敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガン闘病と小学生の囲碁

sotogo2.jpg
ジョルダンが応募していた、読書の時間の投稿小説予選に、

もう一度ネットで会いたい [八歩]

これは、ネットでであった、ガンと戦う人との友情の話です。

あわせて、囲碁のことを自分のふりかえりとして、二編投稿しました。

囲碁の記憶(挫折編~青春編) [八歩]

囲碁の記憶(恋愛編) [八歩]



≫ Read More

スポンサーサイト

| 囲碁の記憶 | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運命の対局(囲碁の記憶 その 4 最終回)

運命の対局(囲碁の記憶 その4 最終回)


あなたは、碁を打ちますか?

そう、美しい人に問われました。
わたしより少し背の高く、私より少し若い人でした。
知人の紹介で正月に会って、2月の出張を利用して二度目にあったときのことです。

美しい、というのは、そのときの、場所、光線、音、においなど全てを総合して、記憶をたどると、そのことばに行き着きました。

その人の父は、三十数年前に、母と結婚するために、母の父親の唯一の趣味である碁を覚え、母の実家に足しげく通い、そして、母を獲得したのだという話を、その人はしてくれました。



碁とは、白と黒の石をつかうゲームのことですね。
碁は打てます。しばらく打っていないけれど、碁は好きです。
と、答えました。話を続ける必要があると思い、すこしだけ嘘をつきました。
突然、碁のことを持ち出されたのでびっくりしました。


≫ Read More

| 囲碁の記憶 | 16:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見ているだけの囲碁 囲碁の記憶(その3)



碁を打たないのに、棋譜を読んだり、棋士のエッセイを読んだりして面白いのだろうかと、聞かれたことがあります。

これに対しては次のような反論を準備していました。

マラソンを完走したことがある人はほとんどいないと思いますが、テレビで観戦し、応援し、十分楽しめます。
と。


名人戦などのタイトル戦も、入室の時の所作から、勝敗を推理したりして、十分楽しめると思います。
ボクシングでは、ほとんど、戦う前から、勝敗の予想はついていて、ほとんどくるいません。

≫ Read More

| 囲碁の記憶 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

趙治勲さん 囲碁の記憶(その2)

sotogo3.jpg

もう、碁石では遊ばない・・・・悲しくなるから・・・・と思った三歳の少年が、次に興味をもったのは将棋でした。

田舎町で一番将棋が強いという評判の、近所の医者のおじいさんが、かわいがってくれたので、入り浸っていました。

この家は、洋館で、お手伝いさんがいて、運転手もいる家でした。

なぜ、私のようなランニング一丁の少年を可愛がってくれたのかはわかりませんが、おじいさん先生(地元では老先生、息子の医者を若先生と呼んでいた)は、私に、外国製のハッカのアメをくれました。

それは、サクマのドロップの白いヤツよりももっと甘かったと記憶しています。

40年以上前のことですが、私にも利発で可愛い少年時代というものがあったのです。


≫ Read More

| 囲碁の記憶 | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

囲碁との遭遇 囲碁の記憶(その1)

セピア色の記憶ですが、ところどころに色がついています。
まだ、舗装道路が少なく、雨が降ると駅にもぬかるみが出来ていたそんな時代がありました。




父は座敷で、正座して、左手の本を見ながら石を並べていました。

ひとつひとつ丁寧に。

小さな、「コトリ」という音がしたように思いますが、おぼえているわけではありません。

≫ Read More

| 囲碁の記憶 | 21:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。