敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見ているだけの囲碁 囲碁の記憶(その3)



碁を打たないのに、棋譜を読んだり、棋士のエッセイを読んだりして面白いのだろうかと、聞かれたことがあります。

これに対しては次のような反論を準備していました。

マラソンを完走したことがある人はほとんどいないと思いますが、テレビで観戦し、応援し、十分楽しめます。
と。


名人戦などのタイトル戦も、入室の時の所作から、勝敗を推理したりして、十分楽しめると思います。
ボクシングでは、ほとんど、戦う前から、勝敗の予想はついていて、ほとんどくるいません。



碁を打たなくて、しかも趙治勲さんのファンだから、本だけは買って読んでいた、二十代の頃、喫茶店で新聞を開いたとき、趙さんの碁だったら、かなりの確率でピンと来ました。
それは、説明不能なのですが、あえて言葉にすれば

鑑賞だけをする人は、感覚だけは相当高いところまでいく

ということです。

それから二十年近く経過し、もう一度碁を打ってみようと思い、自分がプレーヤーとして打ち始めたら、打たなかった頃に感じ取っていた石の声が聞こえなくなってしまいました。

その代わりに、左脳が、「おや、こんなところに、手があるんだ、これなら次につかえるかもしれない、、、、、」
と、スケベ心満載なんですね。

碁以外のたとえでさらに説明してみます。

私八歩は、音楽が大好きです。
とはいっても、ショパンのスローな曲、別れの歌すら、弾くことは出来ません。
便秘薬のコマーシャルに使われている曲です。
完全に、リスナーなんです。

音楽はすきだから、両手でコードをつかんで、レオン・ラッセルの真似事などはできますよ。
歳に不相応ですが、できます。

でも、それで、ショパンのマズルカが弾けるかというと、ありえないことです。
それは、肉体的に鍛錬が必要です。

肉体的な鍛錬をせず、トッププロの演奏だけを聞き続けると、演奏者を聞き分けることが出来るようになります。

これは、ベルリンフィルをバックに、アシュケナージが弾いてるなあ、とわかります。
ときどき間違うけど、かなりわかります。


あらら、こういう、音楽談義に陥ってしまいましたが、

私は、碁を打たないままに、囲碁のファンとして、存在しておりました。

長年の禁を破って、石に触ったのは、一度、29歳の時。
その、理由は、恋をしたから、、、、なのです。

明日も書くから、続きを読んでね。


お手数ですが、
応援ポチをお願いします
(↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます



情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら

















スポンサーサイト

| 囲碁の記憶 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/148-459d5440

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。