敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

囲碁ブーム到来?

井山裕太さんが名人になってから、何かが変わったような気がしてなりません。

井山さんはまだ二十歳前ですが、碁を打つ時の表情は、少年のそれではないです。

勝負師特有の、無表情をまとっているのです。

彼は、どれだけ強くなるのか、タイトルをいくつ取るのか、非常に楽しみです。


もう一人、若い天才の話題があります。

それは、藤沢里菜さん。 小学校5年生です。

この子が、棋士採用試験、いわゆるプロテストに合格して、4月からプロになります。

藤沢秀行名誉棋聖のお孫さんでして、お父さんは藤沢一就八段。

囲碁の強さは遺伝するとは証明されていませんが、これは、遺伝でしょう。

今や、日本棋士を完全に凌駕している中国と韓国の碁界ですが、今大活躍している若手の師匠は、皆藤沢秀行先生の薫陶を受けた人たちです。

そう思うと、藤沢里菜さんが、国際棋戦で大活躍をするのを、私たちファンが夢見るのもうなづけると思います。

こういう若い天才が現れると、どんな世界でも活気づきます。

私は数少ない趣味として、ネットで囲碁を打ちますが、最近、十代、二十代の、碁を覚えたてのひとから、教えてくれと言われることが急に増えてきました。

今日も二人の若者(13歳、23歳)に教えました。

二人とも、たまたまですが覚えて四カ月です。

13歳の少年は、9子というハンディをもらって、私に攻めかかり、カウンターパンチを食らっても食らっても立ち向かい逆らってきました。結果は少年の惨敗でしたが、ものすごい反発力でした。

この子は、ものすごく強くなります。一年で私は追い抜かれる高段にして、もっと強い人にバトンタッチしなきゃいけないと思います。 私は、自分で打つ碁は大してうまくないけれど、五十年近く、専門家の碁を新聞や本で見てきたので、並みのアマと、けた外れのアマの違いはピンときます(時々外れるけど)。

もう一人の若者23歳は、今日のテーマを、石の連絡、つまり、安全運転と決めたようです。
前回は、まもったり、攻めたり、ちょっとちぐはぐだったんだけれど、今日は、ぬるくて安全で徹底しています。

九子置かれて、一か所も破綻することなく連絡を意識されると、白は絶対に勝てません。
世の中に絶対なんてめったにありませんが、これは絶対です。

彼は、同い年のアマチュア高段の女性に、九子置いてうちたいという夢があるそうです。
彼女に九子で打つと言うことは、私に七子・・・・・は、打てそうな気がしました。

若い人は、吸収力があるから、ぐいぐいとうまくなりますね。

囲碁の世界に、若い人がずいぶん入ってきたなと言う感じを最近、こういうところから感じています。
若い時に覚えて、のめり込んでも損のない、非常に頭のよくなる戦略ゲームです。


ブログ村の応援をお願いします。訪問の記念に^^ぽちっと押してください。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ






スポンサーサイト

| 囲碁をはじめましょう | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あいさつは何のため?

今日の産経新聞コラムに挨拶のことが書かれていました。
これを読んで、考え込んでしまいました。

≫ Read More

| 囲碁をはじめましょう | 17:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

囲碁と将棋はボケ防止に最適

これまでに、何度も囲碁のことを、このブログでも書いてきました。

私の父は、3年前に大病で、大手術をしました。

そのときに、手術に耐え、医者も驚くような復活を遂げたのは、孫とネットで碁をうちたいという一心でした。

その父に囲碁を教わった記憶、妻となる人の父との人間試験のような囲碁、その間にずーっとやってきた将棋のことを、投稿小説にしています。

初めて書いた、小説(私小説? エッセイ?)ですが、多くの方にお読みいただいており、感謝しております。

囲碁の記憶(恋愛編) [八歩]

あまりに私小説過ぎて、恥ずかしいなという気もしたのですが、どうせ投稿しちゃった以上、よんでいただきたいなと思うので、久しぶりに宣伝します。

これを機会に囲碁を覚えてみようと思われる方がおられましたら、ぜひ、ご相談ください。
むつかしいものではありませんが、どうせなら、楽しくおぼえて、グングン上達したいではありませんか。


囲碁の記憶(挫折編~青春編) [八歩]

これは、幼児期の記憶のほうです。



囲碁、将棋は日本人の心の原風景として存在する、勝っておごらず、負けて悲嘆にくれず・・・・という美学の訓練に好適で、しかも、年をとってからのボケ防止にもなります。

将棋も囲碁も、ネットで友達ができやすいSNSがあり、ネットに慣れ親しんでいさえすれば、いつでも健康な刺激が得られます。

こういうボードゲームが好きでよかったなあ、と思います。


囲碁が出来る方は、Goxi に参加して、八歩の碁フレンドになってください。


私の碁フレンドには、プロの九段もいれば、中学生名人を目指している少年もいます。

級位者でよく質問状を投げかけてくるひともいますし、一緒に定石の勉強をしている友達も居ます。



囲碁が好きという一点だけで、こんなにもひろがりがあるものか・・・と驚きます。



子供が囲碁をはじめたので、私もうまくなりたいですという、母親のフレンドも多いです。

オフ会でお会いすると、みなさん聡明な美人であることに驚きます。



まあ、子供が囲碁に興味を持つので、囲碁SNSでフレンド作って碁をうまくなろうという賢い母は知的なわけです。


囲碁、たのしいですよ。


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら






| 囲碁をはじめましょう | 11:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガン闘病と小学生の囲碁

sotogo2.jpg
ジョルダンが応募していた、読書の時間の投稿小説予選に、

もう一度ネットで会いたい [八歩]

