敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紀文の餃子鍋 (編集・増量中)

私の事務所のサンシャイン60の隣にある西友で、198円で購入。
紀文のスープ餃子

水餃子が食べたかったし、残ったスープに春雨でも入れて、ずるずると食べれば腹は一杯になるだろう、と思い、購入しました。

あのね、これ、すごくおいしいです。

そして、スープに癖がないから、たとえば醤油を足してさつま揚げや大根、こんにゃくなどを足していくと、品のいいおでんになります。

実は、明日もそうやって食べようと思って具材を足してみました。


今回は、電熱器の鍋一杯にまず、豚バラ肉を敷き詰めまして、ジュウジュウと焼き付けます。こうすると、無用なアクがでません。 
その脂は、出来立てのラードですので、これで賽の目に切った大根を焦げ目がつくまで炒めます。


これで下ごしらえオシマイ。


あとは、白菜、キャベツ、ニラ、ニンニク(スライスして干したものでも結構いけます)を入れて一煮立ちさせれば、大根以外は全部食べられます。


この段階で、大量の白湯スープ(添付)を入れ、餃子を入れまして、煮上がったところを食べながら本稿を書いています。

スープが多めに残りますが、それを大根が軟らかくなるまで煮詰めると、たぶん、絶品の豚煮込み大根が出来あがると予想しています。

上記をざっと合計してみると、


餃子198円、白菜、キャベツ、ニラ・・・・・合計100円としましょう。
ゴボウ天(気が向いたので入れてみた)98円。
大根、春雨など・・・・・・・明日食べる分まで入れても400円+電気代。

この、スープ餃子、あなどれませんぞ・・・・・


本稿も、別に紀文に頼まれたわけでもなくアフィリエイトでもありませんので、ぜひ、額面通りに受け取ってお試しください。

作り方の説明には白菜を入れろと書いてあるけれど、ニラを指定して、最後は春雨で汁を巻き取るのがよさそうに思います。
スポンサーサイト

| お薦め食材 | 16:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「りゅうきゅう」とはなんだ?

「りゅうきゅう」を食す。

我が家では、新鮮なサバやアジを刺身にして、醤油漬けにしたものを白米の上に盛り上げてお湯をかけた、お茶漬けを良く食べていました。

いまでこそ、関サバ、関アジ、と出世して庶民とは縁が離れましたが、これはうまいものでした。

こういう食の頂点にくるのがブリでして、ブリだけは、酒を多めに入れた甘口の醤油(大体大分県は醤油にはっきりと甘みがついています)につけ込んで食します。

ryuukyuu.jpg


これをなぜか、「りゅうきゅう」と呼ぶのです。

語源が不明です。
沖縄地方から伝わったというのですが、それだったら、鹿児島にも宮崎にもりゅうきゅうらしきものはありそうではありませんか。

大分県だけで、とてもポピュラーで、全然広がりがみえないものが「りゅうきゅうです」

作り方は簡単。

ブリでもアジでも刺身を買ってきて、ゴマ醤油(適当にわさびや生姜をいれてもいいです)に浸しておいて、アツアツの飯で食う。

今朝、そういう食べ方を、レトルトのご飯でやりましたけれど、飯がまずい、アジも昔の味ならず、それでも、日記に記録しておきたくなる味なんです。

もし、りゅうきゅうの語源を聞いたことがある方がいたら教えてください。



あ、千利休と関係しているというのを聞いたことがありますが、どうかな?

| 簡単レシピ | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中華まんは面白い

コンビニの中華まんは、いわゆる中華の範疇は完全に逸脱して、中華まんのふわふわした、お包みの中になにかが入っているという、たべる玩具になっていますね(変な書き方ですが、すっごくプラスに評価してます)。

2006年にローソンで見つけた「ウルトラまん」

肉まんに焼き印で目を描き、鼻や口のところが隆起していました。
「ウルトラマン」を一旦連想してしまうと、ウルトラマンにみえてくるという優れものでした。

もちろん、こんなジョーク商品が定番になるわけはないのですが、ローソンの遊び心には感心しました。 
味は、普通の肉まんでした。

その後、ローソンで新しい「まん」が出てると買うことがおおいです。

おいしかった記憶のベスト3。

ナチュラルローソンの鳥ひき肉が入ったもの。
チーズまん(これはチーズがなかでトローっと溶けてて美味だったな。ローソンだったかどうか定かではない)
吉野家牛丼の味の肉まん(これはヤマザキデーリーで買い食いした)

