敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

看護疲れの感情爆発

私にブログの設定の仕方や、ランキングの参加の仕方など、いろんなことを教えてくれるネット友達のSNS日記に、同居しているお母さんが急に具合が悪くなったので、病院で付き添っていて、今は携帯から日記をアップしているということが書いてありました。

平癒をお祈りしますという、まあ、当たり障りのないコメントを書き込みましたが、病院の付き添いは、私もなんども行いましたが、特にすることがあるでもなく、とても退屈なものですね。

そして、居眠りをしているところに、検温だなんだと入るから、一日でもくたくたになります。

⇒続きを読むまえによろしければ認知症の物語を[八歩]




その友達は、最初の夜は彼が詰め、翌日は奥さんが泊り込んだそうです。
おかあさんは、小康状態だと書いてありました。

そこに、実の娘である、彼の妹がやってきて、話がこじれました。

「私の母親にひどいことをして! 指一本触れさせないぞ!」と言ったらしいのです。


ここまでしか書かれていないんですが、私もどこか似たような経験を老人ホームでしました。

認知症で、かなり攻撃性のつよい男性の入居を引き受けたことがあるのですが、別居している娘が、老人ホームにいれることをこころよくおもっておらず、入居のときに、施設長の前職は何かとか、看護師は社員なのか派遣なのかとか、食事の写真を過去からずっと見せろとか、あれこれと注文を付けられました。

この娘は、家をもらった長男と嫁が最後まで家で面倒を見るべきだと思っていました。

私は、在宅でよく、この方、転倒骨折もせずにやってこれたな、と感心するくらいに急に立ち上がったり、手元のものを投げつけたりする人でした。

長男も、お嫁さんも疲労困憊しているのが良くわかりました。

そのときにも、「私の父なんだからね」というすごいせりふをこの娘から聞きました。

わたしは、その叫びを、日ごろ親不孝しかしていない娘が唯一すがれるものが、血のつながり。
それを持ち出して、お嫁さんと戦おうとしているのだなと思いました。

この娘は、何かあったら自分に一番に連絡してくれ、というので、そのようにしました。
攻撃性のある認知症の方の場合、家族にしょっちゅう連絡を取る必要があります。

そうしたら、二三日で、もう音を上げました。

そして、ヘルパーの数が少ないんじゃないか、と言いがかりをつけてきました。
なんと、県の高齢福祉課に電話して、老人虐待の恐れもあるから、至急立ち入り調査してほしいと通報までしたんです。

そりゃ、なれない施設にうつったんだから、「帰りたい」といいますよ。

でも、それに慣れてもらわないとならないのに、娘がかく乱するんですね。



今回の私のブログ友達のケースがどうだかはわかりませんが、認知症のおばあちゃんが、お嫁さんの悪口を、思いつくままに娘にして、娘は、母の気に入るようにしてあげたら「やっぱり、実の娘はいいねえ・・・・」という話にでもなったのではないかと、勝手に推測しました。

認知症の方も、昔のことはよく覚えていたりしますので、会話は成り立つことがおおいんですよね。

でも、なぜ今、病院にいるか、とか、お嫁さんがどれくらい献身的に尽くしてくれたかということは、記憶できないんですから、感謝も出来ません。

認知症って、本当に、悲惨です。

ただし、周りの人がみんな、一応で結構なので、認知症のことを理解していればこんなことにはならないと思います。

このブログが参加している、介護ブログのランキングを見れば、認知症の高齢者を在宅で介護して苦労している人のブログがいくつも読むことが出来るんで、そういうものをちら見でいいから読んでおくのはとても参考になります。

別居している実の娘が、お嫁さんの敵になるのが、こういうケースにときどきあります。


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら



スポンサーサイト

| 認知症 | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/258-d4c74e5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。