敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦争放棄について考えてみた

第一次世界大戦が勃発してからちょうど一世紀が経ちました。

この悲惨な戦争から、多くの国々は戦争を放棄しました。
日本だけが「国際紛争を解決する手段として」戦争を放棄しているワケではないんです。

ちょっと意外なようですが、アメリカも、ロシアも、イギリスも、ドイツ・・・・・そして、日本も、みんな「国際紛争を解決する手段として」の戦争を放棄しているんです(パリ条約批准国約70か国の国際間)。

世界史の復習になりますが、ちょっとお付き合いください。

1928年(昭和3年)8月27日にアメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、日本といった当時の列強諸国をはじめとする15か国が署名し、その後、ソビエト連邦など63か国が署名しました。
パリで締結されたため、パリ条約(協定)あるいはパリ不戦条約と呼ばれることもあります。
中身は、日本国憲法の第9条とほとんど変わりません。

不戦条約(戦争抛棄ニ関スル条約)は、第一次世界大戦後に締結された多国間条約で、国際紛争を解決する手段として、締約国相互での戦争を放棄し、紛争は平和的手段により解決することを規定しています。

この条約が成立したことで、国際社会における集団的安全保障体制が出来上がりました。
集団的安全体制保障について、パリ条約以前と以降で考え方を整理してみます。
第一次世界大戦以前は、国際法では、主権国家は相互に対等なので、戦争は一種の「決闘」と見ていました。国家は戦争に訴える権利や自由を有すると考えられていたのです。
しかし、不戦条約はこの国際法の世界観を否定し、条約違反をおこなう国に

対しては「条約に違反して戦争に訴えるならば、条約違反となるので、他の不戦条約締約国は制裁戦争を行うことができる」とされています。
この条約はその後の国際法における戦争の違法化、国際紛争の平和的処理の流れを作る上で大きな意味を持っていました。

1928年(昭和3年)8月27日にアメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、日本といった当時の列強諸国をはじめとする15か国が署名し、その後、ソビエト連邦など63か国が署名しました。

日本では、太平洋戦争後に、「とにかく軍事行動だけは禁止だ!」という極めて狭義の不戦条約の解釈がされてきたようですが、武器の輸出入、経済制裁、民間交流など、何が戦争行為なのかという定義を常に見直す必要があると考えられています。

最後になりますが、憲法は守る(遵守)すべきものと、私は考えています。
憲法を護る(保護)すべきものと考えている方と、幾多の議論を行ってきましたが、保護論者のほとんどが、9条は日本だけにある、素晴らしいものであるという論に堕しており、上述のパリ不戦条約のことを知らないことが極めて多いということを申し添えます。

日本国憲法の9条を、世界遺産に登録しようという意見をツイッターで見たことがありますが、こんなものを申請したら世界の笑いものになります。「戦争放棄って、日本だけのものだと思ってるの?」というツッコミが、欧米やアジアの国々から入るはずです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%88%A6%E6%9D%A1%E7%B4%84#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kellog-Briand_pact.png
スポンサーサイト

| 世直し提言 | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野田総理の「そっくりさん」がいいことを言っていた

‎3年前に、野田総理の「そっくりさん」が街頭で演説した画像です。

外見はそっくりだけど、言っていることが180度ちがうから、別人であることは「間違いない」

でも、似てるなぁ。

http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo
http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo

| 世直し提言 | 03:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行き過ぎた節電に思う。

街の中が暗いです。

特に、ビルの入口。

ビル全体をLED照明に代えようとすると大工事になり、金額もかさみます。
それでいて、何パーセント節電しろ、とお達しが来るわけですから、入口の灯なんかつけていられるか、という事になるんでしょう。

公民館のような公的な建物で、エントランスに煌々と明かりはつけなくていいけれど、ごみ除けのマットに足を引っ掛けてつまづくようなことはあってはならないことです。
私は、先日、港区の商工会館に夕方の5時に行き、マットに気が付かずにつんのめりました。

