敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タテ割り行政を言い逃れにしている役人は悪徳です

老人収容所「たまゆら」について書いたところ、以前からのブログ友達お二人からコメントをいただきました。

ありがとうございます。
コメントは、励みになります。




報道で無認可ということばかりが殊更言われていました。
行き場所が無いからしょうがなく、なんて認識でしたが行政も知っていて目をつぶっているという実態があるとしたらとんでもないことです。
福祉切捨ての時代を象徴するような記事で、私も考えさせられました。





ご無沙汰してます・・・
無認可の老人ホーム・・
そういや無認可の保育所とかも問題あって色々騒がれてますよね。

結局国がしっかりしてないから・・数が足りない・・お金がないから・・
無認可でも仕方ないという状況を作り出してるとしか思えない。

介護認定の改正にしても、少しでも支給を抑えるためにしてるし。。

話変わって・・障害者自立支援法にしても・・
授産施設でわずかなお金を稼ぐために働いてる人に使用料払わせるって。。

なんでこんなに福祉に対して積極的じゃないのかなってつくづく思わされます。




引用終わり

腹立たしいことですが、役所の人間が仕事をしないからこういうことになるんですよね。

監査は抜き打ちでやれ!
改善報告が出されたら、抜き打ちで本当かどうかをチェックしろ!
そして、うそ報告だったら、びしりと行政処分をしろ。

それだけでいいんだと思います。

処分された結果、老人の行き場所がなくなるじゃないか・・・・・というのは、厚生省の考えること、消防署の考えることじゃない。

タテ割り行政の「よさ」を生かしてほしいです。


ところが実態としては、そうやって、お互いが

「しかたないんだよね・・・・」と緩めあうから、弱いものに、被害が出るんです。

民間人が役所の金を盗んだら逮捕されるでしょう・・・・それなのに、なぜ、役所の人間がそういうことをしたら、逮捕されずに、せいぜい懲戒免職になるのか・・・・・わかりません。

監査の日にちをリークしたら、事前に見られて困るものは隠すのがあたりまえでしょう。
時間を与えるから、書類の矛盾はないようにしといてね、といわれているのと同じです。

いや、「書類の体裁だけでも整えて置いてください」と監査官からしゃあしゃあといわれたこともあります。

このブログを読んでくれている方には介護の関係者が多いと思いますが、皆さんの勤務先は、監査の予告をうけてから、ベッド周りの柵の数を減らしたり、拘束の変わりに強力な睡眠剤に変えたり、消防署が来る前に、通路のダンボールを一時的に相談室に移したりしていませんか?

看護師がいないときも、出勤したことに調整したりしていませんか?
夜勤のときに、仮眠を取っていますかという質問に、「はい」と答えるように強要されていませんか?

それって、私はそうせざるを得ない現実があったからしていましたし、前もって立ち入りを連絡してくれる行政には感謝していました。

仮眠はとれませんね。
それは、会社がわるいんでもなく、あなたが悪いのでもなく、国が設計した施設介護の基準という設計ミスなんです。

ホームの老人が死んでもいいとおもって設計しているとしか思えません。

24時間、本当に医者と連絡がつきますか?

インシュリンの注射は、本人か看護師が打つことになってますが、それで朝の忙しいときに本当に皆さんに応対できてますか?


そういうことを、記録上体裁を整えるのには、時間が必要です。
監査の前に予告をくれるのは、わたしのところが優良な運営をしているからだろうと勘違いしていました。

夜勤のときに老人をおもちゃにしてひどいことをしたヘルパーの所業をまとめて、県に報告し、解雇したことがありますが、彼女は別の介護施設で今もヘルパーをしていると聞いたことがあります。

県の高齢福祉担当の方に、それでいいのですかと、聞きたいですね。

「公平」に、ちょっと勘をはたらかせればおや? っとおもうような業者のところでも、お座なりな、等閑な監査をしていたんですね。

まだ、老人を家族の合意のもとに、檻に閉じ込めているに等しい無認可の老人収容所がたくさんありそうですね。

いつから、この国では、子供が望めば、認知症の親は監禁してもいいということになったんだろう?

老人福祉法のどこをどう読んでも、そういうことにはなりません。

「でも、国もお金がないし、頭数だけなら今の給料でも、行き場のない人がやめずにやってるし、よっぽどの事件や事故がない限りマスコミも取り上げないし・・・・・・家族も、ことを荒立てないし・・・・・・」と、警察も、消防も、市の職員も県も国もそうおもっているとしか考えられません。

告発は、自分の施設や事業所を裏切ることになると思う気持ちはわかりますが、そういう困ったことを、システム的に修正していく責任は国にあります。

見て、見ぬふりをしていると、自分も同義的には同罪だと、私は思います。


お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


応援ありがとうございます


情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら




スポンサーサイト

| 介護事業の楽屋裏話 | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/268-116690c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。