敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国家が私のために何をしてくれるか?

国家が私のために何をしてくれるか?とかんがえてみたら、私のために何かしてくれると思うほうがおかしいのだという結論に至りました。

ケネディが、大統領就任演説で高らかに語った言葉をもう一度読みたいと思いました。検索し、そして今、じっと考え込みました。

続きを読む前に応援ポチ
    (↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


And so, my fellow Americans
ask not
what your country can do for You
Ask what you can do for your country.

(ですから、アメリカ国民の皆さん
尋ねないで下さい
国があなたのために何をしてくれるかを
尋ねて下さいあなたが国のために何ができるかを。)

こういう、強くて美しい響きの言葉で、必死になって語りかけて欲しいと思いました。
今の麻生総理大臣が、このような言葉を語っても聞きたくないのですが、国民が聞く気になるような関係を作り、語りかけて欲しいと思います。

これは、求めたいと思います。なぜなら、麻生総理大臣は、私たちが選んだわけではないのですから。今、造反議員まで出ている、自民党と公明党が選んだ、両党の代表なのですから。
私たちが、ささやかな一票の積み重ねで議員を選び、税金を支払い、そして国家を成り立たせているのですから、お年玉みたいなお金をくれるというのは、筋違いです。

税金の有効活用を工夫しろ、と言ってるのに、「皆さんで使ってくださいよ」と言って、再度戻してくるというのだから、変な話です。

そして、先々は増税だけど今は減税だという。
それをするとどのようになるのか、どういう目的なのかがまったく語られていないという批判は、各所でなされているので、ここでは言及しません。


過去に、総理大臣が国民に直接、強いメッセージを出したことは・・・・とおもいだしてみれば、もう、三代も前の総理大臣の、小泉さん。

そして、もう三十数年前になりますが、田中角栄さん。

リーダー待望論の高まりから、最近田中氏のことをよく、目にします。

今回、歴史の転換点で「こちらに行く」と指し示すのは誰だろうか?



将来に禍根を残しそうな現金給付ではなく、未来への展望・・・・それが叶わぬとしても、未来を展望するぞという、強い姿勢。

それは、国家にももとめます。

無定見な現金給付ではありません。

麻生総理大臣は、ハローワークで、仕事を探す人に「何をしたいのかはっきりさせないと雇うほうも困るよ」という一般論を述べていたが、彼自身は何をしたいのだろうか?

漢字が読めるとか読めないとか、そういうことは些細なことだと思います。
こういう方針で意思を表明するといういことさえ決めれば、あとは優秀なスタッフが文章は作ります。

方針を決めて、総理大臣の言葉として、私たちをひっぱっていくという姿勢を示してもらいたい。それをみて、私たちが、選ぶかどうかを決めたいと思います。


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら




スポンサーサイト

| 世直し提言 | 08:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

思い出しました^^

一応、某英語学科を卒業致した私にとっては
とてもとてもなつかしい演説です。
もちろん、リアルで聞いたわけではありませんw
勉強のひとつとして、すべて暗唱した覚えがあります。
美しい英語のお手本ということで。

日本の総理大臣にも、お手本となる美しい日本語で語って
頂きたいと、せつに願います。
ハートのこもった言葉は常に美しく、
美しい言葉は常にハートに届くものですから。

| 菜野香 | 2008/12/26 17:08 | URL | ≫ EDIT

No title

未曾有の金融不安もありましたが予算案を見るといい加減というか何を考えているのか先行き不安になります。
ばら撒きの後に待っているのは増税と国債償還以上の額の発行。
すべてこれからの展望が開けるとは思えません。
3年後、そしてそれ以降に高度経済成長が見込めると思っているのでしょうか。
今はいかに借金を減らし、無駄を削減するか考えるべき。
なんて思うのですが。

| nana | 2008/12/29 00:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/212-42cb3b45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。