敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地域崩壊を食い止めて食料自給率のアップを

輸入冷凍食品からの毒物事件は、「農薬混入」というあいまいな言い方がなされていますが、致死量の毒が冷凍食品に入れられたという事件です。

その毒が、たまたま、希釈して農薬にも使われることがあるというだけです。

農薬がチェックもれで、付着したまま生産工程にまぎれこんだかも・・・・・・という話ではないようです。

汚染米の農薬とは異なり、今回の事件は、殺意を持って毒が入れられています。




ところで、こういう事件のたびに出てくるのが、食料自給率の問題です。

自給率を上げるべきだということまでは、誰でもいえますが、そうそう簡単に、自給率は上がりません。

しかし、私がこのブログでも気にしている、山間地の農村の医療や介護のことと重ねて考えてみると・・・・・




今、都会には、仕事にあぶれて、居場所のない若者、中高年が大勢います。

そして、地方には、高齢者が取り残されています。

この人たちは、もう介護サービスは出来ませんとか、診療所は廃業します、という流れのなかで、行き場がなくて途方にくれています。

老人下宿に住んで、そこで死んでいこうと覚悟を決めても、運営会社が倒産したりすると、居場所がなくなります。

ところが、山間地の農村は、道路舗装、農業集落排水、簡易水道、電話、という生活インフラは整っていて、農地の区画整理もされているわけです。農水省がこれまでに大いに、無駄遣いをしながらも、整備してきた農村インフラです。

無駄遣い、談合の温床、自民党の集票マシンといわれてきましたし、事実、今の財政赤字の半分はこの二十年間のこういった公共工事のツケであることは事実です。

しかしながら、この財産が今、放棄されようとしているのは、とてももったいないのです。
放棄される理由が、介護や医療の崩壊からだというのが、二重にもったいないのです。

小さな集落でも、簡易水道と農業集落排水(ミニ下水)を整備するだけで、15億円以上の公共投資がされています。
国のと地方自治体の起債(借金)の半分は、こういうインフラ整備に使われています。

その投資が、住民の高齢化により無駄になろうとしています。

もしここに、若い人が求められ、医療や介護サービスも継続できるとしたら・・・・都会でネットカフェ難民をしている人たちの、何パーセントかが農業生産と、地域の医療・福祉に携わったとしたら・・・・全ていい方向に動き出すと思うのです。

地方に眠っている農業生産力を生かすことが、高齢化社会を生き生きとさせる道だと考えています。

農水省の外郭団体である、土地改良連合会 http://www.jarus.or.jp/index.html には、多くの人材とデータが集まっています。

ここと、厚生労働省がタイアップして地方活性化プロジェクトをたちあげれば、いまからでも農村回帰の流れが作れると思います。





お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます












スポンサーサイト

| 世直し提言 | 10:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

食料自給率私も心配します。
たしかに日本は平和だ。。
今後、国連平和部隊などの戦闘の可能性はありますが・・・
北朝鮮問題はあるものの・・・
現実的に日本が戦争に巻き込まれ可能性は薄い。

ただ、私は食料も武器、弾薬だと思っています。
将来は食料戦争(経済化)の勃発が怖い・・・
あまり自給率が下がると、食料という人質を取られる
贅沢に慣れた国民…だ
バイオ燃料などで穀物不足も心配、家畜の肥料に影響
まあ、悲観的に考えるときりがありませんが・・・
家畜の肥料くらい日本の減反地域で賄えないのかな?

若者の地方へ移動・・・

私なども良く老後は地方で住みたいと考えます。
良い環境で過ごしたい…
しかし、都会育ちの私、やはり不安の方が更に大きい
環境が良いという事は、自然の驚異にも厳しいと考えちゃう…
都会だって全員とは付き合えないのですが…
人口5万の町で十分と思うが、これも決断ができない・・・

希望(理想)と現実の差でしょう…

ますます広がる都市一極化…何とかしないといけないですね
どうして人間は込み合ったところに集まるのでしょうね?

| 華之将 | 2008/10/17 13:12 | URL |

No title

ホントにおっしゃるとおりです。食糧封鎖されたら日本は終わりなんてお粗末です。ニート、自宅警備員、定年退職者皆さんの力を借りて再生してほしいですね。

| | 2008/10/17 13:48 | URL |

No title

華之将 さん
今は、地方に住むには大変な覚悟がひつようなんです。
医療機関が、なくなっていくのですから。
でも、それ以外の選択肢はないのかもと思っています。

| 八歩 | 2008/10/17 14:17 | URL |

No title

農業も、会社組織的なものが、参入できる体制にしていかないと、もう無理ではないかとよく聞きます。
でも実際は体制を変えるって、難しいことなのでしょうね。

| さくちゃん | 2008/10/17 16:49 | URL |

No title

農地もそうですが小規模な漁港もずいぶん立派に税金で造られています。
しかし後継者不足はこちらも同様、おまけに昨今の原油高で廃業者も出る始末。
あちこちの漁港、廃れさせるのはもったいない話しです。

| nana | 2008/10/18 20:27 | URL |

No title

漁港もそうですね。
港湾整備や、食品加工団地、そしてそれらの埋め立て。
使いもしないものを作ったといわず、使いたいですね。

漁村も、漁業集落排水という、ミニ下水道が作られているところが多いですね。

生活環境としては、中山間地よりもいいと思います。

| 八歩 | 2008/10/18 22:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/143-a2b5f55c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。