敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食物アレルギーで危なかった

マヨドレ

私は、生卵のアレルギーがあります。

茶碗蒸しやビスケットなど、高温で、タンパク質が変性しているものは平気なのですが、生だとかなり激しいアレルギー反応が起きます。

これは、昔からあったわけではなく、40歳を超えたころから、体質が変わり、発症したのです。

花粉症になったのもその頃です。

厄年前後は、体質が変わる時期だといわれますが、そのころから、食べ物の嗜好も変わって北のがわかりました。



子供の頃は、玉子かけご飯が大好きで、田舎では鶏も飼っていました。

鶏の世話は、好きではありませんでしたが(鶏舎は臭いから)、玉子はすきなので手伝いもしていました。

お弁当には、あまく味付けをした卵焼きを必ず入れてもらい、一日に二、三個は食べていたと思います。
もう、一生分食べたのかもしれないと思います。





話を、生卵アレルギーに戻します。

生玉とアレルギーかどうかもわからなかった頃、時々、のどに何かが引っかかっているような違和感がありました。
その違和感は、のど全体であったり、一部であったりしましたが、原因は最初わかりませんでした。

ある夜、フロから上がって、シャツ姿でくつろいでいたら、かみさんが「ひえー」っと悲鳴を上げました。

私の背中がみみず腫れのようになっているという。

みれば、内股、背中、腹部と、かなり赤くなっていました。

この症状は、牛乳に強度のアレルギー反応(アナフィラキシー)を持つ長男とそっくりだったので、私にも出たか、と思いました。



これが、十年位前の発症です。

その前にも一度、牛丼屋で、生卵サービスの日に、生卵をかけて食べたときにも、食後30分で吐いたことがありました。

そのときは、勤務中だったので、体はチェックしていませんでしたが、あれもアレルギー反応だったのでしょう。

体調が悪いか、食あたりと思ったのですが、それ以来、生卵をかけて食べることはしていません。

あれ、おいしいんだけど、ね。



昨日の事故の原因食材は、マヨネーズです。

大豆を使ったマヨネーズのような調味料は、マヨネーズとそっくりの味なので、我が家ではそれをずっと使っています。

間違えると怖いので、普通のマヨネーズは置いていません。

ところが、昨日、かみさんが、よそからいただいてきたお惣菜のポテトサラダを、わたしが勝手に自家製だと勘違いして、食べちゃったのです。

マヨネーズは、生卵と酢と油で作りますから、まさに、生卵のアレルギーが出ました。

10分後には、のどにトゲが刺さるような、引っかかるような感触がありましたので、すぐに大量の水を飲みました。
体には、あまりみみず腫れのような痕はでませんでしたが、呼吸困難におちいるかもしれないと、びくびくしていました。

しかし、この段階で救急病院にいったとしても、急変に備えて点滴をしながら横になっているだけなので、病院には行きませんでした。

経験的に、このくらいのアレルギーは、二時間でおさまることを知っています。

それでも、二時間の長いこと。
背中がむずむずし、のどの奥が痒いのです。

ただ、気管の辺りが腫れている感じはしなかったので、呼吸困難はなかろうと信じて様子をみていました。

二時間たって、のどの違和感が薄れてきたときにはほっとしました。

量が少なかったことと、体調がよかったこともあり、入院にもならずにすみましたが食物アレルギーは怖いです。

今日もまだ、視野が少し狭まっているようで、焦点が合いにくいです。

完治するのは明日の夜だろうと思います。

玉子、牛乳、大豆、ハウスダストなどの代表的なアレルゲンに反応するかどうかは、血液検査でかんたんにわかります。

今、発症していなくても、IgG抗体食物アレルギー検査では、意外なものの値が高く出ていることがあります。一度検査してもらうと安心です。



お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


スポンサーサイト

| 食の不安 | 12:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そいいえば

厄年の頃に体質が変わったんですか。

それで思い出しましたが、ペニシリンで発疹が出たことがあります。以前はなかったし、そのときも注射の前に検査をしてOKだったんですがねえ。医者に文句を言うと、体質が変わることもあるし、検査も絶対ではない、と平然と答えました。それ以来、その病院へは行っていません。

 謝罪の言葉もなく、皮膚科にかかった費用も自腹、いまだに釈然としません。厄年の頃でしたね、確か・・・。

| 春海 | 2008/11/01 03:04 | URL |

No title

アレルギーは高齢者には少なく、昭和20年代以降の人に多いのも、何かの食品添加物の蓄積なんじゃないかと、不安に思ってます。
今の高齢者とは、僕らは違った死に方をするんじゃないか、と。

| 八歩 | 2008/11/02 17:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/166-5dca023c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。