敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

囲碁ブーム到来?

井山裕太さんが名人になってから、何かが変わったような気がしてなりません。

井山さんはまだ二十歳前ですが、碁を打つ時の表情は、少年のそれではないです。

勝負師特有の、無表情をまとっているのです。

彼は、どれだけ強くなるのか、タイトルをいくつ取るのか、非常に楽しみです。


もう一人、若い天才の話題があります。

それは、藤沢里菜さん。 小学校5年生です。

この子が、棋士採用試験、いわゆるプロテストに合格して、4月からプロになります。

藤沢秀行名誉棋聖のお孫さんでして、お父さんは藤沢一就八段。

囲碁の強さは遺伝するとは証明されていませんが、これは、遺伝でしょう。

今や、日本棋士を完全に凌駕している中国と韓国の碁界ですが、今大活躍している若手の師匠は、皆藤沢秀行先生の薫陶を受けた人たちです。

そう思うと、藤沢里菜さんが、国際棋戦で大活躍をするのを、私たちファンが夢見るのもうなづけると思います。

こういう若い天才が現れると、どんな世界でも活気づきます。

私は数少ない趣味として、ネットで囲碁を打ちますが、最近、十代、二十代の、碁を覚えたてのひとから、教えてくれと言われることが急に増えてきました。

今日も二人の若者(13歳、23歳)に教えました。

二人とも、たまたまですが覚えて四カ月です。

13歳の少年は、9子というハンディをもらって、私に攻めかかり、カウンターパンチを食らっても食らっても立ち向かい逆らってきました。結果は少年の惨敗でしたが、ものすごい反発力でした。

この子は、ものすごく強くなります。一年で私は追い抜かれる高段にして、もっと強い人にバトンタッチしなきゃいけないと思います。 私は、自分で打つ碁は大してうまくないけれど、五十年近く、専門家の碁を新聞や本で見てきたので、並みのアマと、けた外れのアマの違いはピンときます(時々外れるけど)。

もう一人の若者23歳は、今日のテーマを、石の連絡、つまり、安全運転と決めたようです。
前回は、まもったり、攻めたり、ちょっとちぐはぐだったんだけれど、今日は、ぬるくて安全で徹底しています。

九子置かれて、一か所も破綻することなく連絡を意識されると、白は絶対に勝てません。
世の中に絶対なんてめったにありませんが、これは絶対です。

彼は、同い年のアマチュア高段の女性に、九子置いてうちたいという夢があるそうです。
彼女に九子で打つと言うことは、私に七子・・・・・は、打てそうな気がしました。

若い人は、吸収力があるから、ぐいぐいとうまくなりますね。

囲碁の世界に、若い人がずいぶん入ってきたなと言う感じを最近、こういうところから感じています。
若い時に覚えて、のめり込んでも損のない、非常に頭のよくなる戦略ゲームです。


ブログ村の応援をお願いします。訪問の記念に^^ぽちっと押してください。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ






スポンサーサイト

| 囲碁をはじめましょう | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あいさつは何のため?

今日の産経新聞コラムに挨拶のことが書かれていました。
これを読んで、考え込んでしまいました。

≫ Read More

| 囲碁をはじめましょう | 17:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

囲碁と将棋はボケ防止に最適

これまでに、何度も囲碁のことを、このブログでも書いてきました。

私の父は、3年前に大病で、大手術をしました。

そのときに、手術に耐え、医者も驚くような復活を遂げたのは、孫とネットで碁をうちたいという一心でした。

その父に囲碁を教わった記憶、妻となる人の父との人間試験のような囲碁、その間にずーっとやってきた将棋のことを、投稿小説にしています。

初めて書いた、小説(私小説? エッセイ?)ですが、多くの方にお読みいただいており、感謝しております。

囲碁の記憶(恋愛編) [八歩]

