敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

医療・介護事業崩壊に思う

私は、FXは今のところ勉強中、まだ、口座も作っていないしまったく手出しをしていません。
しかし、生活者が大切なお金を大切に運用するという視点から、非常に良く考察されたブログを毎日愛読しています。
筆者は、ゆむさんという、子育て中の専業主婦です。

FXのことを書いたブログは数多ありますが、この方の視点は非常に正確でぶれがないと思って感心しています。

メルマガも無料で送ってもらっています。

今日、このブログを取り上げたのは、介護ビジネスに欠落しているものを、ゆむさんがズバッと指摘していたからです。


http://yumufx2006.blog108.fc2.com/blog-entry-315.html

最近「顧客本位のサービス」などという言葉をよく聞きます。 ただ、顧客にとって得になる戦略をとった結果、会社にとって大きな損失になってしまった、というのでは、最終的に顧客の為になるものではないと思います。
昨年、鳴り物入りでサービスを開始した「トレイダーズFX」という会社さんがありました。
「ドル円スプレッド0銭」として「顧客本位」を追求したサービスを提供した結果・・・取引開始から半年もしないうちに廃業となりました・・・・



介護事業者の中で、職員の働きに見合う給与を払っていると胸を張れる人がどれほどいるでしょうか?
きつい、きたない、感染症などの危険も常に付きまとう。
それでいて、国家資格まで取ったヘルパーが年収300万円以下(税込み)というのは不思議です。

その結果、プロの介護者は育ちにくく、日本人の有資格者は、介護以外の仕事についています。
低賃金の外国人に高齢者の施設介護をお願いしなくてはならず、日本人同士でも、意思の疎通が難しい介護の現場に言葉の不自由な外国人が入ってくる、その苦労は想像を絶するものがあります。

おむつ交換や食事介助は誰にでも出来そうですが、実は、介護される高齢者の精神的な受容がなければできません。
するほうも、されるほうも、感情の豊かな人間です。


食事介助や入浴介助の拒否は、私も何度も経験があります。
若いヘルパーが泣いていたので、どうしたのか聞いたら、強烈な悪口を言われて、介助を拒否されていたということがありました。

入浴介助で、「あんたは下手だからいやだ」といわれたり、面会に来た家族に告げ口されたりします。

だから、介護の現場に定着する人は少なく、一般事務など、別の業界の求人に流れていったのです。そっちの方が給料もいい上に、夜勤もないからです。

こうなってしまったのも、あまりに低賃金だからです。
介護保険制度を始めるときに、介護というものを、とてつもなく甘く見てシステム設計した結果です。

介護報酬は、9割が介護保険から、そして一割が自費です。
極言すればヘルパーの給与の出所の大半は介護保険なのです。

ということは、ヘルパーの待遇改善も、国がその気にならないかぎり出来ないということです。

今、崩壊の危機に瀕しているといわれる医療・介護は、ビジネスとして成り立たなくなっています。

ここに供給されるお金の多くは公的資金です。
ビジネスとして成り立たせるためには、国がなにかしない限りどうしようもないということです。

介護事業を、事業として成り立たせるためには、人材が競って集まるほどの待遇が可能な給付を行い、それに対して不正がないかどうかをチェックする必要があります。

今のチェックは、記録漏れやマニュアルの欠落があるとそれをネタにして給付金額を削減(返還)するためにされています。
悪質な業者はつぶしても構わないという、正論の陰に、良心的な事業者も押しつぶされかけています。

医療・介護事業を成り立たせるにはどうしたらいいのだろうか、という視点を国が持たない限り、医療も介護も、崩壊の一途です。

お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら





スポンサーサイト

| 世直し提言 | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/241-507b30d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。