今回、コンビニで働いている若い友人に教えてもらったのは、辛いチャプチェまん。
なんでも、強烈な辛さらしいです。

普通に辛いものは好きだという人が、半分がんばって食べて、くしゃみして、鼻水、涙目になり、それ以上食べられなかったといいます。
これはすごそう・・・・・

私は辛いもの好きということでもなく、普通に食べたり、食べられなかったりする人なのです。
どうしようかなあ。

でも、辛い食べ物がはやると景気回復の兆しといわれますので、瑞兆だと考えて、チャプチェまんにトライしてみようと考えてます。

| お薦め食材 | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の粗餐

今週になって、寒さは緩みましたが、都内は初雪、そして、明日からの三連休は荒れるだろうとの見通しです。
こういう時は、出歩かずに、なるべくならぬくぬくとコタツ蜜柑としたいものです。

今日は、自主的に仕事を午前中で切り上げて、すごくおいしいものを作ろう、と決めました。

おいしくて、温まって、安いものにします。

そういうテーマを決めて、帰途の地元の市場に立ち寄りました。

(続きがあります)

≫ Read More

| 簡単レシピ | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かんたん温泉卵

久しぶりにお料理の話題を一つ・・・・・

私の郷里で、先日大規模な火災がありました。

駅前の古くて小さい木造家屋がひしめきあう一角から火が出て、折からの山越えで海に吹き込む強風にあおられ、一旦鎮火したと思われたのに、数時間後に数百メートル離れたところでまた、発火したというものでした。

まだ、原因を究明しているところと言いますが、原因そのものも燃えてしまってなかなか特定できないかもしれません。

ただ、その時に思ったのは、私が思い浮かべることができる何人もの高齢者が、オール電化など夢のまた夢、そうしたいとさえ思わずに、毎日ガスで火を使っていると言うことです。

電子レンジと電気炊飯器と電気ポット、そして冷蔵庫でほとんどの食生活が満たせたら安心だと思いました。

炊飯器で作るからおいしい炊飯器で作るからおいしい
(2004/10/23)
大石 寿子

商品詳細を見る


この本を図書館で借りて、読んでいたら、温泉卵の作り方が書いてありました。

作り方っていうのも大げさなんですが、

炊飯器でご飯を炊いたら、洗ってラップにくるんだ(そのままでもかまわないが、気になるなら)玉子を、保温状態の中に置くだけ。 30分~一時間、電気がまによって異なるから、ようすを見てください、ということでした。

さっそくやってみたところ、本当に、30分で、できます。

あまりにもあっけなくてびっくりしますが、できています。

30分と言えば、ご飯が炊けてから、ちょっとなにか準備していたら、すぐに経過します。

こりゃいいことを知りました。 私は生っぽい玉子のアレルギーがあるので作っても食べられませんが、自宅で、手間無く一品できるのはいいことです。

高齢化が進むなかで、安全な調理法というニーズは潜在的にはかなりあるんだろうなと思います。


応援クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

| 簡単レシピ | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冷蔵庫の故障

木曜日の夜、冷蔵庫の中が少しも冷えていないことに気がつきました。
保証書を見ると、6年前に購入したものです。

通電はしていますが、全然冷えない。
冷凍食品は、解凍食品に変わりつつあります。

夜中はどうしようもないみたいなので、とりあえず放置します。

修理依頼は金曜の朝にすることにしまして、それまではあまり開け閉めをしないことにしました。

冷蔵庫って、今の暮らしの中で、故障したら一番困る電気製品だということに、故障してみて気がつきました。

金曜日は、すごく豪華な弁当を作ってもらって、家族総出で食糧ストックを食べることになりました。

修理は翌日の土曜日になるということで、そこのところは「困る」ので、なんとか金曜中に来れないかとかみさんが相当にがんばったらしいのですが、電話対応の人も一緒に困ってくれただけ・・・・ということでした。

なんだか、訪問するところが多くて、回りきれないみたい、といって、かみさんがぷんぷん怒ってました。

困る度合いから言うと、冷蔵庫は、最優先にするといいと思います。
もし、冷蔵庫JAFのようなもの、つまり、故障したら24時間365日急行します、というような体制が、冷蔵庫、エアコン、ガス給湯器、ガスレンジ、オール電化のときの加熱機など、限定した商品についてでいいからつけられたら、その商品を選ぶと思います。

ぜひ、メーカー、あるいは販売会社の方にご一考願いたいと思います。

それにしても、冷蔵庫の置くには、記憶にもないようなビン詰が眠っているものだなあ・・・・・と、驚きました。

| 食の不安 | 08:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国産ウナギかば焼き

昨今、薬品汚染の不安から中国産の食材を意識して避けていました。

でも、今日は久しぶりに、ウナギをおいしくいただくことにしました。

その横には、なめこの味噌汁でもつけようかな。

今日は家族4人がそろう日です。



今でも、中国製の食材には忌避感が、根強く残っていると思います。

それでも、今年、中国産のウナギだと思いますが、何度も食べました。

吉野家でうな丼を出していたときにはよく注文したものです。 

それは、牛肉にあれだけのこだわりを見せ、食材の不安要素によってあれだけの損失を被った吉野家が、産地、育て方にこだわった仕入れをしているという信頼感があったからです。

