敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紙おむつ今昔

紙おむつ今昔

1990年頃、新生児の紙おむつ使用が8割を超えたというニュースを見ました。

なぜそんなことを覚えているのかというと、そのころ長女が生まれ、田舎の両親から、おむつはどうするの?と聞いてこられたからです。

紙おむつが、スーパーの特売目玉商品として常に広告紙面をにぎわせていました。

ユニチャーム、花王の2強に対抗して、資生堂が松田聖子を起用して参入したり、ダンボール箱単位で送ってくる格安商法が話題になったりして、新生児向けの紙おむつに活気がありました。

吸水性ゲルも、良いものがどんどん開発され、紙おむつ以外にに、保冷剤、花瓶向けが商品化され、これが、砂漠の緑地化にも将来は適用されれば、環境破壊が止まるのではないかということもいわれていたことを思い出します。



1990年頃でも、地方にいて、洗濯物を乾すスペースが取れる人は布オムツも併用し、外出のときは紙おむつにしていました。

私の妹は田舎の兼業農家で大勢の子育てをしていましたから、布オムツを使っていました。

我が家にも布オムツは少しはあって、オムツライナーという不織布を敷くことで、便の処理を楽にするものも使われていました。

そして、その頃は、大人用の紙おむつの宣伝は、テレビ等で見たことはありませんでした。

もちろん、高齢者施設や病院では使われていましたし、吸水性ゲルを使用したものを、白十字一社が発売していましたが、ホームセンターで聞いたら、大人用は取り寄せ商品です、ということでした。


それから二十年たった今、新生児用の紙おむつのコマーシャルをほとんど見なくなりました。

逆に、高齢者用の紙おむつのコマーシャルは、毎日見ています。
20年というのは、商品ターゲットががらりと入れ替わるほどの年月なのですね。



以前に、ある介護施設で施設長、看護士と打ち合わせをしていたら、

「家族から、オムツの使用量が多すぎるといわれています」という話が出ました。

多くの施設は、通常市販されていないメーカーのものを、まとめて購入し、ほぼ、市価に近い値段で徴収しています。

このオムツは、多くの病院や介護施設で使用されていて、肌触りが良く、品質的には優れています。

品物は良いのだし、価格も、市販品並みにしてあるので、そこにいくらかの利益が乗っかっているのは当然と受け止めてもらいたいのですが、そこは、一円でも安いほうがいいと思う利用者家族にも異論があるでしょう。

特売で買ってきたものを、使ってくれといわれます。

継続的に買って持ってきてくれるのではなく、思いつきのように持ち込まれると、非常に困ります。

持ち込みは、拒否できません。
行政からの指導でそうなっています。

ショートステイでは、逆に、持込が基本になっているくらいです。


紙おむつには、いろんな形状があり、どれでも一緒というわけではないんです。
また、昼間と夜では、使い分けています。

ところが、一種類しか持ち込まない人が多いのです。そして、退去清算のときに数百円のことで、事務と揉めたりします。

自治体によっては、おむつの現物支給というところもあり、ヘルパー泣かせの原因です。

おむつ交換に、手間取っていると、入居者さんからの罵声を一番浴びやすい状況ですから。

■水増し請求?

おむつ交換を、水増しして請求していませんか、と、家族から、何の根拠もなく聞かれたことがあります。

そういう、いかさまをしていたら、職員が定着してくれません。

どうして、介護業界の人だけが、こんなに理由のない侮辱をうけなければならないのか・・・・・と、悲しく思います。

その方に、もし「あなたは泥棒をしていませんか」と聞いたら、激怒すると思うんです。でも、同じことを、この人は、利用者懇談会で、発言して、回答を求めている・・・・・・

給食サービスだって、紙おむつの提供だって、通常の市価レベルで提供するのが精一杯なんです。

介護事業者だけが、金のなる木を持っているわけではないし、霞を食って生きていける特異体質でもないからです。

しかし、介護行政からは、こういう単価設定のひとつひとつをチェックされ、値上げの時には利用者家族に説明会をひらくことを求められています。

説明会で、上記のような、不正請求はしていませんか? というとんでもないことを質問という形でぶつけられ、侮辱されるわけです。

一部の悪い業者が(それは、現地に行けばすぐに行政マンにはピンと来るはず)、福祉を食いものにしているけれど、それ以外は、経営的に苦しいけれどこの仕事が天職だと信じてがんばっている人たちで支えられています。

感謝は求めないけれど、侮辱してはいけないとおもいます、ね。

がんばって書いてます
応援ポチをお願いします
(↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます



情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら












スポンサーサイト

| 介護事業の楽屋裏話 | 10:42 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

No title

TBありがとうございます・・
私はGHに勤めているんで確かにそうかもなって思わされるとこありますね。
幸いいまのところ、パットやリハパンでもめたことはないですが・・
。これからそういう家族もあるのかなとも思ったり。
夜に小さいのばっかり使ってられないですし・・昼間に大きいの使うのもおかしいし・・
なかなか家族さんには現状ってわかってもらえないですよね。

| tweety | 2008/10/10 21:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/132-2335dc97

TRACKBACK

介護と看護の資格、求人

介護・看護は国家資格が要求されています。 肉体的にもハードだし、命や生活を預かる重要な仕事です。 同時に、馬鹿じゃなかろか! と、...

| 健康な高齢者になるゾ!(情報ショップ) | 2008/10/09 11:02 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。