敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

牛丼から食の安全を考える

よしのや

スーパーの日曜朝市で、オーストラリア産の牛細切れ500グラム555円を見つけました。

牛肉、久しぶりです。

オーストラリアという文字が、「信頼していいよ」と語りかけているようです。

ちょっと脂身が少ないけれど、そこは味付けでカバーすることにして、吉野家風の牛丼を作ることにしました。


■牛丼、牛飯。

1899年創業である、とか、現在の牛丼屋の最初の店は、築地市場内に現存し、カツ丼やフライもので有名な豊ちゃんのならびにあるとか、その間にあるカレーの中栄はレトロで安くて抜群にうまいなどと、いろんなことが知られていますね。



吉野家が全国展開し、テレビコマーシャルを流した昭和50年代以前は、丼ものといえば・・・・

「カツ丼」 「親子丼」 「天丼」 「うな丼」

以上でした。



牛丼など、みたことも食べたこともないひとが多かったと思います。

なかには、
「いや、私はものごころついたころから、牛丼一筋で・・・・・」

というひともいるのかもしれませんが、吉野屋だって、牛丼一筋を捨てて、多様化したのですよ・・・・・

って、かんけいないか。

閑話休題!



アメリカの牛肉に、危険部位が入る可能性が云々、などと私たちが気にしたのはつい数年前でしたが、昨年~今年になってから噴出した、毒入り冷凍食品、農薬まみれの汚染米、老舗や大企業の産地表示がでたらめだという偽装・・・・

アメリカの牛肉のことなど、とても小さなことに思えてくるくらい、食の安全に対する信頼は地に落ちました。

いやいや、地に落ちたんじゃない、私たちが真相を知っただけです。

中国と日本の農水省と大企業と老舗のせいですが、私たちが真相を知ろうと努力しなかったからであって、安ければいいや、という購買態度も問題あったのだろうと思っています。


ま、そういう、食の安全の話が、牛丼レシピの前に登場してもあまり気分のいいものじゃないですが、どうしても、吉野家には、食の安全問題に翻弄された気の毒な企業というイメージがあるものですから、こういう話を書きました。

大事なことですが、二度は書きません^^

何度も書きたくはありません。



■オージービーフ

オーストラリアは、イメージ的にはとても安心・安全だと思っています。

これから、何が出るのかわからないですが、現時点では、「エーッ!」っと驚くようなとんでもない食品は出てきませんね。

というよりも、中国から、とんでもないニュースが出て来すぎるんですね。

世界が、中国中心に回ってなくて、よかった♪



■かんたん牛丼

吉野家風牛丼でググったら、やっぱりいつもお世話になるクックパッドが出てきました


私のつくりかたも、基本的にはこれと一緒です。

ま、誰が作ってもおなじようなことになるわけですが・・・・・




大きく違うのは、ショウガの使い方。

このレシピでは、仕上げに生姜を入れることになっていますが、私は、生姜を多目にすりおろして、最初からぐつぐつ煮ます。肉を入れてから15分以上、弱火で煮込みます。

生姜は加熱すると甘くなります。その甘みの分だけ砂糖は気持ち少なめに。

こうやって、生姜を煮込んでおくと、作った翌日もおいしく食べられます。

とても簡単なつくりかたです。

生姜は、体をあたためてくれるので、初期の風邪にも効果的です。

冷凍保存可能です。



吉野家のあの味を、ご家庭で簡単に。





お手数ですが、
応援ポチをお願いします
(↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます



情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら













スポンサーサイト

| 簡単レシピ | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/159-3b81aef9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。