敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やせうま

やせうま

お彼岸の和菓子

和菓子製造業で発生した、あんこの毒物は、その後の検査で何か検出したのかどうか、わかりません。
中国のあんこだから、危ないぞ、なんていうつもりはありません。

きちんと作られて、きちんと送られてくるものの方が圧倒的に多いはずだと信じています。
しかし、あのような事故あるいは事件が起きると、そのあんこに誰が毒を、なんのために入れたんだ? と不安になります。



食品に毒を入れる食物テロは、もっとも卑劣な犯行だと思います。
真相究明に力を入れてほしいと思います。

それをやることで、麻生内閣の評価が上がると思うのです。

ここは、期待している、していないの区別なく、がんばれーという声援を送りたいと思うのです。



秋のこの時期になると、あんこモノが恋しくなります。
幼少期の記憶です。

伊勢の赤福の事件のときにも、あんこの魅力が色あせて見えましたが、今回の一件でも、なーんとなく、和菓子に手が伸びません。

なにも今、あんこものを買わなくっても、っていうブレーキです。


そこでふと、思い出したのが、きな粉を使った和菓子です。

きな粉を使ったおはぎ、安倍川餅、そして、やせうま。


やせうまっていうのは、多くの方は耳慣れないことばでしょうね。

私、八歩が生まれ育った、大分県には、やせうま という食べ物があります。


wikipediaから引用します。




やせうまとは大分県の郷土料理、銘菓。小麦粉で作った平たい麺をゆでたものにきな粉と砂糖をまぶした食べ物。水で練った小麦粉の塊から指で引地切るように作る。

やせうまの材料と同じ麺を味噌仕立ての汁に入れたものがだんご汁である。

やせうまはおやつとして食べる。大分県の一部地域では、お盆にやせうまを供える習慣があるほど地域に根付いた料理である。そのまま、もしくは冷やして食べる。現在でも家庭で麺を作ることは多く、スーパーや土産物屋などで売られている麺は「ほうとう」であるものが多い。「ほうとう」をおやつとして使うことはやせうまを食する地域では少ない。

庶民の食べ物として、現在も食べられているが、貴族の子供が好んで食べたものとして、好感を持って食べられているおやつ。


[編集] 語源
やせうまの「やせ」は「八瀬」であるといわれ、その語源は通常、次のように説明される。

平安時代、都から藤原鶴清麿という幼い貴族が豊後の国に下向し、黒野に隠れ住んだ。鶴清麿の身の回りの世話をする女は、京都の八瀬出身だったらしく「八瀬(やせ)」と呼ばれた。八瀬は、ときおり小麦粉をこね、長く伸ばして麺状にして茹で、これに黄粉をまぶしたものを作って、鶴清麿に食べさせた。鶴清麿はこの食べ物が欲しい時、「八瀬、うま」(「うま」は食べ物の幼児語)といい、これが「やせうま」の語源となったという。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%81%9B%E3%81%86%E3%81%BE" より作成




私は、上に書かれているように、やせうまを、ごく普通に作って、普通のおやつとして食べます。
やせうま用の乾麺が大分県ではスーパーで普通に売られています。

関東では、「ほうとう」を十センチくらいに切って、きな粉と砂糖をまぶせばOKです。

きしめんだと、ちょっと薄いかな・・・・・でも、やってみたことがあります。
わるくないです。

きな粉のまぶしたての、パフパフした感じも懐かしいし、生地となじんで、しっとりしたのもいいです。


今日は、みんなが集まる日だから、作ります。

黒蜜をかけるのもステキです。




がんばって書いてます
応援ポチをお願いします
(↓)

ブログランキング・にほんブログ村へ



ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます



情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)でんのら







スポンサーサイト

| 簡単レシピ | 15:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やせうま!

題名を見て、自分の知ってる『やせうま』かなっと思って覗きに来ました^^
八歩さんは大分だったんですねー。私の父が大分出身で子供の頃は夏休みになると大分へ行き過ごしていました^^
いまでも毎年大分へは行っています^^
『やせうま』の語源はしりませんでした^^;
のぞいてみてよかった\(⌒▽⌒)/
ありがとうございました!

| ゆう | 2008/09/27 00:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/112-9f1e2d40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。