危ない危ない。

消費電力が半分以下になると言われているLEDランプへの交換をしたうえで、必要なところには灯をつけるようにしてもらいたいと思います。

そう思って、東京、埼玉、神奈川の、公共工事入札情報を、調べてみました。
昨年一年で約一億円の発注で、今年は1億7千万円位でした。

まあまあ、増えていると言えば増えているわけですが、多分、震災~節電呼びかけの間に予算の再編成なんてやっていないから、こんなもんなんですね。

本来なら何倍にも増えていいと思います。

ただ、スイッチを切ったり、蛍光灯を抜いたり、冷房をきかないようにして、お年寄りの転倒は、自己責任にしてるんじゃないでしょうか。


私は、先日、消費電力4WのLED読書灯を買いました。
これを、玄関に常時付けておくことにしました。

40Wの白熱電球を二時間つけるより、これを24時間点灯するほうが消費電力は少ないわけです。
こういう工夫を、ぜひ、皆様もご家庭でしてみてください。

節電節電といって、けがをしたら元も子もないですから。

でも、来年度は、日本全国LED化が進むんじゃないかな、と思っています。
省エネ家電に助成金を付けたみたいに、家庭用のLEDランプも補助金をつけたり、公共の建物のLED化は、もっともっと進めるべきだと考えます、。

| 世直し提言 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LEDはなかなか良い

朝から晴天に恵まれて、洗濯物が気持ちよく乾いていきます。

昨日、東京ビッグサイトに行き、住宅とリフォームの展示会を三時間ほど見てきたのですが、中国からLEDのライトを多数出品しているのが目を引きました。

私の懇意にしている電子デバイスメーカーでも、最近工場の証明をLEDに代え、現在もどんどん進めているそうです。
電気代をどんどん節約していくというのが、これから先の非常に大きな設備投資案件なんだそうです。
入れ替えるのに一千万円かかっても、電気代が現行でも二年半で元が取れるんだそうで、その後計算通りにいくならば、一千万円の投資で三千万円が儲かるそうです。

こんな投資案件、めったにありませんね。
しかも、電気代はおそらく上昇するし、企業向けに安価に設定されていた単価も見直されるだろうから、メリットは拡大する一方だ、という話を聞かせていただきました。

でも・・・・中国製は安かろう悪かろう、というイメージしかもっていなかったので、そこのところをおききしたところ・・・・・

LEDは、もはやほとんど日本では作っておらず、品質管理をきちんと指導されている数社(3社と言っていました)のものが、中国製としては少し高いが、良いものなのだそうです。

それは、LEDを使った安売りの商品ではなく(あれはすぐに壊れますよね)、選ばなければダメ、ということでした。その3社の中の一社と総代理店契約を結んでいる会社とも、懇意なので、もうすこし詳しく話を聞いてみようと思います。

といいますのも、消費電力の少ないLEDを、高齢者家庭の廊下や水回り、玄関などに、なるべく多用すべきという意見をもともと持っているからです。

でも、国産のOEDランプは高いし、安物は中国製ですぐにダメになるし・・・・・と思っていました。
中国も広くて、ダメなものばかりと決めつけないほうがいいですね。

国産メーカーは、中国製のなかで品質欠陥の少ないものを利用して、手元照明やスポットライトなど、光源の多様化を進めているようでした。

そういう予備知識を仕入れて見に行ったので、ことのほか興味深く見ることができました。

実は、その数日前に1500円で、LEDのスタンドを購入したのですが、明るく、本が読みやすくて良い買い物をしたと思いましたので、ご報告まで。

| 世直し提言 | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サービス残業は貯金みたいなもの?


私は、このブログを立ち上げた2年前の8月、まだ、ストレス障害の影響で睡眠薬を精神科医の処方で服用して、ようやく寝たり起きたりしていました。
毎日、自分の専門である高齢者介護事業のことを思い出しながら、日中は寝ないようにして、パソコンに向かうことが懸命のリハビリでした。

一年かかって、ようやく働けるようになりました。
その間、支えてくれた家族、医師、友人にはいくら感謝しても追い付かないくらいです。

ストレス障害で倒れた時は、本当にみじめでした。
ぼろぼろでした。
しょっちゅう死ぬことだけを考えていました。

ここまでの極限の疲労に追い込んだ社長からは、電話一本、メール一通も来ませんでした。
しかし、ストレス障害で、急性の鬱と診断されるような状態で、会社の責任を問う戦いをするだけの力は残っていませんでした。

ところが、この会社は、私が倒れて退職(自己都合退職とされたのですが文句をいう気力もなかった)した後釜の人も、次々につぶれていくんです。 
これを知って、今になって、「何であの時に会社を訴えなかったんだろう」という後悔をしています。

次々に幹部社員がつぶれていくのは、長時間労働のせいでした。

一か月のなかで、丸々休みなのは2日程度。
平日は8時前から仕事に取り掛かって、夜の9時前に会社を離れることはありえないという職場でした。
超過勤務ということで計算するならば、毎月100時間以上になります。
徹夜で朝までに資料を作らねばならないことも多々ありまして、会社の床に毛布を敷いて仮眠するという、非人間的なことをしていました。

