敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネット書店のトラブル

私は、囲碁普及のかたわら、書評を書き、それを掲載するブログを公開しています。
ブログ名は「八歩書店です」
http://happobooks.blog90.fc2.com/

こちらでは、囲碁の本以外の書籍も、検索→注文できますので、ご利用ください。

このサイトから注文されている本を見ると、楽譜、囲碁、健康・・・・と幅広いので、やはり、この「健康な高齢者になるゾ」の読者が、利用してくれているのだろうと、感謝しています。

今年一年ありがとうございました。
来年もまた、よろしくおねがいします。



ところが、ネットで注文した本が一ヶ月たっても届かないというトラブルを経験しました。

顛末はこういうことです。

≫ Read More

スポンサーサイト

| ネットをつかいこなす | 08:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

酢餅・からみ餅

つきたての餅に大根おろし、醤油、カボスまたは柚子の酢をかける酢餅とからみ餅の違いが良くわからないのです。

私はてっきり辛味大根をつかえばからみ餅というのかと思ったけれど、どうも、大根おろし、鰹節を絡めるということのようです。

ようです・・・・というために、ねっとであれこれと調べてみました。

ウイキペディアの記述に妙なことが書いてありました。

厚労省の調査では、2006年中に食品を原因とする窒息で救命救急センターなどに搬送された事例は、把握できた計803件のうち、餅は168件に上った[1]。また、1996年1月の1ヵ月間だけで208人死んでいるという説もあり[2]、見方によってはふぐや毒キノコよりも危険な食品であるとも言える。しかし、正月に食べる御目出度い食べ物であることや、被害者の大部分が高齢者であるせいか、問題視されることは少ない。



きっと、子供が死ぬと大騒ぎするんだろうなあ・・・・・

高齢者、可哀想・・・・・



我が家の餅は、丸餅です。

たくさんついて、それをこの時期から、小腹がすいたらたべるということをしています。

今日は、久しぶりに酢餅にしてみました。

市販の四角い餅で普通に出来ます。お酒のお供にもなる、餅レシピです。



餅は一口大に切ります。切り餅なら八等分のサイの目。

水を掛けて電子レンジで一分チン。
大根おろしとポン酢をたっぷりと掛けます。

つきたての餅ではなくてもおいしいです。

いつも、この時期になると、餅って、しみじみとおいしいなあと思うんです。
そして、手間もかからないから、夏でも買って食べよう・・・・とおもうんだけど、なぜか、正月を過ぎると忘れてしまいます。


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら



| 簡単レシピ | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3年後の期待

来年がこのようになりますように・・・・ということは、年末には考えたりしますが、昨今の社会情勢を見ていると、来年一年も塗炭の苦しみの一年であろうから、そういうときにも自暴自棄にならず、身をすくめて、近未来に希望をもって生きていこうという方針は堅持したいと思います。

では、近未来、三年後にはどのようになっていてほしいか、ということについて考えて見ます。



日本再構築

40歳以上の、特技を持たない求職者がものすごく増えていると思います。私もそういう一人ですが、そういう人を、社会の歯車として組み込めるように期待します。このような失業者を、社会のお荷物にするのか、社会を再構築する資源として生かすのか、このプラスマイナスの差が大きいです。

一例としてあげれば、離村の進む中山間地の農業への雇用を地方自治体がすすめ、その資金は国が9割負担することにしたら、求職者の相当数が食料自給率を上げる重要な役割を担うことになります。

農業向けの労働力採用だけでは、いびつになるので、採用の一割程度は、介護サービスや教育などの、サービス業採用もするといいです。

こうやって、人的資源の再配分を行うことで、過去30年以上にわたって莫大なインフラ整備をしてきた中山間地が、そのまま廃村になることを免れます。巨大な廃墟になるのか、人が暮らす場所になるのかの出入りも大きいです。

以上は、私が考える再構築の柱でして、もっと視野の広い方が霞ヶ関の情報を活用すればもっと立派な柱ができると思います。このような、「大きな絵」は、政府が示し、それに向けの問題点チェックを与野党で行う必要があります。