あまりに私小説過ぎて、恥ずかしいなという気もしたのですが、どうせ投稿しちゃった以上、よんでいただきたいなと思うので、久しぶりに宣伝します。

これを機会に囲碁を覚えてみようと思われる方がおられましたら、ぜひ、ご相談ください。
むつかしいものではありませんが、どうせなら、楽しくおぼえて、グングン上達したいではありませんか。


囲碁の記憶(挫折編~青春編) [八歩]

これは、幼児期の記憶のほうです。



囲碁、将棋は日本人の心の原風景として存在する、勝っておごらず、負けて悲嘆にくれず・・・・という美学の訓練に好適で、しかも、年をとってからのボケ防止にもなります。

将棋も囲碁も、ネットで友達ができやすいSNSがあり、ネットに慣れ親しんでいさえすれば、いつでも健康な刺激が得られます。

こういうボードゲームが好きでよかったなあ、と思います。


囲碁が出来る方は、Goxi に参加して、八歩の碁フレンドになってください。


私の碁フレンドには、プロの九段もいれば、中学生名人を目指している少年もいます。

級位者でよく質問状を投げかけてくるひともいますし、一緒に定石の勉強をしている友達も居ます。



囲碁が好きという一点だけで、こんなにもひろがりがあるものか・・・と驚きます。



子供が囲碁をはじめたので、私もうまくなりたいですという、母親のフレンドも多いです。

オフ会でお会いすると、みなさん聡明な美人であることに驚きます。



まあ、子供が囲碁に興味を持つので、囲碁SNSでフレンド作って碁をうまくなろうという賢い母は知的なわけです。


囲碁、たのしいですよ。


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら






| 囲碁をはじめましょう | 11:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

囲碁ブログをはじめました

趣味の読書と囲碁に特化したブログをはじめました。

理由は、やってみたかったから・・・・・うん、とてもわかりやすい理由です。

私は、今は有段者の末席にいますが、ここまで来るのは、相当に牛の歩みでした。

才能のある子供だったら、一年でおいぬいて行きます。


でも、多くの人が碁に取り組むときに目標とするのが初段。

10級から5級くらいの人がわたしの碁敵になるお手伝いをするというのが、、このブログのテーマです。

八歩書店 開店します
八歩書店お薦め本


| 囲碁をはじめましょう | 08:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワールトマインドスポーツゲームズ(WMSG 知のオリンピック)

title001.jpg

昨日、WBC(ワールドベースボールクラシック)に関連して、

「日本代表に対しては感謝の気持ちで送り出し、迎え入れよう」

ということを書きましたところ、多くの方から温かいコメントをいただきました。


もちろん、もっとバッシングしたいという人が大勢いるから、あのような報道になるわけですが、そういう人はこのブログとも相性が悪いから、見にもこないでしょうし、見てもコメントをわざわざ残したりはしないのでしょうが・・・・


今日は、先日行われた、ワールトマインドスポーツゲームズ(WMSG 知のオリンピック)の日本代表の囲碁についてです。

≫ Read More

| 囲碁をはじめましょう | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界に広がる囲碁ゲーム

igo.jpg

囲碁を趣味にしています。

公民館の囲碁サークル、地域の割と大きな碁会所、それから、近所の知人と打つことがあります。
そして、最近は、ネットでも楽しんでいます。

囲碁を覚えたのは、小学校に上がる前だから今から四十数年前です。

ただ、それはルールを覚えたというだけで、自分で碁を打つわけではありませんでした。

≫ Read More

| 囲碁をはじめましょう | 12:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

囲碁のワールドカップ

igo.jpg

ここ数年、国際棋戦では、出れば負けを繰り返し、中国、韓国に大きく水を開けられたように見える日本碁界。

10月3日~18日まで、北京で行われる 「第1回ワールドマインドスポーツゲームズ」 の囲碁男子団体戦に、十段、棋聖、本因坊、天元とタイトル保持者をずらりと並べた布陣で臨みます。