私の友人が働く、システム開発の現場でも、このような、あるいはこれ以上の激務職場があると聞きますが、みな、適当な役職と、数万円の手当でごまかされているみたいですね。
でも、係長手当20,000円で、労働時間は自己裁量です・・・・
と言われても、ねぇ。
自己裁量できるはずないです。

私は事業部長として、徹夜してでも仕事をするのが自分の責任だと思い込んでいましたが、今になって、弁護士の方に聞くと、
「部長といっても、全然自分で裁量できないんだったら、社長命令で働かされているんだから当然残業だよ」
ということなんです。

時間給換算だと、三千円(もうちょっと上かな・・・・)だったので、

3000円×1.3×100時間×24=9,360,000円

これだったら、弁護士費用をかけて、もらいにいく価値がありましたね。
ただし、時効が二年なので、今となっては、全部時効になっています。

お金の問題もさることながら、残された社員が自分と同じような目に合わなくて済むという効果がありますから、私も戦うべきだったなと思うんです(後悔…反省…でもできなかったな、あの精神状態では)。

私の場合は、手帳に出勤時間と退出時間を毎日ノート型の手帳に書いてありました。

それを最近見た、友人の弁護士が
「これだけ書いてあれば、ほとんど無条件で一千万がもらえたのにね」
と惜しがってくれました。

ストレス障害の慰謝料のほうは、因果関係を証明しなくてはならず、その割には、せいぜい50万円程度なんだそうですが、未払いの残業代というのはずいぶん大きいんだなと、最近認識を改めました。

ちなみに、こういう、記録や、証拠がそろっていて、長時間労働が証明できるんだったら、

自分の標準的な時間単価×1.3(深夜とか休日が当然入るから、大体1.3)×時間数×月数 

で、おおよその金額が出てきます。


難しいのは、その請求の仕方です。

労働基準監督署に行って、自分で申し立てるのが本筋みたいですが、多分会社は、無条件で支払ってくれることはなく、弁護士を通じて反論(管理職だから手当を払ってある、ゆえに残業というものはない・・・・・)してくると思います。 
ところが、証拠はそろってますよ、といって、弁護士に内容証明郵便で文書を書いてもらい、その弁護士に代理で受任してもらうと、けっこうあっけなく払ってもらえるケースが多いらしいです。

会社を退職したばかりの方のばあい、24か月丸々請求できるので、おおきいでしょうね。
会社は、こういう形で逆襲されるのが、一番嫌なはずです(まだ、予備軍がたくさん社員にいるはずだから)。

月額30万円(時給換算2,000円)の人が、30時間のサービス残業をしていたことが証明できるんだったら、
2,000円×1.3×30時間×24か月=1,872,000円

が請求できることになります。
そのために、弁護士に払う費用は、超概算で50万円くらいだと思います。
意外とたくさん手元に残りそうです。

弁護士費用は、弁護士によって違います、というのではあまりに不親切だから、目安を言いますと、500万円もらえる人で、着手金40万円、成功報酬を入れて総額100万円以下、という感じでしょうか。 
問題は、こういう個人向けの仕事をする弁護士が少ないということだと思います。 
私の友人も、こういう金額が小さくて、その割には、計算や証拠調べがややこしいから、本音ではちょっとね・・・という感じらしいです。

だから、一番難しいのは、いい弁護士に巡り合うことですね。

お互いに、長期化したくないでしょうから、手際よく、着地点(和解)を見つけてくれる人がいいです。
弁護士=素人を食い物にする というのは、漫画の中だけですが、時々、悪徳マルマル、というのがニュースで話題になりますから、口コミなどをうまく生かしてください。

最近聞きかじったことからの、アドバイスで言うと、慰謝料請求というところにウエイトを置くと、長期化し、勝っても負けても弁護士だけがたくさんの費用を持っていく可能性があります。

だから、火に油を注がないタイプの方に、未払い残業代だけの件で、というのがコツらしいです。

このブログ経由で、紹介してほしいと頼まれても、このアドバイスをくれた弁護士のご紹介はできませんのであしからず・・・・・・

| 世直し提言 | 21:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中小企業の情報セキュリティ

暑いですね。 
ばててる暇はない、貧乏ヒマなしの私です。

たまにはヒヤっとした話を、冷房のきいた部屋で聞いてみませんか?
8月18日(水曜)なんですが、私の知人の公認会計士と司法書士と社会保険労務士の3事業所の責任者が
「企業の活性化の肝は、番頭の能力アップだ!」
といって、セミナーを行っているんです。

