敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

特別養護老人ホームも民間の老人ホームも不足です

横浜壁画

老老介護で、寝たきりの奥さんを殺した高齢者のご主人の事件のことが、ずっと頭に残っています。

ご自身が介護を必要とする方が、配偶者を介護していることが多くなっています。

愛情があり、大切にしている記憶もある、家族を手にかけたご主人の気持ちには、胸が張り裂けそうです。

限界を超えた在宅介護の避難場所は、出来ないのでしょうか。

そういった受け皿を、行政が準備する方向に動かずに、規制、削減の方向に動いているのは、間違った行政といわざるを得ないと思います。

以下の記事は、8月11日にアップしたものですが、ここ2ヶ月でさらに、状況がきびしくなっていることから、手をいれます。






特別養護老人ホーム(略して特養)。

申し込んでもなかなかはいれないということがよくしられていますね。

地域により差がありますが、一年くらい待たされることも珍しくありません。

なぜ、このようなことになるのか? 

というと、受け入れキャパが少なすぎるからです。



高齢者は増えていますが、逆に家族介護できるだけの家庭はますます減ってます。

それなのに、財政難の自治体は、ホームをつくろうとはしないのです。



特養より、若干高い金額で、入居できる民間の有料老人ホームもがんばっていますが、絶対数が足りません。

足りない理由は、ヘルパーの不足と、地方自治体の財政難からなんです。

どうして地方自治体の財政難が、民間のホームの不足理由になるのか?

といいますと・・・・・


低賃金、重労働、夜勤も月に5,6回あるということで、ヘルパーのなり手が少ないのです。

しかも、地方自治体の財政難のせいで、老人ホームは部屋数(ベッド数)の制限を受けています。

財政難で、老人ホームに制限を受け、在宅介護に向けられることについては、少し説明が必要でしょうか。



たとえば、横浜市に有料老人ホームを作ろうと、介護会社が考えたとします。

横浜市でなくてもいいのですが、実際に横浜市でいろいろなことを経験したので、例としてあげます。


早速、横浜市の介護保険課にお伺いを立てます。

「介護保険を全部使って、足りない分は自費で払ってもらうような有料老人ホームをつくりたいのですが、いかがでしょうか?」

その場では答えはもちろん出ません。


介護保険を利用する介護サービスでは、(収入により、負担率は違いますが、多くの場合)本人が1割負担して、9割を地方自治体が負担することになっています。

三十万円分のサービスをうけたとして、自己負担が三万円、地方自治体が二十七万円ということになります。

自宅で家族の介護を受けながら、ヘルパーさんの助けを借りて生活している高齢者の場合は、自分が持っている介護保険の点数を全部使い切ることは少ないですが、有料老人ホームでは、この点数を全部施設がもらいます。

だから、在宅介護よりは、施設介護の方が点数は低いのですが、少し下げた金額でいうと、

25万円分の点数を持っている人は、自費を2万5千円払い、残りの22万5千円は、老人ホームのある市が負担します。



国が、有料老人ホームに対して、「総量規制」なるものをかけたんです。

来年当たりそれは見直されることになっていますが、見直し=数が増える とはならないのではないかと思います。

ホームで暮らしてもらわなければ、同居の家族が先にへたばってしまいそうな、認知症の方や、ほとんど付きっ切りの要介護の方が増えていますし、ぜんぜん足りていません。

予想以上に、介護保険を全部使わざるを得ない高齢者が増えたということなのですが、必要な人たちには必要な介護を与えるということで介護保険がスタートしたことを考えると、財政難を理由に総量規制をかけている行政の対応は間違っているといわざるを得ません。

ただし、監督官庁行政でもありますし、国策としてはじめたことを、財源なしで地方に丸投げしているという意味では、地方自治体も被害者と言えます。



介護の現場にいるホーム長たちは、介護事業として自分の仕事が成り立つかどうか、という経営的な視点ではいないことがおおいですから、このようなことは、私が書く必要があるのだと思っています。

では、なぜ、介護業界にいると、行政が怖いのか・・・・


監督官庁ににらまれたら、大変なことになります。
そして、膨大な請求事務をもう一度やり直しさせられて、返金をさせられます。

その手間とお金の両方から、監督官庁が怖いんです。
別項で、詳述します。



今の説明では、特定施設と住宅型老人ホームという区別を端折りました。

在宅介護のヘルパーさんに来てもらうためには、ケアマネージャーさんがつくるケアプランが必要であるとか、それは前もって作っておかなければならないとか、そういうややこしいことも端折りました。

なにせ、用語がわかりづらい業界ですから。




がんばって書いてます
応援ポチをお願いします
(↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます



情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら











スポンサーサイト

| 介護事業の楽屋裏話 | 10:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

先日はTBありがとうございました。
正直こちらの内容とTBの内容にズレがあったので返しは控えさせていただきました。
しかし役所は何を考えているのかわかりませんよね…
ご飯か洗濯等の家事の何かしらを提供すれば即有料老人ホームにしなきゃいけないとか…
本当にきつい世界ですね…

| 秦 聖龍 | 2008/10/02 22:01 | URL | ≫ EDIT

No title

こんばんは!ミミオでございます。
2025年には、認知症だけでも314万人という
予想が出ています。
認知症だけでも施設は足らない状況です。
もはやがんばって働いて、年をとっても
安住する場所のない日本です。

それでもまだ、年金や保険で高齢者をいじめる
国にいつの間にかなってしまいました。
残念なことです。

| ミミオ | 2008/10/07 17:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/2-25eb0c38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。