敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

里芋とヤツガシラ

satoimo.jpg

サトイモとヤツガシラを栽培している人から伺った話が、とても面白く思えたのでご紹介します。



そもそも、ヤツガシラとは? サトイモとどこが違うのでしょうか。

サトイモは、親イモの周りの小イモがグングン大きくなり、それを食するわけです。

では、親は・・・・・というと、固くて食べらないんだそうです。

収穫した小イモの一個を残して植えると、それが来年の親イモになり、また固くてたべられないものになるけれど柔らかい小イモがたくさん出来る、という生命の連鎖をするのだそうです。

子供に全部すいとられて、親はやせ細って、子供がそだったら、「ポイッ」。





対するヤツガシラは、親イモがグングン成長するのだそうです。

その周囲の小イモは、小さくて、固くて、商品価値はないんだそうです。しかし、その小イモが親イモになると、グングン成長して立派なヤツガシラになる。

そして自分の周辺には、やせこけた子供がたくさん・・・・・・





なんとも、身につまされるような話ではありませんかww

あなたは、サトイモ派? それともヤツガシラ派?



豆知識:畑での見分け方

ヤツガシラは、茎が濃い紫色なのです。対するサトイモは緑色です。

葉っぱの形はまったく一緒です。

早速今日、近所の畑を見たら、一列がヤツガシラで、もう一列がサトイモだということがわかりました。

わかったからどうだ、ということもないのですが、ちょっとうれしかったです。



サトイモ、ヤツガシラの栄養 豆知識(芋知識かな?)

里芋は秋が旬の食材です。子芋がたくさん増えることから、おめでたい食べ物の一つとされ、日本の行事の料理にはつきものです。

里芋には独特のぬめりがありますが、このぬめりガラクタンやムチンという成分によるもので、ガラクタンは、血圧やコレステロールを下げる効果や、脳を活性化させ、ボケを予防する効果があると言われています。
ムチンには胃や腸の潰瘍を予防し、肝臓を強化する効果があります。




お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます

スポンサーサイト

| お薦め食材 | 09:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

親子の関係、身につまされる思いです。
やつがしらの子供は成長するけど、
サトイモの親は捨てられちゃうんですね・・・
サトイモのほうが切ないですね。。。

| ミミオ | 2008/11/06 21:17 | URL | ≫ EDIT

No title

食べるとしたら里芋の方が好きです。あのぬめりがいいと思います。

ヤツガシラは正月に食べます。何でカナ?名前がおめでたそうだから?
結婚するまで夫はヤツガシラを知りませんでした。地域のものなのかしら。

| tana | 2008/11/06 22:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/172-08b70d15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。