敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

麻薬汚染列島

酒井法子が10歳の子供とともに行方不明と聞いたとき、絶望のあまり子供を道連れに自殺などしなければいいが・・・・と私は思いました。

でも、子供をもっている母親はぜんぜん違う見方でした。

馬鹿な亭主が何をしでかしたって、それで子供を殺すわけがない。ということでした。

なるほど。そりゃそうだ。


だからきっと、マスコミに追い掛け回されるのがいやで、姿を隠しただけだろうと言っていた。

何にも悪いことしていないのに気の毒だよね、という見方しかしていませんでした。

なぜか、酒井法子が覚せい剤をやっていたかもしれないというのは、私も、かみさんも、全く考えませんでした。

麻薬撲滅キャンペーンや、一日警察署長など、そういうキャンペーンおばさんのイメージがあったからです。


それなのに、自宅で覚せい剤を吸引していたようだという!

びっくりです。


子供がかわいそうですね。

一体、逃げおおせるとおもっているのかしらんけれど、子供は捨てられたと思うでしょうね。

罪を悔いて、罪を贖ったうえで、大切だといっていた子供のところに一刻も早く帰ってやろうというのが親だと思うんです。

凄くがっかりしました。



覚せい剤や合成麻薬など、そんなに自分の脳を玩具にして面白いのかなあ。

両親が覚せい剤で捕まる、この十歳の子が不憫でなりません。

クリックお願いします。
すっごく下のほうにいるので、少しもちあげてください、よろしくお願いします。



blogram投票ボタン











にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

スポンサーサイト

| 心の悲鳴 | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/280-360ce548

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。