中国産でも、提供者への信頼があるからおいしく食べることができたのです。



今日、テレビ番組を見ていて、すっごくウナギが食べたくなりました。

でもスーパーで国産の半値以下で、ある意味投げ売りっぽく売られている中国産のものを買って、大丈夫なんだろうか・・・・・なんとなく、食べるときに気が滅入るかも・・・・・なんて思ったのです。

そしたら、かみさんがアイデアを出してくれました。

それは、近所にある業務スーパーは、絶対にチェックしているはずだから、そこで買う中国産のうなぎのかば焼きが一番信頼できるんじゃないか、という説なのです。

たしかに、食品検査を全部のロットでやってると書いてありますし、現地の加工場に日本人が行って指導しているとも書いてあります。

そういうところでウソをつくはずはない・・・・というか、そこは、そう書いてあるんなら信用するしかないと思うんです。

中国産だけど、安全確保は懸命にやってますよ・・・・ということは伝わってきます。



他のスーパーは、国産よりうんと安いんだからから、リスクは自分で考えてね、ということなのかなあ。

そういう売り方だと、中国産のは手が出せないし、国産は高くて手が出ない・・・・・><


業務スーパーでは、堂々と、中国産冷凍のウナギだけが、売られていました。
決して、投げ売りみたいな安い値段ではありませんが、国産ウナギよりは安いです。

結構大きなウナギのかば焼き(冷凍)を購入。今夜は、ウナギご飯にします。


ウナギは、お茶で数分煮詰めるようにしてフライパンで温めると、とっても柔らかくなるって、「所さんの目がテン」で見て以来、何度も硬いウナギをほろりととろけるようなウナギに変身させてきました。

濃く出したお茶の弱アルカリ性が、ウナギの皮の部分のごりごり感のもとであるコラーゲンをとかしだすからなんですね。豚バラ肉塊を紅茶で茹でるのも同じ理屈です。


| 簡単レシピ | 15:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の晩御飯

今日は、涼しくて・・・・そして、野菜の値段も落ち着いてきたので、あれこれと作って食べたくて、たくさん買い込みました。

■ごぼうのいためもの(きんぴら風)

ごぼう、人参、竹輪を炒めて薄味、だけど甘辛くします。
あ、油は豚バラ肉の脂を使います。だから豚肉少々。


■稲庭お吸い物

お吸い物代わりのうどんは、稲庭うどんのフシ(曲がったところ)をお土産にもらったから、これを茹でます。ツルンとしてフシ特有の滑らかな食感が楽しいです。
大葉と茗荷をきざんで浮かべます。
お米屋さんにもらったそうめんつゆがあるから、それをベースに、適当に足したりして吸い物にします。


■焼きナス

ナスが大量に籠に盛られて安かったのでどっさりと買いました。
ガスで7分ほど焼き、さらに7分ほど方向を変えて焼くと皮が黒こげにできます。
我が家のガスグリルでは一度に4個が焼けます。
皮をむくときには、竹串で皮と身の間をすくいとるようにしてむいていきます。
熱いですが、水につけると水っぽくておいしくないんです。
右手で竹串、左手は指先で氷をつまんで、冷やしながらナスをさばきます。
なれると、楽です。
あるだけ焼いて、むいておきます。
冷蔵庫で冷やしておいて、数日はどうってことありません。
でも焼きたてはやっぱり格別です。


■焼き肉どんぶり

豚バラ肉をフライパンでじっくり、脂を引きだすように焼きつけて、キムチを適量入れるだけ。
何の味付けもしないのに、とてもおいしいです。


という準備ができて、ブログを書きながら、今ナスを焼いています。
もうしばらくしたら、常温の酒を呑み始めます。
穏やかな曇りの天気の秋の日です。

こんな日には、お酒が飲めて、料理ができることは幸せだなと思います。


| 簡単レシピ | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焼き小籠包って知ってますか?

