敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阪神・淡路大震災の教訓集

阪神淡路大震災の五年後に、このような意見収集がなされ、ネット上で公開されています。

阪神・淡路大震災教訓情報資料集

これは、震災直後の第一期、数週間までの第二期、そして、数か月の第三期、それ以降の復興期(第四期)に分類してあります。

全体を通読して(膨大ですが、東北大震災の復興について提言したり、事業化をする人は必読だと思います)思うことは、自分が気が付くことは、全体のごく一部だという事です。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 未分類 | 18:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

顧問弁護士って必要でしょうか?

顧問弁護士って、中小零細企業には贅沢なんじゃないかと思っていました。

でも、伸び盛りの若い企業ほど、訴訟リスクにもさらされるし、大企業からの一方的な契約内容に「諾」と言わざるをえなくなることは良くあることです。

考えようによっては、年間60万円で、法律のプロが雇えると思うと、高くはありません。

それに、「顧問弁護士に相談してみます」というせりふは、なかなかにインパクトがあります。

ちゃんと相談に乗ってくれる人かどうかの見極めは大切ですね。
ちょっと、考えてみよう。

http://blog.livedoor.jp/yamehan_bengoshi/

ちょっと、これを読んで、考えが変わりました。

| 法律問題 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昔のことを思い出す夏

ようやく、本格的にセミが鳴きだしました。
七月中は、例年になくセミの鳴き出しがなく、地震のせいでなにか異変が起こったのだろうかとさえ、思ったのですがちょっと出遅れたか、せいぜい気のせいだったようです。

夏の暑さと、セミの声、そしてお盆が近づくと、半世紀近く前のころの記憶が、ふと、浮かびます。

素麺を食べていて、「赤や緑の麺が一本、入っていなかったかな」とか、親戚が集まって法事があり、日頃と違ったわくわく感があった、という記憶です。

花火の音を遠くに聞いて、

「そういえば、花火大会に連れて行ってもらって、間近に花火の音を聞いたとき、ものすごく怖かったな」ということも、思い出したりします。

夏は、昔のことを思い出す季節です。
そして、思い出に登場する人たちも半分以上はすでにこの世にはいません。

命のバトンはつながっていき、つなぐことが私たちの使命ではなかろうかと思うことがあります。

今も生きながらえて、命を次世代につなぐことができたことに、感謝しています。
特定の信仰に帰依していないので、誰に感謝するのかが上手く書けないのですが・・・・・・・

自分に命のバトンをつないでくれた、ご先祖様に感謝、というのが一番わかりやすいかな。

そのご先祖様や、今の自分を支えてくれている皆さんにも感謝しています。

| 不安除去 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。