敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

郵政民営化の是非を議論する場合か?

麻生総理大臣の、郵政民営化に賛成だったか反対だったかが大問題になっている。

このひとには、その場しのぎのことばが多すぎる。

お金持ちが、給付金をもらう行為は「さもしいのか」それとも「さもしくない」のかもごまかしたままだ。

麻生総理大臣自身がうけとるのかどうかもごまかしたままだ。

だいたい、最大の課題、というのが多すぎる。

総務大臣として、「自分が郵政民営化の担当者だ」と総裁戦の最中にテレビで発言したのに、国会では「担当ではなかった」とあれだけ強調して、だれがうそをついたか、なぜそんなうそをついたのかもごまかしたままだ。


「景気対策が最大の課題だ、選挙なんかやってる場合か」
と言ったかと思うと、別の場所では
「アメリカやヨーロッパに比べて、日本は甚大な被害といえるか?」
という、ぬるま湯発言。

どうせ、これも弁解するのだろうけれど、総理大臣というよりも、放言弁明担当大臣とでも言いたい。

郵政民営化や、分社化については、諸所議論があったが、

巨大な郵政事業をいくつかに分けて民営化をするかどうか、

という争点の総選挙をやり、議員の資質が危ぶまれるようなおにいちゃんまで含めて、みんなが当選したわけで、民意は、

「民営化、小泉さんのいうとおりにすすめなされ・・・・」 というものだと理解しています。

国民は馬鹿じゃないから、そういうことくらいは理解して、記憶しています。

麻生さんは、評論家として国会に招かれているのではなく、どうやって民営化の効率を上げていくか、国民が得をするように民営化を進めていくかを行う行政のトップなのに、それがわかっていないんですね。

あの当時、賛成ではなかったが大臣でいたかったし、妥協できる範囲だったので妥協しました、しかし、今となって、選挙で負けそうだから、もう一度郵便局の集票力を期待して、甘いこともいってみましたが、こんなにたたかれるなんて思いませんでしたww ということではないのか?

百歩譲って、あとから弁明したように、進み具合にあわせて修正するというので一応賛成した、というのなら、つべこべいわずにさっさと進めろ、といいたい。

その過程で、資産の不透明な売却の、国民の財産を失うような行動をとったという疑惑がある規制緩和の委員たちや郵政事業の役員を国会に招致し、疑惑の膿をひねり出して、疑惑を晴らし、さっさと解散してもらいたいです。

麻生さんが弁解を上塗りして、そのつどほころびをみつけるのは疲れました。

もうすこし、上手な弁解をしてくれ~~。

放り出して、小池さんでも、中川さんでもひきとってもらって、そこで選挙してくれ。

このままじゃ、民主が楽勝過ぎて、もっと議員の資質のない議員が大量発生しそうで、それが怖いです。



お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら



スポンサーサイト

| 世直し提言 | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/245-2c8ffca2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。