敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ショートステイにみる介護保険制度の矛盾

siroiratai.jpg

あー、昨日はビックリしました。

福田総理の辞任です。
みんながこんな辞め方をしたら、介護事業だったらなりたたないですからね。

老人ホームで、ホーム長がこんな辞め方を二人続けてやったら、監督官庁からマークされることは必至ですね。
そんなことを思ってみてました。

政府には、監督官庁がないのかなあ・・・・・・

私たちが、投票に行って、高い投票率をたたき出すことが必要なんだと思います。
やれやれ・・・・・・


話を本題の、ショートステイに進めます。

自宅で家族介護をしていると、24時間365日、気の休まる日はありません。

夜に何度も起こされると、いくら愛情があっても、介護者はへとへとになります。

睡眠時間を削られることがどれほどつらいことか・・・・それは、介護されるほうもわかっていたりします。

こういうときに、ほんの数日でも、介護施設が預かってくれれば、家族の疲労がかなり緩和されます。

家族にとって、貴重な休日が得られるのです。
これがショートステイです。

そんな便利なショートステイなのに、使いたいと思ったときに使うことができなくなってるんです。
それなのに、何ヶ月も、老人ホームに入居してるみたいに「住んでいる」人がいるんです。

なぜこういうことになるのでしょうか?




≫ Read More

スポンサーサイト

| ショートステイの現実 | 08:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。