敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投稿小説参戦の途中経過

投稿小説の遊び方を探っています。


→●○宙太と由紀とオセロと囲碁 [八歩]

数学科の女子大生が恋をして、オトナの入口に立っている、その甘酸っぱさを、昔のことを思い出して書いてみました。


若い人がケータイをずーっと見ているのは、あの小さな画面で小説を読んでいるのだということを、身近に認識したのは去年の秋くらいでした。

大学生の娘が、居間でテレビを見ながらケータイを見つめているので、メールを見ているのかな、と思ったのですが、何度もページをスクロールしています。


「何を読んでるの?」と、話しかけました。

もし、彼氏からのメールだったりしたら、娘はきっと、ハリネズミのようになって「返答拒否」の姿勢をとるだろうと想像していましたが、この日は機嫌が良かったのか、教えてくれました。

ケータイで、自分の興味のあるブログを読んでいました。

そのときに、ケータイ小説について尋ねたら
「けっこうはやってると思うが自分は読まない」
という。

その返事に興味を深め、いくつかのケータイ小説と呼ばれるものをパソコンで読んでみました。

そして、私なりに、つぎのようなことを考えました。

携帯電話端末を使った文芸というものは、今が黎明期なんだろう・・・・と。

いまは、メインのユーザーである若者カルチャーに引っ張られて、文芸とは言いにくい内容の文字群であるが、今後いろんな作家が登場することにより、新しい文芸として確立するであろうということです。



私が、ネットで愛読し、個人的にもアドバイスをいただいている北海道在住の作家、秋坂昇龍さんが、昨年秋に、投稿小説にチャレンジし、予選一位通過、本戦も一位通過した作品を読むと、従来の携帯小説とは一線を画した、文芸になっています。

ケータイ小説の文体は私には使えませんが、数分で携帯の画面で読みきれる掌編小説というものは、書いて見たいなと思いました。

先月は、ゲームというテーマで自分自身の囲碁の記憶をまとめてみました。みなさんにアクセスしていただき、予選を通過することが出来ました。



今回は、「キス」というテーマで予選が始まっています。

私が勝手に師匠と思っている秋坂さんの作品は、Mother Fuck'n Kiss [秋坂昇龍]
大迫力の唇と顔面がクローズアップされるような、生々しさのあるコント仕立てで、読み終わって「うーむ」と唸ってしまいました。

私の投稿は、

宙太と由紀とオセロと囲碁 [八歩]
数学科の女子大生が恋をして、オトナの入口に立っている、その甘酸っぱさを、昔のことを思い出して書いてみました。

3000字という制約の中では、ショートショートみたいな作品が多くなりますが、そういう起承転結のある作品を書いたことがないので、今回も淡淡と書いて行きました。

全部で50編が投稿されていて、昨日から予選がスタートしました。

秋坂さんの作品は、幸先良く二位でスタート。ネット上の作家としては知られている人だから、一位、二位で当然というところではありますが、応援してください。お願いします。

八歩の作品も、幸先良く五位でスタート。ネットの囲碁好きとしては、Goxi でフレンドの多い八歩なので、今回も囲碁テーマでやってみました。

皆さんのアクセスがえられれば5位くらいに滑り込めるんじゃないかとおもっています。よろしくおねがいしまーす。

投稿小説という遊び、これから広がっていくのではないかと思います。

皆さんも書いてみませんか?
次回のテーマは「メール」です。

私は次回、昭和四十年代にドイツの心理学者と日本の精神科医が手紙でやりとして5年間掛かったという、郵便碁のことを書こうと思います。手紙が来るのを心待ちにすることは、生きる張り合いになると思うのです。

メールというお題に、時代遅れの郵便碁の話をケータイ小説向けに投稿するというのは、かなり変ですが、ま、いいか・・・・・

お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら



スポンサーサイト

| のんびりと | 10:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

いつも元氣を頂いております!

ありがとうございます!!!



感謝 藤田英明

| 藤田英明【介護武士】 | 2009/01/10 22:15 | URL |

No title

藤田さん
こちらこそ、お世話になっています。
藤田さんのブログは、とても元気が出ます。
力強い気がにじみ出ています。

| 八歩 | 2009/01/10 23:50 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです

 ケータイで小説を読むのは、喫茶店や通勤通学列車という状況にあわせてあるのではないかと思います。短歌ほどに短くなく、形式にとらわれないというのは、面白い分野になるのではないでしょうか。
 最近、ケータイ大喜利みたいにテレビと連動しているのは、居間で観るのも良いコンテンツではないでしょうか。

| Nari | 2009/01/11 11:00 | URL |

No title

Nariさん
今年もよろしくおねがいします。
これからいろんな実験的なことがなされていくと思います。
双方向でもあれこれできて可能性がありますよね。

| 八歩 | 2009/01/11 19:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/226-05a78b3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。