上海に長いこと住んでいる日系企業の社長から、焼き小籠包という食べ物のことを教えてもらいました。
小籠包の形をしていて、食べると肉汁がじゅわっと出てくるらしいです。

でも、焼き餃子見たいに平べったい鉄鍋で油を多めに敷いて焼くんだそうです。

そういう、おやつみたいな、高級ではない食べ物は、ことのほか好きなので、日本でやってるところを探してみました。

その方は、「とにかく、上海のは、おいしい。日本にはないはずだ」といって、私をうらやましがらせます。


検索→焼き小籠包

そしたら、いつくか食べ歩きブログで紹介されていました。

一応現段階でわかったことは、

小さな肉まんを鉄板で焼く、肉汁はないものが横浜中華街にありました。

先日、横浜市役所に用事があったので、出かけたついでに (なにがついでだよ、わざわざだろ)、正直に言うと、ネットで検索までして出かけました。

そして、その場で食べてみました。

ちょっと、期待しすぎたかな・・・・・・・初物を食べると寿命が延びるって言うじゃないですか、そんな期待を少ししすぎました。

でも、肉まんの底が焦げてるのって、おいしいです。
こんど、冷凍の肉まんをレンジでチンして、それをごま油をひいたフライパンで焼いてみようかな・・・・・

と思ったら、見つけました。

ニッポンハムの天津閣シリーズ、冷凍じゃなくて冷蔵の焼き小籠包。
これは、12個入って300円くらい。

フライパンで蒸し焼きにすると、前もって焼け焦げはつけてあるので、うむ・・・・
見た目は、焼き小籠包・・・・かな? 本物を食べたことがないので何とも言えないんですが、これは、肉汁がじわじわ出てきて、相当おいしかったです。

ニッポンハムから頼まれたわけではないのですが、この天津閣シリーズは春巻きにしても餃子にしても、少々お高いですが、おいしいです。


町田にあるという、行列ができるお店というのは、すごく興味があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/ratri_swotantra/22653441.html
この方のブログを読んでから、うう、口の中火傷してみたい・・・・・という気持ちになってます。

ですが、何十分も並ぶというのが障壁になってます。並ぶの、嫌いですから。
でも、ブログで皆さん絶賛しているし、ここの焼き小籠包は上海のと変わらないと、何人もの方が言っているので、ここのものを食べて、本場のものを食べたことにしようかな、なんて、安上がりなことを考えてます。

じつは、先週同僚のA君が、ここに行って食べてきた、と、やたらとうらやましいことを言うんです。
そして、料理好きな私のために、だいたいこんな感じですよ、と、ネットで見つけたレシピを印刷してくれました。

今度の5連休に、作ってみようとおもいますが、その前に、本物と言われるもの食べてみたいものです。

こういう、五百円でお釣りがくるような食べ物には、とっても親近感をもつ私です。

でも、あんまり大きな期待はしないようにしよう・・・・・小さな、焼き肉まんなんだから、ね。


| お薦め食材 | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家族のお茶漬け

今日は朝、家を出るのが二時間おそくてもいいことに、朝飯を食べてから思い至りました。

こういうのも、老人力というんだろうなぁ・・・・
でも、朝飯を食べたことは覚えているから、まだまだ若造です^^

そこで、暇に任せて、最近気に入っているお茶漬けを、ご紹介します。

ヒット商品らしいから、知ってる人は知ってるとおもうけど、ふりかけの「丸美屋」が出している、家族のお茶漬け。これが最近のお気に入り。090309-marumiya-kimura3.jpg



ほら、お茶漬けって、ものすごく食べたい!!!!というものじゃないですよね。

「いやいや、私は、お茶漬けが食べたくて食べたくて」という人は、ちょっと、目をつぶってくださいね。 

私は、大体・・・・・朝飯のときに、ご飯が二口くらい残って・・・・・えーっと、塩コンブ? それとも、梅干し? 

というときに、永谷園のお茶漬けにしていました。

一袋を開けても、三分の一くらい使うだけなので、残りを食べてくれる家族がいるうちはいいけど、人間、いつかは一人になる・・・・・そのときにはどうしよう・・・・・

と、途方に暮れていた私に福音♪

小袋だから不便、大袋だから便利という不思議な例。

一袋、56グラムl入っていて、計算上は8杯分なんだそうです。
でも、私の食べ方だと、たぶん30杯です。

塩鮭、昆布、梅干しなどとの複合技もいきますから^^

丸美屋さんありがとう。

この袋の裏側に書いてある「お召し上がり方」

お茶漬けごときに、召し上がり方なんて・・・・・と、突っ込みをいれようと読んでみて、丸美屋さんの顧客思いの心に感動しました。

①袋の口をよく開くこと
②まずは控えめにかけるように

ね、②がいいでしょう^^ 自社の利益のことを優先してない。顧客の健康のことを配慮する丸美屋。

決めた、全種類制覇するぞ。

時代劇には、●●屋・・・・おぬしも悪よ・・のぅ というセリフが登場しますが、丸美屋はここには入らないと思いました。

| お薦め食材 | 07:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。