孫がおばあちゃんに買ってあげようというエピソードなど、ほのぼの、しみじみします。

こういう商品やサービスを紹介した書籍なのに、高齢者がその人らしく暮らしていくには・・・・という、介護の出発点をしっかりと意識してまとめられているので、こういう商品を紹介している本の中で出色だと思います。

そこで、「読みました、参考になったし、面白かったです」、という趣旨のメールを書いて送ったところ、丁寧なお返事をいただきました。 浜田きよ子さん、ありがとうございました。 ファンレターの返事ですから、うれしかったです。

そういうこともあり、今日は、新宿のデパートの介護用品売り場に行き、久しぶりに介護用品を見てきました。

■杖になる傘

杖になる傘が20本くらい展示されていました。
杖になる傘というのは、中途半端で持ちにくかったり、重かったり、見た目にかっこ悪かったりするんですが、一種類、すごくスマートなものがありました。

もちろん傘をさして杖をつくということはできません。
一本しかありませんから。
しかし、傘にもなるし、杖にもなり、しかもかっこいいというのは、見ていてとても欲しくなりました。

一年に一度くらい、痛風の発作が起こり、杖なしでは歩くことができなくなります。
それで、近所のホームセンターで買った安物の金属の杖を使っていますが、どーにもかっこ悪い代物なんです。
これをついて外に出るのは、いやだなあ・・・・と思うんです。でも、それしかなかったから5年くらい前に買いました。

だからといって、本格的なおじいさんがつくような、本格的な杖は、まだまだ若造の私には似合いません。
英国紳士のように、傘をステッキとしてつかうのがいいのです。

ほとんど買う気になってます。

次の痛風が楽しみだな・・・・・
ということもないけど^^


■売り場で見た残念な光景

そのデパートで、お客様からの電話の問い合わせを、男性が受けていました。

問い合わせは、あるメーカーの紙おむつを販売しているかどうかという問い合わせのようでした。
デパートはそういう消耗品の取り扱いをあまりしないのですが、ご高齢であればあるほど、デパートならなんでもあるに違いないと思いがちです。

そして、電話で問い合わせてくるくらいだから、とても困っているに違いないと思いました。

対応している店員の男性は、
取り扱っている紙おむつのメーカーは限られていること
今在庫にあるものは、全然別のものであること
あなたが欲しいものの取り寄せはできるが一ケース単位であること、しかも、同じものがあるかどうかわからないし、カタログが手元にないのでなんともいえない・・・・・
という、実にかみ合わない話をしています。

はっきりいって、そういう問い合わせは迷惑だという雰囲気がにじんでいます。

私だったら・・・・
問い合わせのお客さんが欲しいものはおそらく、大きめのドラッグストアやホームセンターにきっとあります。それをお教えます。
そして、デパートには在庫がなく、ご希望に添えなかったことをお詫びします。

私は、その、かみ合わない電話応対を聞いているうちに急速にいらついてきていることに気が付きました。

お客さんが、困っている顔がなんとなく思い浮かぶからです。
デパートにそういう電話をかけてくるということは・・・・・・若い家族が一緒に暮らしていない、老老介護の家庭・・・・・なのかな。
お金には不自由していなくても、相談相手に不自由しているんだろうな、と思いました。

相手が本当に望んでいることに解決策を提示して、それが私の提供するサービスや商品であるように、こちらが努力するというのが、商売の基本であろうと考えました。

青臭い商売論かもしれませんが、いいんだ、私、まだ高齢社会のビジネスでは若輩者だもん。

| 情報ショップ | 17:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

整理整頓コーナーを作ります

私、八歩がお付き合いしている弁護士の方から、

「最近は忙しいので、古い本をブックオフで探す暇もない、最近はネットで買うんですよ」

と聞いたのです。

ブックオフのネット販売を探してみたら、一年前からやってるんですね。

しらなかった・・・・・・

早速ブックオフの入口を設定しました。

ブックオフオンライン

あれこれと探すことが出来て、店に行ったときとはまた異なった楽しさがあるサイトです。

≫ Read More

| 情報ショップ | 12:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情報ショップを始めました


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました→


これまでは、健康な高齢者になるゾ! のスポンサーリンクを、ブログ左右のスペースや下の方に貼ってみたけど、なんだか、文章も読みにくい~

そして、文章も書きにくい~

ということを踏まえて、広告連動のコーナーを、八歩の分身、でんのらに任せることにしました。

≫ Read More

| 情報ショップ | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

このブログをはじめるにあたって

新宿の眼

私、八歩は、長年、高齢者介護事業に携わってきました。

在宅介護をやっているお宅で、の希望をお聞きして、ケアプランを作る、居宅支援事業と、ヘルパーを派遣する事業、そして、老人ホーム、デイサービス、ショートステイの各事業です。

入居者、利用者、ヘルパー、看護士、医師、利用者の家族、いろんな業者、とにかくヒトとヒトの織りなす小さなドラマや出来事の連続で、心休まることはありませんでした。

それだけに、上手く回っていき、みんな大きな不満なく、事故もなく、職員も辞めず、監査でも大したいちゃもんをつけられずにいるときは、達成感を味わうことが出来ます。



老人ホームでおきたこと。
在宅ヘルパー派遣での忘れられない出来事。
高齢者介護の現場から見た、これからの介護や医療制度について。

いろんなお話を、日記の中で書いて行きたいとおもっていますが、今の高齢者を取り巻く、医療・介護の状況は極めて劣悪です。

これは、私がここで一般論として言う必要もないほどに、皆様ご存知とおもいます。



このブログを通じて、私自身が健康な高齢者になるための 試行錯誤の記録をつづっていきたいと思います。

その中で、これまでに接点をもつことになった、多くの高齢者とそのご家族のこと、困ったことを乗り切る工夫などを紹介していきたいと思います。



多くのことを、現場で学んできました。

そして、、泣き笑いをくりかえしてきました。



子育ては動物もしますが、高齢者の介護は人類だけが行います。

それも、飢餓貧困や戦乱のない、地球上のごく一部の恵まれた地域だけです。

さすが、霊長類!ということになるのでしょうか・・・・・

せっかく、今の日本は、この恵まれた状況にあるわけですから、健康で長生きをしようと私は強い決意をしたのです。

ボーっとしていたら、悲惨な老後になるかもしれない。

その分岐点に私たちは立っているとおもっています。


応援ポチをお願いします
(↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます



情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら











| ■高齢者健康ブログはじめます | 14:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。