今の野党は、些細な対立点を見つけて、いかに上手に政府の足を引っ張るかしか考えていないように見えます。

それでは、いかんのです。

そういう野党を育ててきたのは、私たち有権者の責任だと思います。
揚げ足をとる報道に群がって、いっしょになって、政府の悪口を行ってきたのも私たちだからです。

私は今の内閣を支持していません。
麻生さんが総理大臣である以上、麻生さんから日本が進むべき方向というものを大きな絵として示す責任があると考えています。

次の選挙の勝ち負けなんて、どうでもいいことではないですか。大火事が起こっているときに、どこに避難するのか、何を持って逃げるのか、何を捨てるのかをじくじくと時間掛けて、そして相手を困らせても仕方がないでしょう。 


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら



| 未分類 | 08:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うれしい臨時収入

うれしい臨時収入

私のところにもサンタがやってきたようです^^

アンケートサイト、ポイントサイトから立て続けに一アンケート数百円というアンケートが舞い込んできていて、この謝礼が今月は、8,000円にもなっていました。ほとんどがアンケートの回答です。

結婚式、デジタルカメラ、お酒、分譲マンション、ハゲ対策・・・・あとなんだったかな・・・・10くらいのアンケートに答えました。

続きを読むまえにポチ
  (↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

≫ Read More

| ネットをつかいこなす | 17:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国家が私のために何をしてくれるか?

国家が私のために何をしてくれるか?とかんがえてみたら、私のために何かしてくれると思うほうがおかしいのだという結論に至りました。

ケネディが、大統領就任演説で高らかに語った言葉をもう一度読みたいと思いました。検索し、そして今、じっと考え込みました。

続きを読む前に応援ポチ
    (↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

≫ Read More

| 世直し提言 | 08:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一年を振り返ってみました

今年は大変な激変が個人的にもありました。

今考えれば、精神錯乱なのですが、なぜ、自分が自殺しないのだろうと不思議に思っていました。
電車のホームで、人身事故の電光掲示を見ると、「おかしいな、だって、僕はここに生きてるよ」と大真面目にそう思ったりしました。

一週間に二度徹夜したあとです。

眠いのに、脳が狂ってしまって、眠れないのです。

続きを読むまえに応援ポチ
   ↓

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

≫ Read More

| のんびりと | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

囲碁と将棋はボケ防止に最適

これまでに、何度も囲碁のことを、このブログでも書いてきました。

私の父は、3年前に大病で、大手術をしました。

そのときに、手術に耐え、医者も驚くような復活を遂げたのは、孫とネットで碁をうちたいという一心でした。

その父に囲碁を教わった記憶、妻となる人の父との人間試験のような囲碁、その間にずーっとやってきた将棋のことを、投稿小説にしています。

初めて書いた、小説(私小説? エッセイ?)ですが、多くの方にお読みいただいており、感謝しております。

囲碁の記憶(恋愛編) [八歩]

あまりに私小説過ぎて、恥ずかしいなという気もしたのですが、どうせ投稿しちゃった以上、よんでいただきたいなと思うので、久しぶりに宣伝します。

これを機会に囲碁を覚えてみようと思われる方がおられましたら、ぜひ、ご相談ください。
むつかしいものではありませんが、どうせなら、楽しくおぼえて、グングン上達したいではありませんか。


囲碁の記憶(挫折編~青春編) [八歩]

これは、幼児期の記憶のほうです。



囲碁、将棋は日本人の心の原風景として存在する、勝っておごらず、負けて悲嘆にくれず・・・・という美学の訓練に好適で、しかも、年をとってからのボケ防止にもなります。

将棋も囲碁も、ネットで友達ができやすいSNSがあり、ネットに慣れ親しんでいさえすれば、いつでも健康な刺激が得られます。

こういうボードゲームが好きでよかったなあ、と思います。


囲碁が出来る方は、Goxi に参加して、八歩の碁フレンドになってください。


私の碁フレンドには、プロの九段もいれば、中学生名人を目指している少年もいます。

級位者でよく質問状を投げかけてくるひともいますし、一緒に定石の勉強をしている友達も居ます。



囲碁が好きという一点だけで、こんなにもひろがりがあるものか・・・と驚きます。



子供が囲碁をはじめたので、私もうまくなりたいですという、母親のフレンドも多いです。

オフ会でお会いすると、みなさん聡明な美人であることに驚きます。



まあ、子供が囲碁に興味を持つので、囲碁SNSでフレンド作って碁をうまくなろうという賢い母は知的なわけです。


囲碁、たのしいですよ。


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら






| 囲碁をはじめましょう | 11:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末のおばあちゃん対策

