敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋のキノコの炊き込みご飯

秋のキノコの炊き込みご飯

秋になると、店頭にならぶキノコ工場栽培のキノコが、なぜか高騰します。

おそらく、生産量に比べて、消費量がふえるからなんでしょうね。

秋は、キノコが食べたくなります。




いつも適当な量で作っているのですが、ここに書くに当たっては、数量を書かないとイメージしにくいですよね。

ここで書いてある量は、だいたいこんなもの、と理解してください。


米三合に対して、醤油大匙3を入れ、ふつうに水加減して炊いてください。

これだと、単なる醤油飯ですね。

しつれいしました・・・・・・

でも、これが炊き込みご飯の基本です。


たとえば、ほとんど塩気のないちりめんじゃこをたきこむんだっったら、このままじゃこをいれてスイッチ、ポンでいいです。


今日は、キノコでしたね。

シメジ、エノキなど、適当に切って、ばらして、ごま油で軽くいためます。あれば一緒に鶏肉をいためます。軽くで結構です。一応の量としては、鶏肉100グラム以下、シメジ半株、エノキ半株、こんなものかな。


きょう、私は、エリンギ一本とシメジ半株でやりました。


鶏肉からもキノコからもほとんど水が出ませんし、水を吸いませんから、水加減はいじらなくていいです。

醤油で味付けした炊飯器のおこめに、いためた鶏とキノコを入れて、スイッチ、ポン。

出来上がってみると、これは自分が本当に作ったのだろうか、と自慢したくなるような味ですが、作った人が偉いんじゃない、キノコが偉いんです。

椎茸があれば椎茸も刻んで入れます。

これだけで一食。おかずがいらないです。

お吸い物は、永谷園の松茸の味お吸い物で決まりですね。



 永谷園 好きなんです。
この画像見ると、お茶漬けが食べたくなります。
 永谷園通販トップページ






お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます













スポンサーサイト

| 簡単レシピ | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/178-8d190805

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。