敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スキャン代行の結論

明けましておめでとうございます。

未来に向けて何らかの光明が見えるようになることを、心から祈ります。

1月1日に、広範囲で震度4の地震がありましたが、これまでとは震源が違うみたいですので、気になります。

ところで、昨年12月下旬に、スキャン代行業者に対して著作権者がとうとうアクションを起こしました。

浅田次郎氏、大沢在昌氏、永井豪氏、林真理子氏、東野圭吾氏、弘兼憲史氏、武論尊氏の7名を原告とし、スキャン代行業者2社に対し原告作品の複製権を侵害しないよう行為の差し止めを求める提訴が東京地方裁判所に出されたのです。

その前の9月に、著作権協会がスキャン代行業者に「質問状」を出して、7割が「やめます」、残りは無回答という事だったと記憶していますが、2社だけは「続けます」と回答したため、今回の提訴に至ったものと理解しています。

実は、私はたまたま、提訴された会社ではないがやっている代行業者に段ボール箱5個ほど電子書籍化を依頼したことを、前回書きましたが、同時に元判事である弁護士に、本件に関連する質問をしたところ、過去に結論の出ているカラオケを例にとり、分かりやすく「判決」を出してくれました。

彼は十数年前までは、東京地裁など数か所で裁判官(判事)をつとめたひとだけに、この結論には、かなりの説得力があるものと思いました。

この問題に関心のある方は多いと思いますので、こちらを読んでください。法的に正確に記述してあるから、平易な読み物とは言えませんが、結論は明快です。

私は、李下に冠を正さず、の故事に倣い、雑誌の電子書籍化は自分でやることにしました。ただ・・・・
上手く裁断できるものかどうかが、イマイチ心配なんですよね。
スポンサーサイト

| 読書と映画 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電子書籍化

自炊って、自分で本の背表紙を切り取って、スキャナで読み取って電子書籍化すること・・・・・・・
というのは、若い世代には常識だけど、もしかしたら、自分で飯の支度をするという、広辞苑的理解だけの人もいるかもしれませんね。

先日、部屋に山積みになっていた本をかなり処分しました。

大きく3つに分類できました。

1.本のままとっておくもの(丁寧にクロス装丁された棋書や美術書)
2.ブックオフで売るなり捨てるなりしてもらうもの
3.電子書籍化するもの

上記の2と3だけでいいますと・・・・・・
段ボールのみかん箱(縦横高さの合計120センチ以内の箱)に13箱になりました。

13箱分の本が部屋から消えると、かなり見た目すっきりしました。

ブックオフ行きが8箱。
これは、連絡したら取りに来てくれて、四千円ほどが郵便局の口座に振り込まれました。
金額の多寡が問題ではないので、ありがたかったです。

5箱には、ビジネス書と、電車の中で読みたくなりそうな文庫本を詰めて、電子書籍代行業に送りました。

今、著作権問題で違法ではないかと言われている、アレです。

私は、本当に私的複製利用で、しかも、ビジネス書は、キーワード検索が可能になるからとても期待しています。 

しかも私が代行業を行うわけじゃないので、安心して送りました。

5箱で250冊を25,000円でPDFにして、タイトルもつけて、OCRかけてくれるそうです。

送料なんですが、最近のゆうパックtって優秀でして、県内なら送料1100円+引き取りサービス100円 要は1200円で送れるということなんです。だから5箱を取りに来てもらって、送料6000円で済みました(正確には同じ場所割引っていうのが二箱目から50円マイナスされますので5800円)

電子書籍化したものを、さらに複製して売ったり配ったりしてはいけませんが、自分で使うには法的にも、問題はありません。

実は、一番やりたかったのは、

NHK囲碁講座
棋道
囲碁ワールド
囲碁研究

といった趣味の月刊誌だったのですが、自炊代行業者は一様に月刊誌は取り扱わないか、二倍近い料金になるというので、今回は見送りました。

しかし、本だな一つを占領している囲碁月刊誌こそ、アイパッドで電車の中で見るのに最もふさわしいです。

ビジネス週刊誌や学会誌なんかも、たまに古いものを探すことがあるから電子書籍化したほうがよさそうです。
週刊ダイヤモンドの特集記事などは、数年前のものと新しいものを比較して、ランキングの変化を見たりすることもあります。

それは多分1,000冊ではきかないでしょう。

この手の月刊誌、週刊誌は、代行業者としては、背中を切り落としにくいらしいんです。ホッチキスにあたると刃が痛むし、見開きで写真を使っていたりして、大切なところが切れているなどの苦情が多いからだそうです。

でも、私が持っている月刊誌はそういうタイプではないので・・・・・
やってくれないなら、自分で裁断機買って、スキャナ買おうかな・・・・・・・
って思い始めました。やらないこともないのですが倍の金額をいただきますと言う業者もいて・・・・・

それは、すごく損した感があるのでやめました。
たかだか50ページか100ページの会報などを一冊200円かけて電子書籍化するのは、もったいない。



もし、自炊したことある方がいたら、教えてください。
素人でも、ネットで言われているようにホントに簡単にできるものかどうか?

| 読書と映画 | 09:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画と音楽のお届けもの

DVD,CDのレンタルと書店の TSUTAYA

好きなものを宅配してくれて、延滞料がかからないというTVコマーシャルを観て、

ん? そんな、ステキな話があるの?

と疑問に思ったので、ネットでチェックしてみました。


≫ Read More

| 読書と映画 | 13:07 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。