高尾紳路 十段
山下敬吾 棋聖
羽根直樹 本因坊
河野臨 天元
依田紀基 九段(過去に名人四連覇)

これで、負けたら、日本のタイトルの値打ちがありません。

≫ Read More

| 囲碁をはじめましょう | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネット碁を打とう

碁は、世界中に広がっている国際的なゲームです。

但し、インターネットでやり取りする、ネット碁。

ネット碁、と限定するのには理由がありまして・・・・・

特に、ヨーロッパの人に多いのですが、最初から、碁を、パソコンではじめたために、一度も碁石や碁盤を触ったことがない有段者が結構いるんです。

私もやってますけど、ネット碁、楽しいですよ。

私の父親も、囲碁のファンですが、二年前からネットで打っています。千キロほど離れて暮らしているので中々会えませんが、しょっちゅう、私や孫(つまり私の息子)と碁を打っています。

≫ Read More

| 囲碁をはじめましょう | 19:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

囲碁SNSのお友達

囲碁を趣味とする人たちが集まるSNSに参加しています。
もちろん、碁の話題が多いのですが、グルメ、貧乏自慢、漫談、ネット環境の相談、生活のぼやき・・・等々、百花繚乱(?)です。
囲碁を知らない人が、ともだちに誘われて参加して、一気に囲碁を覚えたということも多々あります。

このコミュニティの中で、百人一首の囲碁バージョンを作ろうとしています。
実は、もうすぐ100首できあがりそうなんですです。オメデト(^_^)∠※PAN!

100首出来上がったら、祝賀会をするのか、誰かがブログで発表するのか、あるいはつぎの100首を目指すのか、まだぜんぜん未定ですが、品のいい暇つぶしであり、またこれも趣味の一つになります。。
こういうことで知り合った人たちとの、メッセージ交換やチャットはとても楽しいです。

この囲碁百人一首から、お友達二人に許可をいただいたので、掲載します。
こういうのを紹介するのも、たのしいなあ・・・・



先ずは、お友達の「子守熊」さんの作品。

あらまヤダ いやなのそこは ハネダシが いよいよ囲い 破れたりする

本歌:有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする

手ごたえを感じながら打ち進めてきたものの、一瞬の薄みを衝いたハネダシに、みるみる石が千切れ、収拾がつかなくなってきてしまった場面です。この囲碁百人一首の中でも特に毛色の異なる一首となりましたが、それもまた一興ということでどうかひとつ^^;

という解説がありました。わかるなあ。



もう一人のお友達「春海」さんの作品。

久々に作りました。最新の負け碁が題材です^^;
開始間もなく、読みの穴のせいで必要以上に悲観し、あとは負けへまっしぐら、あーあ・・・

はじまりの 悲しく見えし ワカレより 負け道ばかり 憂きものはなし本歌:有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし

うまいなあ。この方、碁の方も最近腕を上げてるし、充実しているようにお見受けします。といっても、ネット上だけのお付き合いで、直接はメルアドも存じ上げないのに、とても親しい気がしています。



最後は、私「八歩」の作品。

白石に 嵐の吹きしく星目碁 うすさを衝かれ 白ぞ散りける
本歌:白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける 

囲碁を趣味としない方にも、言葉遊びで楽しんでいる雰囲気は伝わると思います。


囲碁というゲームは、ご承知のように、勝った負けたの勝負事ですが、自分が大失敗した話で盛り上がったり、大きな駅の近くの碁会所に集まって、そのあと旨いものを食べに行き、プロ若手の美人棋士の話でもりあがったり、いろんなお付き合いが広がります。

今からこういう、コミュニケーションを楽しむことを趣味に組み込んでおくと、老後が楽しみになると思います。ネットで囲碁、楽しいですよ。

もちろん、わたしがご紹介するくらいだから、会費は一切かかりません。
囲碁はやったことないけど、だれか教えて! とでも日記に書いておけば、親切(お節介?)な人たちがすぐにフレンドリンクしてくれます。

