敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鶴川サナトリウム病院のインフルエンザに思うこと

まず、産経抄から。 

インフルエンザで老人病院など高齢者施設での集団感染死が続発している。まことにお気の毒で、そのことに深く心を痛めながら、またそのことで医療関係を責める見方にも心を痛めている
▼入院している老人をなくした病院長が「看護は精いっぱいやった」 「ではどうすればよかったのか、こちらから聞きたい」とジレンマを吐く言葉を新聞でよんだ。なかには金もうけ主義の病院があったとしても、大多数は医師も看護婦も誠実で献身的だったに違いないのである
▼こういう事態で「なぜワクチンの予防接種をしていなかったか」と非難する声がある。インフルエンザの予防接種は平成六年に「義務」から「任意」に切り替わった。というのも「副作用があり、社会防衛のために社会的弱者を犠牲にしている」という一部報道の批判があったからだった
▼後講釈ならどうともいえるが、もし昨秋にでも老人に予防接種をさせ(全額自己負担で四千円前後かかる)、副作用事故でもあったらどうしたか。同じ一部報道は「なぜむりに接種をしたか」といって逆に責めているに違いない
▼「生老病死」、人間には避けることができない四つの苦しみがあると仏教は教えた。人間は何かで死ななければならない。日本人は年間約九十万人が死ぬ。誤解を恐れずいえば、インフルエンザを助かっても、ほかの何かで…。どうやっても死んでいくのである 
▼インフルエンザの対策に万全を期してもらうことはいうまでもない。それは当然だが、人間はどこかで「死」と折り合いをつけながら生きていくのである。インフルエンザの犠牲者に深い哀悼を捧げつつ、おしかりを覚悟でそんなことを考えた。

平成11年2月19日付産経新聞コラム(産経抄)



このような記述であるが、いかにも、医療の現場では聖職者たちががんばっているのだから、今回の件ではバッシングしないように・・・・と言っているように見えます。



しかし、長年高齢者介護に携わってきた私から見ると、この病院は、おかしいといえます。

インフルエンザの感染防止には、通常50~60%の湿度が必要とされているが、13日から2日間立ち入り調査をした東京都などによると、病棟内の湿度は15%と非常に乾燥していて、指導を受けたあと、ぬれタオルを干して対応していたという。

加湿対策を行っていなかったことについて、病院では「レジオネラ菌などの感染症防止のため」と説明している。

東京都では、乾燥が感染拡大の一因とみていて、調査を進めているとの報道があります。


これを見ると、めちゃくちゃです。
噴飯モノです。

レジオネラ菌は、フロ程度の温度で、浴槽内で繁殖するものです。老人ホームの居室で、湿度がいくら高くても、レジオネラ対策が必要だなんて、きいたこともありません。ここにlまず、嘘があります。

百歩譲っても、レジオネラ対策ですというのは屁理屈です。

こういういいわけをする病院側に、誠意があると思ってはいけないと思います。

そして、老人に長生きしてもらいたいと思っている老人ホームでは、職員全員のインフルエンザワクチン接種と、入居者全員に強い姿勢で接種の勧めをしているはずです。

ちょっとでも、セキが出る人は、マスクを着用します。
そして、インフルエンザの恐れのある人は、隔離します。

そして、居室への加湿、共用部分への加湿をまんべんなくやっているはずです。
むっとするほどにやります。

だって、それは、老人医学の常識だもの。

湿度が15%だったというのは、最近のいっぱんの湿度と同じです。
加湿対策を、一切行っていなかったといってもいいと思います。



では、その、老人医学の常識が、なぜ、この老人病院で行われていなかったのか?

マスコミが妙に病院びいきで、情報が流れてこないのですが、産経抄から見て取れるのは、予防接種に4000円の自費、という記述です。

ワクチンの原価と針などのディスポ代合計で1000円以下です。
医者が検診のついでに注射していってもほんのちょっとの手間です。

四千円というのは、販売価格で、原価は千円ということを理解してください。
ホームでは、よく、往診に来てくれるドクターに交渉して、2500円くらいにしておいて、あとで500円施設にキックバックしてもらうなんてことをしてるはずです。それで、ドクターももうかる、利用者も安くすむ、施設も一手間掛かるけどレク代の足しになるという三方一両得になります。

予防接種を市価よりやすく提供する老人ホームは、良いホームです。
早く死んで欲しいと思っているのではないかと、疑ってしまいます。

でも、病院が、入院患者に早く死んで欲しいと思うでしょうか?




