敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

認知症と暮らす

非常に気の重い話を書こうと思います。

このブログにコメントをくれたことから時々、メールで認知症のおばあちゃんに手を焼いているという愚痴を聞いている友達がいました。

最初のうちは、「たいへんだね~」
「デイサービスに3日くらい行くようにケアマネにお願いしてみたら?」
とか、「少しはご主人にもお世話をさせたらいいのに」

なんていう当たり障りのないことをやり取りしていました。

しかし、最近もらったメールを見ると、困った振る舞いに対して、おじいちゃんとご主人が、怒ったり、頭をゴツンと叩いたりしていると書いてありました。

あざが出来るような叩き方ではないと書いてありましたが、なぜそんなに怒られたり、実の息子に頭を叩かれたりするのかも理解できない、認知症のおばあちゃんが気の毒でなりませんでした。

こういう暴力は、だんだんエスカレートしてくことが多いです。
そういうことが多いことは、介護に携わる方なら先刻ご承知のことですね。

デイサービスに目の下に青あざをつけてきた人も何人もいます。

だれから殴られたのかも覚えていないんですが家族です。

私は、その方に「老人ホームに入れてあげることは出来ませんか、そこならおばあちゃんは叱られたり叩かれたりせずにすみます。今の状況は、生き地獄ですよ」と申し上げたのですが、「人の性格は簡単に変わらない、叱らないでと私が言っても主人は変わりません」というような返答がきました。

部外者のわたしにそこまで言われることが不本意であるのかもしれないと思いました。

しかし、そういう立ち入ったことをいわずにはおれないような現実を書いてきて、それに対して「老人虐待だよ、なんとか止めなさいよ」というのが当然だと思っています。

認知症の高齢者を大切にしないと、次の世代の若者も育たないと思うのですが、私にはどうして上げることも出来ないのです。

無力ですね。

こんなブログを書いていることもいやになります。

ブログを書いているから、質問が来て、答えているうちに、かぞくのことなどの愚痴もきいてあげるようになり、そして、虐待の萌芽みたいなものを書かれて、そして、おしまいです・・・・・・

非常に後味の悪いお別れの仕方になりました。

おじいちゃんが声をかけてもまったく反応しないから、それに対しておじいちゃんはいっそう怒るのだということを書かれていて、そこまで心を閉ざす何かがすでにあったのだなと思いました。

私が老人ホームの事業責任者をしていた頃に、完全に心を閉ざして、おびえていた小柄なおばあちゃんを思い出しました。

実の息子に、叩かれる母親はかわいそうです。
そういう風にあなたが育てたんですよ・・・・・といって、自己責任といいたくないんですが、救いの手を差し伸べられない私はとても無力です。

今日は、落ち込んで書いているので、応援ポチはしてくれなくて結構です。
いつも応援ありがとうございます。




スポンサーサイト

| 認知症 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/261-65cbfffa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。