敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日から九月

昨日の関東地方は暴風。

一転して九月に入り、さわやかな朝を迎えました。
コオロギの鳴き声と蝉の鳴き声がまじりあって、ひんやりとした空気が忍び込んできます。

これが秋なんだな・・・・目に見えるのは、真夏と区別のつかない青い空だけど、肌に感じる風と、虫の鳴き声・・・・

これって、

 秋が来たとは・・・・・目にははっきりとみえないけれど・・・・・風の音にハッと気がついちゃった

という千年前の和歌のことですね。

そうかそうか、風の音というのを、なんとなく、文字通り風の音、と思っていましたが、風の肌触りと、虫の鳴き声の変化 こういうものじゃないか とおもったんです。

ま、古典文学の研究家でもないし、歌人でもない私の珍解釈だとおもいますが、蝉の声と、コオロギの声が混じるようになると、秋を感じます。

blogram投票ボタン



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
スポンサーサイト

| のんびりと | 07:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/295-f7ea407e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。