敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そこからは出られないんだよ

IMG_38011.jpg

文化の日は晴れが多いと聞いたことがありますが、今日は、ひんやり、どんよりしています。

こんな日に、入居者の息子さんから、こんなことを頼まれたことがあります。

施設からは出られないんだよということをはっきりと、オヤジに話して欲しいというのです。



息子さんは、飲食店勤務の料理人。

独身です。

お父さんの年金に、自分の給料から足して入居費用としています。
決して裕福ではありません。

このため、新聞は取ってはいけないことになったといって欲しいとか、ヤクルトは糖分が多いから飲まないようにとか、そいう嘘をつくこともあることは知っています。

しかし、今回の嘘は、大きな嘘です。
いや、もしかしたら、伝えてはいけない真実なのかもしれません。
これまでずーっと、貴方を騙してきましたよ、という告白かもしれません。

家に帰りたいというお父さんに、「家の準備ができたら・・・・・お医者さんがいいといったら・・・・・今度迎えに来るから・・・・」という嘘をついてきたことは知っていますし、息子さんの生活のこともしっていますので、それを責めるつもりもありません。

おそらく、お正月は自宅ですごすのだという話をずっとしてきたので、秋も深まってきてその話をお父さんが、なぜか思い出したのでしょう。

ただ、施設から出られないんだよということは、息子さんとしては、お父さんに話すことができず、施設のほうからそういう話をしてもらえないかということでした。

介護施設の責任者は、よく、家族からはいいにくいことを言ってくれ、説得してくれと頼まれることがあります。

原則は入居者本人本位。そんな依頼をいちいち聞いていたら、高齢者介護なんてできません。

もし、そんなことを話したら、お父さんは絶望のあまり、生きる気力をなくすかもしれません。

ご自分では、伝えられないのですか? とお聞きしましたが、うつむいて首を振られました。

この方は、以前にも、施設を抜け出して、自分の家を探し求めてとんでもない方向で保護されたことがあります。

この人が帰ろうとしたのは、40年前の、元気で働いていて、奥さんもいたことの家。場所も時間も違うところです・・・・・切ない気持ちになります。

息子さんも、私たちも、家にいつかは帰れるという希望があるから、歩行訓練もがんばっていることを知っています。

いつかは帰れる。そういう希望を完全に消し去ってはいけないのだろうと思っています。そういう前向きなもくてきなら、息子さんと一緒になって嘘をつきとおしてあげるのに・・・・・と思いました。

希望を持ったまま、いつか、寿命が来る・・・・そういうのが、普通の一生なのかもしれないと思いました。



お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


スポンサーサイト

| 記憶に残る介護 | 10:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ズキッとしました

私もはっきり誰かに言ってほしいです。
「そこからは出られない」って。
そうしたら気分もすっきりするでしょうね。

希望を持ったまま、寿命がくるなんて・・・残酷。
生殺しみたい。
私も・・・。

| 青空 | 2008/11/03 11:32 | URL | ≫ EDIT

No title

ガンの告知と同じような、難しい部分がありますね。
事実を受け止めた上で、前向きに生きることの出来る心情的力のある方なら言った方がいいかもしれませんが、
私の個人的な考えでは、認知症のお年寄りにはやはり話さない方がいいと思います。

| さくちゃん | 2008/11/03 14:55 | URL |

No title

話すほうがいいかどうかは、わかりませんが、息子がしたくないことを、職員に頼み込むのはやめてほしいですね。こういうことで、責任者はなやんだりするんですから。

あなたは、ここに閉じ込められているんですよ、と伝えることは、言葉による虐待に当たるかもしれないです。

| 八歩 | 2008/11/03 17:03 | URL |

すみません

自分のことに当てはめて、書いてしまいました。ごめんなさい。人の気持ちも考えずに。私も、閉鎖された場所にいますから。
誤解しないで下さいね。お年寄りの気持ちを考えずに、自分の話で書いてしまって、ごめんなさい。さようなら。

| 青空 | 2008/11/03 17:50 | URL | ≫ EDIT

No title

青空さん
ホームにいる認知症の人は、自分がなぜここにいるのか理解していない人が多いんです。
でも、そんな施設ライブはあまり知られていないので時々紹介するだけです。
希望をもったまま死にたいな、というのは、私、八歩の個人的な感想です。自分の話、どんどん書いちゃってください。

| 八歩 | 2008/11/03 18:35 | URL | ≫ EDIT

本当に身につまされますね

随分とご無沙汰致しましたお変わりございませんか?
先日から 温かいコメントをありがとうございました
90歳で元気で自宅に居る母親と3歳下で入所してママを妹と間違える義母
私自身もこのような状態に耐えられずに今日の記事の病院を短期で辞職
八歩さん達のご苦労と心の葛藤が良く分かります
ご苦労様ですが どうぞ皆さん方をよろしくお願い申上げます m(__)m

| eternal0660 金妻のパパ | 2008/11/03 19:21 | URL |

No title

私のところは、認知症対象ってことおもあって説明したところで理解してもらえないことも多々あります。

私の祖父母なんかは、一応有料老人ホームにいて、祖母に関しては軽度の認知症状はあるものの、ある程度納得して入ってることもあり激しい訴えはないです。
なかなか理解してもらうのもの難しいのかもしれないですね。

| tweety | 2008/11/04 22:54 | URL |

認知症・・・

tweety さん
認知症の方には理解してもらえないと思います。
わかったわかったと、いってくれてもその内容は記憶してもらえません。
でも、そのときのかなしい気持ちは蓄積していくんですよね。
認知症の方も、その時々の感情はみずみずしいと思います。
認知症のかたが、怒った表情が多いのも、怒りが累積し、蓄積しているからだと思います。

認知症の方には、幸せな気持ちになってもらうために、言葉で心のマッサージをしてあげてくださいと、現場のスタッフには言っていました。

| 八歩 | 2008/11/05 00:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/169-c2c88fd1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。