敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

柿の効能

柿

八百屋の店頭に、柿が山積みされています。

まさに、この時期ならではのことです。

一個50円。
十個380円。

十個となると、結構荷物だなあ・・・・・迷います。

でも、柿は痛みにくい果物ですから、一日一個か二個、家族で食べれば一週間で終わりです。



ということで、十個購入。




子供の頃は、柿は店で買うものとは思ってませんでした。

農村の共同スペースに柿の木が生えていて、それは、だれでもとってよかったし、誰もむきになって取ったりもしなかったのです。

小腹がすいた学校帰りに、もぎ取って、皮ごとがぶりつきました。

たまに、渋いことがあるので、最初の一口は小さくかじりとって、味をチェックしました。






いま、そんな渋柿に当たることはありません。

柿の特徴のひとつは渋み。
渋みの成はタンニンは、ポリフェノールの一種です。
ポリフェノールの抗酸化作用が病気や老化を予防することは良く知られていますね。

では、甘い柿にはポリフェノールはないのでしょうか。

いやいや、たっぷりと含んでいるんです。
甘柿は成長するとタンニンが糖にくるまれて不溶性になるため、渋みを舌に感じなくなるというだけです。

だから、柿渋の薬効は残って、渋くないという、理想的な食品になるのです。

人気コミック「美味しんぼ」で紹介されて広く知られるようになりましたが、「和生菓子の甘さは干し柿をもって最上とする」という言葉があります。

和生菓子の甘みは強すぎると、くどく、下品な味になるので 干し柿以上の甘さにしてはいけないということなのだそうです。

でも、うんと甘い駄菓子もおいしいですけれど・・・・



柿には、ほかの果物には少ないビタミンAが豊富です。

ビタミンAは鼻・気管支・胃腸の粘膜を正常に保つ働きをするため、風邪などの伝染病にかかりにくなるのだそうです。

柿が健康にいいといわれているのは、こういう根拠があるんですね。

ビタミンCは、ミカンの2倍も含まれています。
これも抵抗力を高め、風邪の予防に役立ちます。

また、柿には痰をきり、咳を和らげる作用もあるといわれています。

そんな薬効まで持たなくても食べる価値がある柿ですが、ここまで付加価値があるんだったら、食べなきゃ損ですね。

秋から初冬にかけて、朝夕の温度差が大きい季節は、鼻炎や喘息など呼吸器系が弱い人にとっては厳しい季節です。

ちょうどこの時期に旬を迎える柿は、まさに天与の食材といえますね。



ただし、体を冷やすといわれますので、食べ過ぎには注意が必要でしょう。
健康にいい、となると、それだけに走る人がいますが、偏らないことが大切ですね。

渋みの成分タンニンは食物の鉄分と結びつきやすく、鉄剤摂取が必要な方には逆効果です。



イタリアでは、「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれますが、日本では「柿が色ずくと医者が要らなくなる」などといわれます。同じですね。




お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


スポンサーサイト

| お薦め食材 | 11:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/171-bc31ecf9

TRACKBACK

完熟みかん【太陽のしずく】

完熟みかん【太陽のしずく】をネットで先行予約しようやく発送しましたメールが昨日届きました。 佐賀県から届くミカンなので2日程到...

| 金沢てくてく情報 | 2008/11/05 13:55 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。