これは、ネットでであった、ガンと戦う人との友情の話です。

あわせて、囲碁のことを自分のふりかえりとして、二編投稿しました。

囲碁の記憶(挫折編~青春編) [八歩]

囲碁の記憶(恋愛編) [八歩]



≫ Read More

| 囲碁の記憶 | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

囲碁ブログをはじめました

趣味の読書と囲碁に特化したブログをはじめました。

理由は、やってみたかったから・・・・・うん、とてもわかりやすい理由です。

私は、今は有段者の末席にいますが、ここまで来るのは、相当に牛の歩みでした。

才能のある子供だったら、一年でおいぬいて行きます。


でも、多くの人が碁に取り組むときに目標とするのが初段。

10級から5級くらいの人がわたしの碁敵になるお手伝いをするというのが、、このブログのテーマです。

八歩書店 開店します
八歩書店お薦め本


| 囲碁をはじめましょう | 08:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワールトマインドスポーツゲームズ(WMSG 知のオリンピック)

title001.jpg

昨日、WBC(ワールドベースボールクラシック)に関連して、

「日本代表に対しては感謝の気持ちで送り出し、迎え入れよう」

ということを書きましたところ、多くの方から温かいコメントをいただきました。


もちろん、もっとバッシングしたいという人が大勢いるから、あのような報道になるわけですが、そういう人はこのブログとも相性が悪いから、見にもこないでしょうし、見てもコメントをわざわざ残したりはしないのでしょうが・・・・


今日は、先日行われた、ワールトマインドスポーツゲームズ(WMSG 知のオリンピック)の日本代表の囲碁についてです。

≫ Read More

| 囲碁をはじめましょう | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運命の対局(囲碁の記憶 その 4 最終回)

運命の対局(囲碁の記憶 その4 最終回)


あなたは、碁を打ちますか?

そう、美しい人に問われました。
わたしより少し背の高く、私より少し若い人でした。
知人の紹介で正月に会って、2月の出張を利用して二度目にあったときのことです。

美しい、というのは、そのときの、場所、光線、音、においなど全てを総合して、記憶をたどると、そのことばに行き着きました。

その人の父は、三十数年前に、母と結婚するために、母の父親の唯一の趣味である碁を覚え、母の実家に足しげく通い、そして、母を獲得したのだという話を、その人はしてくれました。



碁とは、白と黒の石をつかうゲームのことですね。
碁は打てます。しばらく打っていないけれど、碁は好きです。
と、答えました。話を続ける必要があると思い、すこしだけ嘘をつきました。
突然、碁のことを持ち出されたのでびっくりしました。


≫ Read More

| 囲碁の記憶 | 16:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見ているだけの囲碁 囲碁の記憶(その3)



碁を打たないのに、棋譜を読んだり、棋士のエッセイを読んだりして面白いのだろうかと、聞かれたことがあります。

これに対しては次のような反論を準備していました。

マラソンを完走したことがある人はほとんどいないと思いますが、テレビで観戦し、応援し、十分楽しめます。
と。


名人戦などのタイトル戦も、入室の時の所作から、勝敗を推理したりして、十分楽しめると思います。
ボクシングでは、ほとんど、戦う前から、勝敗の予想はついていて、ほとんどくるいません。

≫ Read More

| 囲碁の記憶 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

趙治勲さん 囲碁の記憶(その2)

sotogo3.jpg

もう、碁石では遊ばない・・・・悲しくなるから・・・・と思った三歳の少年が、次に興味をもったのは将棋でした。

田舎町で一番将棋が強いという評判の、近所の医者のおじいさんが、かわいがってくれたので、入り浸っていました。

この家は、洋館で、お手伝いさんがいて、運転手もいる家でした。

なぜ、私のようなランニング一丁の少年を可愛がってくれたのかはわかりませんが、おじいさん先生(地元では老先生、息子の医者を若先生と呼んでいた)は、私に、外国製のハッカのアメをくれました。

それは、サクマのドロップの白いヤツよりももっと甘かったと記憶しています。

40年以上前のことですが、私にも利発で可愛い少年時代というものがあったのです。


≫ Read More

| 囲碁の記憶 | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

囲碁との遭遇 囲碁の記憶(その1)

セピア色の記憶ですが、ところどころに色がついています。
まだ、舗装道路が少なく、雨が降ると駅にもぬかるみが出来ていたそんな時代がありました。




父は座敷で、正座して、左手の本を見ながら石を並べていました。

ひとつひとつ丁寧に。

小さな、「コトリ」という音がしたように思いますが、おぼえているわけではありません。

≫ Read More

| 囲碁の記憶 | 21:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。