で、こんど三人で社団法人を作るんだそうです。

私は7月の会に誘われて、行ってみたら、これが予想外によかった。 

≫ Read More

| 世直し提言 | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログの人気ランキングについて

ブログを書き始めた当初から、ランキングサイトに登録し、「励みになるからクリックしてください」などと書いています。

別にランキングが上に来ないと不都合だということもないんですが、さすがに、上位に来るブログは、読んでも参考になることや、よんでよかったなあと思う文章が多く、いいものを読ませていただいたときには、ランキングバナーや拍手を押すことにしています。

私自身、毎日二回、三回と更新し、相当に労力をかけていたときには、何度かランキングの一位や二位になったことがありますが、本当に励みになりますね。

そういう、個人をみんなで応援しようという草の根的な思想が根底にあるブログランキングです。

ランキング順位を競ってるわけではないから、ありがとうサン^^ という軽いノリです。

しかし、一人がクリックして10ポイントだから一週間で70ポイント。それを組織的に10人でやれば700ポイントですから、日本ブログ村の高齢者福祉・介護ランキングだと、今日見ると、三位に飛び込むことになります。
ということで、組織票が手に入るんだったら簡単に上位に来ます。

それじゃ、ランキング上位は面白いですよ、という、当初の構造自体を否定することになります。

あくまでも、一人ひとりが、読みに来て、クリックするということが重要なポイントだと思うんです。

どのブログと特定していちゃもんをつけるわけにはいかないんですが、少なくとも、私が日本ブログ村とFC2のこの場所にランキング参加しているのは、その上位にいつもいる情報提供型、意見を拝聴するブログを読むのに便利だからです。そこで、応援クリックするのは、これから先もこの方の視点をお借りしながら情報を得たいからです。

いつもお世話になってます、というクリックです。

でも、時々、このブログは読みたくないな、というブログが上の方に来ます。
読みたい、読みたくないは私の勝手ですが、アクセス数などを見ると、やはり人気ブログとは言い難い。
でもクリックだけはしてもらえるという構造が浮かび上がってくると、なんか違うんだよな、という気がするんです。

それは、読めばピンときます。
だって、つまらないからです。
何度か、そのブログも読んでみました。

アクセスカウンターがついていましたが、アクセス数に対して、応援クリックの比率が感覚的には多いので、組織票だろうな、と思ったのです。

多くの方が読みに来て、ありがとう、あるいは、頑張ってね、と思ってクリックしているブログが上位に来て、そういうのを読めたらいいなと思います。

ランキングサイトの上の方に来ると、「どんなことを書いてるんだろう?」と思われて、PR効果があがる、などの理由で組織を使うのだとしたら・・・・・だとしたら・・・・いやだな。

そういうサイトが、上位にあるのか、それとも私の思い違いなのか?
ぜひ、ランキングサイトを利用して、見てください。
ブログ文化というものをコンテンツとして作り上げている人を応援したいです。
応援サイトの仕組みを利用して、仕事に役立てようというのは、賢いかもしれませんが違和感があります。

あ、その時には、↓を ぽちっと押して見に行ってください。このブログは不定期更新で、下の方にいますけど、あ、この程度のブログなら、この位置だね、っていうのも併せて理解してください。


ブログ村の応援をお願いします。訪問の記念に^^ぽちっと押してください。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ





| 世直し提言 | 14:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

利権政党A→利権政党B

選挙に関するデータベースがここにあります。
今日は、これを眺めながら、この国の行く末を案じました。

http://www.senkyo.janjan.jp/

選挙カレンダーと言うのがあって、県知事選挙や
そのほかの地方選挙の予定と立候補者が、見やすく掲載されています。

その情報自体にはなんのバイアスもかかっていないのだけれど、
民主党政権が誕生した9月早々のころの期待感は、鳩山莫大なお小遣い問題で、かなり冷えましたが、
まあ、とてつもない資産家であれば、ありうることかもしれないよ、と寛容な理解をしました。

しかし、小沢氏は、田中角栄、金丸信、竹下登という自民党金権体質で地方を札束でひっぱたくやり方の直系。
彼が出し入れする億単位の金が、鳩山氏の億とは全く意味合いが違うように思えました。

この金は、不正な金だな、という直感が働きまして、取り調べを受けて、元秘書らが逮捕、起訴という段階で、
私が支持している民主党の選挙を、こんなやつに仕切らせてはいけない、と思いました。