認知症のおばあちゃん

このブログがご縁となり、ネットで時々囲碁をお教えすることになったSさん。
ご主人のご両親と、息子さんの三世代同居で地方の町に住んでおられる方から、おばあちゃんのことで、愚痴のメールが来ました。

先日は、深夜に「まだ、ご飯を食べていない」という、典型的な認知症パターンの行動のことを書いてこられていました。

≫ Read More

| 認知症 | 11:24 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今気になっている三つのこと

今気になっていること

■経済弱者が本当に生きていけない社会に急変するのかどうか。

今、まさに世界が直面していること。
そうなるかならないかを予想して、「当たったら偉い」 というものではない。

今、弱者ではない人のなかで、これからも不安がないといいきれる人は、公務員と、すでに年金生活に入っている人だけです。

経済が崩壊すれば、ちょっとやそっとのたくわえではどうしようもなくなるから、「円高♪ うれしいわねぇ、韓国旅行が、今、お得ょ」などと言っている奥様は温室の中でそとの嵐に気がついていないだけかもしれません。

終戦直後の食料自給率よりも、今の方が低いという。
一転して円安になり、食料価格が5割上がったら???・・・・



■政界再編で新装開店すればなにかがかわるのかどうか。

管、山崎拓、亀井、加藤、鳩山、小沢・・・・・・賞味期限切れ。
目先の選挙の勝ちにだけこだわっている。

日本の進むべき方向を明示して、引っ張っていく力を麻生さんに期待したが、何もしないうちに失言、読み間違い・・・・首相失格の烙印をみんなで押してしまった。

日本の金融崩壊危機を、財政出動でストップし、その後十年、日本経済を持たせてきた国家主導の経済政策は、欧米諸国から批判の的だったが、今、その欧米が日本に学ぼうとしている。

その真髄を理解している麻生氏なのだが、もう引導を渡されてしまいました・・・・日本のとってきた、金融危機回避と公共事業の推進という、日本版ニューディール政策のようなものを正しく評価しているリーダーであっただけに、残念です。今名前が上がってる中で言うと・・・・亀井さんかな。

でも、誰がなろうと、つまらないスキャンダルの暴露で失速するんだろうなという気持ちになります。

社会の木鐸といわれた、新聞メディアが、暴君に変貌したのはいつのことだろう。もともと、メディアには、そのようなところがありますね。

麻生さんと心中する気持ちは、もともと自民党各議員にはなかったんだな。
だったら最初から、自民党は小池さんかだれかで一本化しておいてほしかったです。
安倍、福田と二回投げ出して、三回目の麻生は、自民党がハシゴをはずして崩壊となりそうです。

ハシゴをはずしたのは、だれだろう・・・・いろんな人がすこしずつはずしたので、わからないですね。

政権与党にしがみついて、ついてきた公明党は大変だろうな。延命装置は、施療者が死んだら、いらないんだもんな。



■対馬が韓国に実効支配されていくのを食い止められるのかどうか。

産経新聞がアンケートを行ったら、国会議員の一割しか回答が帰ってこなかったという。

囲碁世界一になっている韓国では、このような境界線争いの、小さな一個の石の取り合いの帰趨がが、ものすごい利益につながることを知っている。

日本では、囲碁ってなあに? 学力テストの結果の発表も格差につながるからやめようね・・・・って。
そんなこと言ってる日本は、戦略も戦術も立てていない。

見ないふり・・・・という議員。

景観保護条例で韓国語の看板を禁止するとか、国境の島で外国資本が事業化するときには、国の許認可がいるようにする特別法をつくるとか、外国に対するプレッシャー的な法整備を進めるべきです。

戦争放棄して、法治国家としてやっていく以上、法律のみが戦いのツールです。
法律を作る国会議員が、仕事をしていません。


同感の意をこめて、ポチをお願いします。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら











| 世相を斬る | 10:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

皆さんにお願いがあります

読書の時間に、以前ネットで親しくしていた方とのことを三千字でまとめて投稿しました。

投稿小説の人気ランキングで4位と善戦しています。

高齢者が、ネットで囲碁を楽しみながら、ガンの闘病と向き合い、ネットと電話で育んできた友情のような物語です。

 もう一度ネットで会いたい [八歩]