意外と、若い方、女性がおおいです。私のフレンドの最年少は中学生です。上は、自称80歳の女性。もしかした、もっと上の人もいるかもしれませんん。

| 囲碁をはじめましょう | 11:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インターネットの囲碁サイト

大勢のネット高齢者の方たちと、SNSで親しくお付き合いしています。
え? 高齢者とSNS って、なんか、無理がある・・・・・と思わずに、聞いてください。

囲碁は、別名「手談」とも言い、何も言葉を使わなくても考えていることが伝わるゲームです。
大河ドラマ「篤姫」で、姫が将軍様と、五目並べをするシーンをご記憶の方も多いと思いますが、あれは、まだ碁のコミュニケーションレベルに達していないということを示唆しているのではないかと思いました。

それはさておいて、囲碁は今世界中に広まってきています。将棋は似たようなゲームが欧米にも中国にもあるために、国際化しにくいですが、囲碁は、いろいろな対局サイトができていて、そこそこ繁盛しています。

ネットサイトで碁を打つ方の中には、チャットを使って、「どちらにお住いですか?」「こちらは、今すごい雨です」などと、話しかけてくれる方もいて、対局後もしばらくチャットしたりすることもあります。

でも、多くのサイトでは、挨拶もなし、あるいは、システムが自動的に挨拶をしてくれて、終わると、「ありがとうございました」の文字が出ておわるという、無味乾燥なものがほとんどです。
韓国の本拠地がある、囲碁の対局サイトでは、常時一万人以上の中国人、韓国人、日本人碁打ちが集まっていて、相手には事欠きませんが、対局マナーはあまりほめられたものではありません。まあ、それは、なれちゃえばどうってことはないのですが・・・・

単なる対局ではなく、一歩進めて、囲碁の好きな人が集まる、SNSがつくられています。サイト名は、ミクシィ(mixi)をモジッたものか、ゴクシィ(goxi)
ここに、ネットで打った棋譜を掲載すると、プロ、アマチュア高段者から、碁を始めたばかりの人まで、多くの人がコメントをくれたり、対局の約束が出来たりします。私はここに参加して、4ヶ月になりますが、60人以上の知り合いが出来、とても楽しいネット碁ライフを満喫しています。
もし、これを読んで参加しようかなと思ったら、ここをクリックしてください。
会員の「八歩」にメッセージがもらえたら、うれしいです。
会費がまったくかからないということ、高齢の方もいれば、中学生もいて、非常に幅広い交流ができるということ、ミクシィのように、営業目的で参加している人がいないのでとても雰囲気がいいこともあり、勧めできます。
楽しいです。

私がここに参加するようになったのは、ストレス障害で記憶が非常に怪しくなったときに、ネットの公告で見たというほんの偶然からです。リハビリ目的でした。

ミクシィには参加していたので、おおよその見当は付きましたが、すぐに親切なおじさん、おばさんと出会うことができ、気が付くと、私もその親切なおじさんの一人になっていました。

ブログに動画を貼り付ける方法や、パソコンからファックスを打つ方法など、誰か教えてくださいと日記に書くと、すぐに、誰かがおしえてくれるので、今では私にとっては重要な情報源の一つとなっています。

碁のルールをまったく知らずに、「打てるようになりたい」といって参加した二十ウン才の女性は、碁盤を使ったチャットですぐにルールを覚え、一ヶ月後の今は、碁会所で七段の高段者に星目(九つ石をさきに置くというハンディ)で打っています。
これって、信じられないような速さの成長ですが、ネットではこういうことが可能です。
こういう、若い方に教えることも、中高年にとっては楽しみの一つです。

教え、教えられ、「ありがとう」の言葉を交わす関係をもっと作っていきたいと思います。

| 囲碁をはじめましょう | 09:26 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。