敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インフルエンザのぼやき

P1040517.jpg
今日は、国会で麻生総理大臣の所信演説があった日です。

テレビでちらと拝見しましたが、相変わらず、空疎な言葉の羅列に聞こえました。


これは、日ごろの彼の言動が、そう仕向けているわけで、もしかしたらいいことをかんがえているのかもしれないので、活字で再確認してから意見を述べたいと思います。


今日は、具合の悪いかみさんを病院に連れて行きました。

思ったよりも込んでいません。

この病院は、私の住むエリアでは一番と言っていいほどの人気クリニックです。

以前、鶴川サナトリウム病院で何人もの高齢者がインフルエンザで死んだこと、そして、産経新聞のコラムが、「年寄りはいつかは、死ぬんだから・・・・・それに、自費で払う四千円ほどの費用負担の問題もある」と書いてあったことに、憤慨して一項を書きましたが、高齢者医療証を持っていくと、減額してくれるところが多く、私の住む地域では千円です。

県と市の高齢福祉課の方は、よく施設を視察して、高齢者虐待が行われていないかどうかのチェックをするわけですが、ぜひ、ポータブルトイレの清掃、入歯の適切な手入れと入歯があわない場合の歯科対応や、インフルエンザの予防接種なども、怠れば虐待だよ、として指導してもらいたいと思います。

特に、入歯の作り直しや、予防接種は、医療費がかかることから、一割負担も嫌がる家族と、医療保険崩壊から少しでも高齢者には使いたくないという医療行政の両面攻撃を受けるかもしれませんが、高齢福祉課は、高齢者のために適切な指導をおこなうべきであり、家族の顔色を伺ったり、医療行政の片棒を担ぐ必要はないと思います。

日本全体としては、高齢者に早く死んでもらおうという、方向性が見て取れるようで、それはそれで、とても問題を含んでいるわけですが、高齢者福祉に携わる人が、「実は、年寄りは早く死んだほうがいいんだよね~」という行動をとってはいかんと思うのです。

老人ホームで医療行為をしてはいけないといって、寝たきりの人の痰の吸引すら認めない医療行政と、それに文句をつけない介護行政の両方に、「カツ!」といいたいです。

また、ご自宅に、高齢者医療の対象となる方がいたら、今の制度の大枠を理解しておかないと負担だけが増えるかもしれません。

でも、きょうのところは、ぼやきにとどめておきます。



医療と介護のことを本で調べる
 








お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら



スポンサーサイト

| 心の悲鳴 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/238-f9d1b577

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。