ところが、その幹事長に、がんばれ、たたかえと鳩山氏は言い続け、7月の参議院選挙では小沢氏で戦うと明言しました。
なんじゃそりゃあ・・・・・

いまは、呆れています。そして、逮捕議員を政治倫理審査にも証人喚問にも呼ばないと言っている人の表情をテレビで見ています。 保身に汲々として、おどおどした顔をしています。 副幹事長という重要なポジションの人には見えません。 小沢氏のつかいっぱしりに見えます。 かっこ悪いです。

これから先の県政レベルの選挙で、あの駄目自民に惨敗したりすれば、目を覚ますのかもしれませんが、今回の高速道路無料化地域や道路建設、整備新幹線の復活などと重ね合わせてみるt、民主がこのまま地方選挙ではあまりお灸をすえられずに7がつの参議院選挙に突入するのかもしれません。

私は、今進行中の、小沢もみけし隊の諸君のことを、覚えておこうと思います。

生活が大事、介護に力を入れる、子育てを支援する・・・・・なんて言ってるのは、全部選挙目当てだということがようやくわかりました。 

自民党はぐちゃぐちゃだし、民主党は小沢支持を打ち出すし、その間にも、不況の深刻化、アメリカの日本離れ、中国の日本無視、国際的なプレゼンス落ち放題じゃないか。

もう一度、ガラガラポンで、まともな政党を作ってもらえないかな。

母体は民主党でいいから、鳩山・小沢抜きで、まとまれないか?

そこに、自民の見どころのある人が合流してほしい。 
利権政党A→利権政党B という政権交代をさせちゃったけど、こんどこそ、まともな政治を手に入れて、遅ればせながら、景気対策と外交、防衛というくずれちゃった部分を早急に手入れしてもらいたいと思います。


ブログ村の応援をお願いします。訪問の記念に^^ぽちっと押してください。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ




| 世直し提言 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

民主よ目を覚ませ!

ここ数回、書きたくもないけど書かずにいられずに、小沢民主党のことについて書いてみたが、その後も自民党時代の建設族がやっていたような、予算要求書のリークと、それを使っての地方決起集会など、柄の悪いことが報道されています。

私たちが民主党に期待していた、非自民的な部分が最近ちっとも見えてこない。

これが、自民党のしでかしたことだったら、鳩山さんは? 前原さんは? 管さんは?
どれほどに語気を荒げて、追及しただろうかと思う。

国会に証人喚問を要求することは絶対に間違いない。
なぜ、今回は喚問しなくていいのかがわからない。

身うちに甘いだけの評論家のパフォーマンスだったんだなあと思わざるを得ません。

辞職勧告を審議する必要もない、などと言っている悪代官顔のヤツなんて、「民主党」という文字が出ていなければ、昔の自民党を思い浮かべます。

秘書時代にやったことだから、議員辞職にはあたらないだと・・・・・怒るよ・・・・・・馬鹿じゃない?

小沢氏でなくては、選挙に勝てないのか?

そこまでして選挙に勝ちたいのか?

そんな党に、国民は投票しないぞ。 でも、建設予算をばらまいて選挙対策するぞ・・・
って、それ、あんたたちが否定していた自民党の手口そのものじゃないか。

蓮舫さん、小沢のバラマキを仕分けしてくれ。
テレビに出て、怒ってくれ。 原口さんも、長妻さんもだ。

選挙に勝つという、テクニカルな問題ではなく、民主党には、実現したいビジョンがあったはずです。
思い出せよ、岡田さん。

そのビジョンに共感した私たちの一票が、踏みにじられていく・・・・・


しかし、こんなことで滅びてしまう日本ではないと信じている。

であるならば、かならず、次の対立軸が生まれてくるはず。

それが誰なのか、どういうコンセプトの新党なのか・・・・・・
まだ、そんな動きもないから、だれも報道しないけれどその日がくるのを楽しみにしています。


ブログ村の応援をお願いします。ぽちっと押していただけると、今日も何か書こうという気力がわいてきます。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ




| 世直し提言 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国会演説に思う

昨日の鳩山総理の演説の内容はとても空疎だった。
それを、進行妨害の激しいヤジのなか、「耳栓をして能面をつけて」いるかのように、演説している姿が内外にさらされました。

昨日も書いたテーマですが、さらに、「これは、まずいんじゃないか?」という気がするのです。

アメリカ、中国という両国ならずとも、こんな弱体の政府には、ちょっとゆさぶりをかけてみようとおもわないでしょうか。

あの姿を、全世界にさらしたくないな・・・・と思いました。

総理大臣の演説だけは、異議があろうとなかろうと、静粛に聞く、というのを、法律化してもらいたいと思いました。

これを法律化したところで、損を被る人はだれもいないです。



応援クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

| 世直し提言 | 08:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。