敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

囲碁のワールドカップ

igo.jpg

ここ数年、国際棋戦では、出れば負けを繰り返し、中国、韓国に大きく水を開けられたように見える日本碁界。

10月3日~18日まで、北京で行われる 「第1回ワールドマインドスポーツゲームズ」 の囲碁男子団体戦に、十段、棋聖、本因坊、天元とタイトル保持者をずらりと並べた布陣で臨みます。

高尾紳路 十段
山下敬吾 棋聖
羽根直樹 本因坊
河野臨 天元
依田紀基 九段(過去に名人四連覇)

これで、負けたら、日本のタイトルの値打ちがありません。



それだったら、まだ、負け癖のついていない若手に、経験をつんでもらうためにも出てもらうほうがいいです。

タイトル者が、「中国、韓国には勝てる気がしません、すみません」とでも謝ればいいです。

でも、代表として、出る以上は期待をします。



日本チームの団長である大竹英夫名誉碁聖が、「チームジャパンとして一丸となって臨む」と言っている以上、私は素直に期待します。

ワクワクもします。

そして、万一、負けたとしても、ここまで言い切った以上、それから死に物狂いになってくれるのだろうと思います。

そうでないと、私たちアマチュアは、プロに畏敬の念をもてなくなります。



もし、韓国や中国のプロと互角に戦えない人が日本でタイトルを取っているのだとしたら、そんなものをありがたがって見ている私たちが、馬鹿みたいです。


ここは、とにかく、勝つことでしか、活路は切り開けないものと考えて、取り組んでいただきたいし、そういう背水の陣で臨んでいただきたいと思います。

今、この文を書きながらも、私は、「日本代表は勝てないのではないか」と不安に思っています。

多くの、日本のファンがそういう見方をしていると思います。

そんな囲碁ファンが、自分の不明を恥じるような、そんな碁を打ってください。










女子団体戦には青木喜久代八段、小山栄美五段、鈴木歩四段の3人で挑む。

鈴木歩さんは、入段直後から注目していました。爆発力を期待しています。

梅沢由香里女流棋聖が女子個人戦に出場しますが、言及は避けます。


日本を代表して、日の丸を背負って、戦ってください。

あなた方が活躍し、強さを見せ付けてください。

祈っています。







引用:

オリンピック、パラリンピックが続いた北京で、今度は頭脳の世界大会が開かれる。マインドスポーツとは、運動能力ではなく知力を競い合う競技のこと。開催種目は囲碁のほか、ブリッジ、チェス、ドラフツ(チェッカー)、シャンチー(中国象棋)の5競技。それぞれに団体、個人、ペア戦などがあり、合計33種目。世界100以上の国と地域から2000人を超えるトップ選手が集結し、メダルを目指して頭脳戦を繰り広げる。日本からは68選手が参加する。

 囲碁チームの団長を務めるのは日本棋院副理事長の大竹英雄名誉碁聖。「頭脳ゲームのオリンピックという認識で、チームジャパンとして一丸となって臨む。高いレベルの戦いをして、囲碁が素晴らしいゲームということを世界の人々にお知らせしたい」と話す。

引用オシマイ





がんばって書いてます
応援ポチをお願いします
(↓)

ブログランキング・にほんブログ村へ



ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます



情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)でんのら





 
スポンサーサイト

| 囲碁をはじめましょう | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/118-78213e29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。