もう一つの視点は、老人病院の経営難の問題です。

二年前までは、医者が入院が必要だといえば、いくらでも長期間病院で暮すことが出来ました。

しかし、今は、三ヶ月を目途に、追い出さないといけません。なぜなら、健康保険からの給付が三ヶ月目から少なくなるからです。
ここが、大きく変わったところです。

これまで、老人を集めさえすればうはうはだった病院経営が、それでは成り立たなくなったからです。老人主体の病院は、医師も他のスタッフも、相当にモラルダウンしているところが多いです。

老人の長期滞在型で作られた病院は、どうしても、老人しか集まりません。だって、医療保険を使える老人ホームというコンセプトですからね。
ということは、早く入れ替わって欲しいということなのかもしれない、という黒い疑念が持ち上がってきます。

この病院では、次々に病死していくような、そういう病院ではないのかという印象を持たざるを得ません。老人ホームの代わりに使用される病院として、介護業界では認識しています。

ここの疑惑について、もっと徹底取材、徹底解明をしてもらいたいと思います。

しかし、ここまで、老人を粗末にしているとはおもわなかったなあ。
新聞の論調も、これが、幼稚園児だったら大騒ぎだけれど、高齢者だから扱いが軽い。

残念です。


県の調査立ち入りも、介護施設にはあつかましくあれこれ難癖をつけるのだけれど、病院にはすごく甘いのです。理由は、政治力の差にありますが、証拠はありません。それがとても残念です。

ただ、産経抄の書き方は、単に現状を知らない、無知な人が書いているだけだと思います。


一切加湿をしておらず、その理由をレジオネラ対策だと強弁する、医学的に無知な病院。
インフルエンザの予防接種を入院患者に原則として受けてもらいます、といわない病院。
インフルエンザの恐れのある職員を勤務させ続ける病院。

人はいつか死ぬのだという、当たり前にして罰当たりなことを書く産経抄。

としよりは、本当に、早く死ななくてはダメですか?


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら





スポンサーサイト

| 世相を斬る | 23:47 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

う~ん。難しい問題ですね。
全ての人が、誠意を持って生きられるような、世の中になったらいいのになぁ~。

| さくちゃん | 2009/01/20 10:00 | URL |

No title

少なくとも、病院の関係者が、患者をいつ死んでもいいものと取り扱わないようにしてほしいですね。
高齢者は早く死んで欲しいというメッセージが出されているようで、不安になるんですよ。
介護の仕事をしていると、「死んでくれてほっとした・・・・」という言葉を、はっきりと聞くこともありますが、それは、個別の、介護でくたくたになった人のみが言う言葉。
国の作る医療や介護のシステムは、そのようなかんがえをすこしでも持ち込んではいけないと思うのです。
社会不安の直接の引き金になりかねないと思うのです。

| 八歩 | 2009/01/20 23:27 | URL | ≫ EDIT

No title

加湿器は、レジオネラの温床になるから、気をつけるようにいわれたことがありますが、違うんですか?

| michi | 2009/01/22 12:52 | URL | ≫ EDIT

No title

michiさん
レジオネラの温床になるような状態は、湿気の出るあたりに、生物膜(ぬるぬる)がついているような状態です。
そういう状態だと、ミストにレジオネラ菌がついて、肺炎の原因にもなります。
気をつけるというよりも、普通に清潔にしておけば大丈夫です。
吹き出し口が、ぬるぬると生物膜がつくほどに汚れっぱなしにするでしょうか?

私が言いたいのは、レジオネラが怖いから加湿してませんでした・・・・・という言い訳のうさんくささなのです。

| 八歩 | 2009/01/22 18:27 | URL | ≫ EDIT

No title

そうでしたか。子供が幼児のころ、医師に注意されて、加湿器はしまいこんでいました。

ところで、湿度15%は、間違いだった、と、訂正されていましたね。都が発表したのでしょうが、あれだけ国民を怒らせておいて、こちらの報道は小さくて気が付きませんでした。

| michi | 2009/01/23 07:54 | URL | ≫ EDIT

No title

あの当時、空気が乾燥していまして、湿度が15%でした。
だから、加湿していなければ15%はありうると思いました。
濡れタオルを、都の調査後に下げた部屋もあるというかきかただったので、なんてズサンなんだろうとあきれたわけです。
そして、「どうせ人間はいつか死ぬんだから・・・・」という産経新聞の書き方にかチンと来たのです。

室温をあげれば、空気の保湿可能量が増えますので、温度だけを上げて加湿をしなければ、湿度は下がることがあります。

いずれにしても、介護施設や病院で普通に行われている予防措置がとられていないことに対して、ただ、だらしないだけなのか、それとも、老人は死んでもいいんだとおもってやっているかを明らかに師弟もらいたいとおもったのです。

| 八歩 | 2009/01/23 09:03 | URL | ≫ EDIT

No title

八歩さん

八歩さんのような常識あるかたが、最初の報道の非常識な内容にびっくりされ、ショックを受けられるのは当然だと思っています。私も驚きましたから。

我が家は、しまっていた加湿器をおもむろに取り出しました。なんだか喉が痛いような気がするので。

| michi | 2009/01/23 09:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/230-63da4218

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。