敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

老人収容所「たまゆら」

行き場のない老人が十人焼け死んだ「たまゆら」のことは、覚えています。

といっても、いったことがあるわけではないのです。

東京都から生活保護を受けて、介護保険の使える、まともな老人ホームに入ることはきわめて難しいのです。

そのため、私が運営していた老人ホームにも、以前からいた生活保護の方は、都からのお問い合わせによって、退去させられるかもしれないということになりました。



老人ホームにいること自体が贅沢だというわけなんです。

月額十数万円で食事ができて寝られるところ・・・・・・が、老人福祉法の人員規定を満たせるわけがない。

私のところは、やりくりしてぎりぎり満たしていました。

ヘルパーがやめて、欠員になりそうなときは、本社から私や部下がヘルパーとして手伝いに行きました。 日ごろ接してはいないからコミュニケーションはとれないですが、徘徊脱館防止と危険防止の見守りのためです。

おんぼろビルだけれど、消防の点検が来ては、誘導板をつけろとか、脱出はしごが腐食しているから付け替えろとかいわれて、やってきました。

人員基準を遵守して、税込み300万円という、安い労働賃金(これでも、介護業界では上位に来る高賃金なんですよ)を払うと、生活保護の人は住めないんです。

でも、すんでいるということは生活保護を受ける資格はありませんね・・・・というのが行政の理屈。

そうなると、この人の行き先はどうなるんだろうと思ったら、ケアマネがおしえてくれたのが、「たまゆら」などの、無認可の老人収容所の存在でした。

そういうところの実態をみたことがあるというケアマネに聞いたところによると、狭い部屋にベッドをたくさん置いて、一応カーテンはあるものの、便所の古タオルのように汚れきっていて、少しでも徘徊すると、危険防止という名目で拘束(ベッドにくくりつけ)をするのだそうです。

認知症の人は、自分が何をされているのかもわからないのですが、人権は奪われています。

こういう無認可の施設のベッドに縛り付けられている人たちを救うのが老人福祉法の精神であり、それを行政は誠実に実施するために給料をもらっています。

それなのに、縛り付けられた老人たちの実態を見て見ぬふり。



早く死んでほしいと思っている家族は、お金があっても、こういう無認可施設に親を預けるといいます。

早く死んでほしいと思っている行政も、こういう施設に生活保護の高齢者を放り込みます。

東京都や、墨田区は私以上に本当の実態を知っていて、知らないふりをしています。

墨田区は、福祉に回すお金がもったいないから、絶対に新規の老人ホームは作らせないということを、新規のホームつくりを検討してた私に、コンサルタントが明言したことを思い出しました。

東京都でいうと、世田谷区は、なんとか工面して少しづつでもホームをふやそうという努力をしていると聞きましたし、引き合いも数件ありました。

墨田区は、とにかく、他所におせわになるという方針らしく、周辺の行政機関からも問題視されているとケアマネから聞きました。
コンサルも同様でした。
介護不毛の区、それが墨田区のようです。


墨田区の介護関係者の明確な告発をしてもらいたいと思います。


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ



応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら






スポンサーサイト

| 介護事業の楽屋裏話 | 08:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

報道で無認可ということばかりが殊更言われていました。
行き場所が無いからしょうがなく、なんて認識でしたが行政も知っていて目をつぶっているという実態があるとしたらとんでもないことです。
福祉切捨ての時代を象徴するような記事で、私も考えさせられました。

| nana | 2009/03/23 21:26 | URL |

No title

行政は知っています。
私が責任者をしていた認可を受けているほうのホームでは、監査に来る一ヶ月前に予告がありますが、その間に、体裁を整えておけばいいのです。
ここも、老人福祉法の監査対象になっていて、監査しているはずです。もう、その書類は、大慌てで廃棄処分にしたんだろうな、と邪推してます。

| 八歩 | 2009/03/23 23:10 | URL | ≫ EDIT

結局・・・

ご無沙汰してます・・・
無認可の老人ホーム・・
そういや無認可の保育所とかも問題あって色々騒がれてますよね。

結局国がしっかりしてないから・・数が足りない・・お金がないから・・
無認可でも仕方ないという状況を作り出してるとしか思えない。

介護認定の改正にしても、少しでも支給を抑えるためにしてるし。。

話変わって・・障害者自立支援法にしても・・
授産施設でわずかなお金を稼ぐために働いてる人に使用料払わせるって。。

なんでこんなに福祉に対して積極的じゃないのかなってつくづく思わされます。

| tweety | 2009/03/25 22:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/266-b99db6db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。