 ↑ 
ここにアクセスしてお読みいただくだけで一票の投票となります。

よろしくおねがいします。



囲碁の記憶(挫折編~青春編) [八歩]

囲碁の記憶(恋愛編) [八歩]

この二編も、アップしてます。

囲碁のことは、全然知らなくても楽しんでいただけると思います。

こちらもよろしくおねがいします(ぺこり)。

| 未分類 | 12:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生きる

世界の経済が崩落の危機に直面しているように見えます。

しかし、日本のごく一部に目をむければ・・・シニア世代に向けて、出版、イベントが加速しているように見えます。

これは、健康な高齢者を目指すものとしては、歓迎です。

昭和40年代、50年代にスターであった人たちが、今、改めて脚光をあびるのも、この世代が一番購買力があり、市場として魅力的だからです。

≫ Read More

| のんびりと | 07:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

警戒心の薄いブロガーを狙うワナ

ネットのワナをみつけました。

わたしが、登録だけしてあって、何も書いていないブログにファンメールが送られてきました。
これは、なにかわからないが、カモを探しているのだなということだけは、わかります。
でも、もし、実際に記事をアップしているブログに対してだったら、どうだろうか・・・・・

これを見て、返信する人が仮に1%いたとして、一日に千通このメールをおくったとすれば、

≫ Read More

| 心の悲鳴 | 09:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

独り言

命の重さ
昭和三十年代は、人の命が重かった。
身代金誘拐殺人事件が起きたとき、日本中が震撼し、憤り、そして、何年も何年もその卑劣さを語り伝えた。
年寄りというのは、60歳以上のこと。
そして、70までいきれば長生きの方だった。
命は短かった。
そして、命は重かった。

贅沢を言わなければ生きていく道はいろいろとあった。
だから、自殺する人は少なかった。
本当に動けなくて、お金のない人には、周囲の人が食べ物くらいはさしいれした。
だから、乞食はいたけれど、ホームレスはいなかった。

みんなが痛みを知っていた。
だから、苦しんでいる人の嘘と本当を見抜いて、本当に苦しんでいる人には助けの手が差し伸べられた。

今の行政は嘘が見抜けない。
嘘を見抜くという仕事は自分の仕事ではないと思っている。
だから、豊かな生活をしている生活保護もいれば、食べるものがなくて餓死する年よりもいる。

ろくな育児もされず、泣くこともできない幼い子を見殺しにする隣近所。
70歳の娘が95歳の父親を殺す介護殺人。
すきあれば人のものを盗ることを考えている中学生。
その中学生を欲望のはけ口にしようとする幼稚なオトナ。
国の方針を決めるのではなく、自分の当選のことを考える国会議員。
選挙で勝つか負けるかだけを考えている総理大臣。

いまとくらべると、昭和30年代、40年代はずっと立派だった。

もう一度、あの時代に戻るのかもしれないな。

貧乏だったけど、少なくとも、死の恐怖はあまり身近にはなかったな。

医療も、介護も、年金も、国を信じて託してきたけど、みんなだめ。
産業もダメ。
北朝鮮に拉致された人も、あれからもどってきやしない。
景気がわるく、お金もなく、高齢者ばかりが増えて、産科や小児科の医者が少なすぎるから、怖くて、出産・子育てができないよ。

みんなでよってたかって、この国を滅ぼすための行政をやっていないでしょうか。

文部省は、日本人が賢くなるための政策を実行していますか?

農水省は、日本の食糧事情が良くなるための政策を実行していますか?

厚生労働省は、医療福祉介護と雇用がよくなるような仕事をしていますか?

というようなことを、国土交通省、財務省、総務省、と思い浮かべてみたら、いやになってきた。


防衛省は・・・・自衛隊は・・・・・戦争を吹っかけられたとき、戦ってくれるのでしょうか? 憲法で禁止されているから戦争はしませんと言って、命令を無視して、憲法にすがるんではないでしょうか。

みんなだめ。

今の若い人は可哀想だな。

日本が立派だった頃をしらないんだから、日本人ということに誇りがもてないんじゃないかな。


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら





| 心の悲鳴 | 00:16 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。