敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

老人ホーム入居者の外出


老人ホームの入居者の希望で、ファミレスに出かけることがあります。

カラフルなメニューを開いて、さあどれにしよう、何にしよう。

あれはいやだ、これは食べきれない、これが付いてるからお得だとかなんとか、まあ、なかなか、決まらないこと・・・・・

迷うこと自体が楽しいのですから、これでいいんです。




うな丼ミニセットで、かき揚ソバ付き、なんていう地味目のところに落ちつくとしても、

「グラタンも好きだ」とか、
「スパゲティはアンマリ好きではない」とか、
「ご飯は皿ではなく茶碗でもらえるのだろうか」、とか、

注文するだけでも、相当に頭を使います。



日ごろ、何にも考えなくていいようにお世話していることが、本当にいいことなんだろうか? 

ふと思います、ね。


このような外出は、入居者の家族がしてくれるのが一番いいんです。

万一の事故のときの責任のことを考えると、親切心だけではやり切れません。

職員が
「わたし、非番の日にボランティアしたいです」

といってきても、即OKは出せません。

高齢者は、刺身などの生ものを食べると、お腹が痛くなることがあります。

べつに食中毒ということでもないのですが、生もので起こりがちです。


でも、たまにはお刺身が食べたいというのを、止めるのもどうかと思います。

でもね、施設職員が良かれとおもってやったことを、家族が「なんで、こんなことをしたんだ」とねじ込んでくることはよくあります。

ファミレスの外食では、こんな確認書を家族と交わしました。


・外出介助(自費)として、業務として受けます

・食事代、入場料等の費用は、職員の分も負担してもらいます

・安全確保に努めますが、掛け捨ての保険に入ってもらいます

・体調が悪いとホーム長、看護士が判断した場合は中止します


ということで、事前に打ち合わせをし、おおよそのコースを決めて、時間を決めて行いました。


二人の外出に二人ついて、施設の車でお出かけです。介護タクシーよりも安くしましたが、きちんと利益の出るようにしました。

3時間の外出で、お祭り、デパートの物産展見学と試食、おみやげ購入、ファミレスで何かたべて帰還というプランです。

一人当たり一万五千円くらい見込んでもらいました (たしかそのくらい・・・)♪



職員には、入居者が頼むものよりも安いものを頼みなさいといってあります。

そうしないと、結構非常識な (・・・悪気はないんだろうけどwww)若者だと、

「あ、おじいちゃんのおごりかぁ、じゃ、めったに食べられないこれにしようっ!」なんてことが、ありましたからね。

最後の外食になるかも知れないんだぞ、と思うと、家族に連れて行ってあげてほしいと思うのですが、

「忙しいからそこまで時間は取れない、一万五千円は高いけれど、人件費ですね、介護の仕事なのに結構高いんですね」

なんて厭味を言われます。

「介護の仕事なのに・・・・・」って言われると、困ってしまいます。

お金の出所は、介護保険か、利用者家族しかないんです。

そして、介護保険からは、こんな外出の費用なんてだしてもらえないのですから。


職員を二人貼り付けて、事前準備を万端にして、危険のないように施設が責任を持って行うのと、家族が「お天気がいいから、ちょっとコンビニに行こうか」といって、車椅子を押していくのとでは、ぜんぜん労力がちがうんです。

ホントは、こういうことをせずに、施設に閉じ込めておくのが一番楽なんですが、それじゃ入居者が退屈でしかたがないだろうということで、がんばったんです。

ご家族からすれば、人件費なしのボランティアでやってくれよ・・・・・でも、事故があったら、事業者の責任は取ってもらうからね・・・・飲食や交通費の支払いは、本人にかかった費用のみにしたいけど、まあ、同行者の分もしょーがないなあ、安いのを注文してくれよ・・・・・、というのがご希望なのでしょうね。

それだから、介護事業で不正請求がまかり通るし、サービス残業が公然と要求され、職員は別の業界に移るワケです。

介護が、ボランティアでしか成り立たないのだったら、介護保険という制度自体が、設計ミスだと思います。

もうしばらくしたら、私自身が、このぼろぼろの制度のお世話になるのだと思うと、うそ寒い気がしています。


参加してます。
応援クリックをお願いしま~す。

ブログランキング・にほんブログ村へ









情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました→でんのら







スポンサーサイト

| 介護事業の楽屋裏話 | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/26-ccea2c28

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。