敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年金、医療、少子化について

次の政権に期待することは、安心して、出産~生活~終焉 の人生サイクルをまわしていけるような国づくりのビジョンを示し、それに向けての一歩を踏み出すことです。

小泉路線が、間違っていたかどうかが、争点なら、それを明確に示して争って欲しい。

あれも間違ってはいないが、今となっては・・・・・という玉虫色の発言で、自分だけがいい子ちゃんになろうとしても、有権者はお見通しです。

支持率30%以下というのは、今回にかぎっていえば、70%が、政権交代を望んでいると受け取って間違いないと思います。



怖くて、妊娠、出産が出来ない社会になったけれど、二十世紀のころから、それは言われていたことです。

そのために、医者が足りなくなることも指摘されていました。これに対して、医師の増員や、待遇の改善、そして、モンスター患者の馬鹿げた訴訟から医師を守る仕組みの構築がされないままに来たから、小児科と産婦人科の医師が、ものすごく不足する事態になりました。

これは、昨日今日、突然起きた問題ではありません。

行政の「不作為(何もしない)」という現在の法律では取り締まることが出来ないが、不正義です。

年金のチェックでも、過去の不正な操作の後始末に単純計算でも6年かかるという計算がありますが、それを短縮するために、またまた、増員するという馬鹿げた発言を厚生労働大臣がしています。それを、総理大臣も、追認するような発言を、国会で答弁しています。

もう、勘弁して欲しいですね。また、不正を働く連中を増やすのかと思うとやり切れません。

安心して生むことも、老後を過ごすことも、国の不正と不作為でめちゃくちゃにされてしまいました。

まだ、命があるうちに、この国が立て直せるというビジョンを示し、それに向けて踏み出して欲しいと思います。

小泉路線に決めたんだったら、それでまい進してもよかったと思っているのです。外科手術の途中で、医者が変わったら、服薬で直そう、と言い出したようなものです。

しかも、この、医者にあたる、麻生総理大臣、周りが、「外科」といえば、「うん、それもいいな」といいかねない無定見さを露呈しています。

こういう人を党の総裁として選んだ、自民党議員と支持者に対して、失われた時間を返してくれ、といいたいです。

でも、まだ、立て直せるという期待は持っています。次の政権に期待します。
早く、今の内閣はつぶれて欲しいと思います。

だめなんだから、リセットボタンを!


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら





スポンサーサイト

| 世直し提言 | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/202-6894d45b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。