敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入れ歯のお手入れ

otafuku.jpg

老人ホームには、歯科クリニックから定期的に往診に来てもらいます。

県に施設の届出をするときに、必須ではありませんが届け出るように求められます・・・ということは、実は、必須です。

県は、かかりつけ歯科医の欄が埋まってれば良しとします。
中身はどーでもいいというのがありありですが、介護の担当部署は医療のことには言及しないのです。

この、歯科を選ぶのも施設運営の腕の見せ所です。

介護施設の中には、ご近所の○○歯科、を選んでいるところが多いと思いますが、往診の施設内診療の準備が出来ていないところも多いと思います。

そういうところを提携医にしていると、歯の治療や入れ歯の作り直しのたびに、職員がそこに連れて行くことになります。

実際に連れて行くのではなくて、入居者に、あきらめてもらい、噛まなくてもいいような刻み食、ミキサー食に誘導している施設も結構あると思います。

非常に残念です。


職員が歯医者に同行するということは、施設内の人手が一人足りなくなることを意味します。

何をいいたいか、というと、歯科検診に来てくれる、フットワークのいい歯医者さんを選んでいない施設は、歯科衛生を軽く見ているということです。

私も、かつては、高齢者介護・医療において、歯科のウエイトは低いと見ていました。
しかし、それは大間違い。

口腔ケアなどに力を入れるようにしてから、入居者の食事量、水分補給量が目に見えて増えました。

これは、10ヶ所の老人ホーム全てに見られたことです。

そして、入院者の数が激減しました。
明らかに健康になっているんです。

それはそうでしょう。
口の中の状態がよくなれば、食事がおいしくて、またお茶などもほしくなります。

高齢者にとっては、食事と水分補給が順調であれば、健康管理の半分はクリアできたといっても過言ではないと思います。



入居者全員に、無料検診をしてくれるという訪問歯科の営業担当からの売り込みがありました。

そのときに思ったのは、こういう行事は、施設職員にとってもいい経験になるし、入居者にとっても、日ごろとは違う刺激になるということです。

実施してもらうことにしました。

職員には、専門家の目で、口腔ケアの状況を見てもらうから、入れ歯や歯茎磨きに心を配るようにという通知をしました。

約50人の施設で、無料検診をやったところ、問題なしが一割、定期的な口腔ケアが4割、入れ歯の作り直しなどの措置必要が5割という結果になりました。

そして、歯磨きや入れ歯の手入れは、他の事業所と比べて、大差ない、という所見もいただきました。

その所見にしたがって処置をするかどうかは、本人と家族がきめることなのですが、ここでも、変なことを言い出す息子というのが出てきます。 

前回紹介した人とは別の人ですが、ごちゃごちゃ言うのを、要約すれば

「もう、先の短い親に対しては、医療費をかけたくない」

ということです。

入れ歯を作り直すのに、自己負担は、まあ、4~5千円でしょうか・・・・・それが惜しいという。 

「その、費用を負担するのは、施設じゃなくて、家族なんですからね。」

なんて、おっしゃる。


財布のヒモは息子さんが握ってるかもしれないけれど、まだ、相続はしていませんから、財布の中身はおじいちゃんのものです。

「だったら、息子さん、貴方の口から、もったいないから入れ歯はあきらめなさいと言って下さい」

といいましたら、「過剰な医療行為を薦めているということで、市に苦情を申し立てる」

というので、

「どうぞ、どうぞ」

私は、いいました。

その後、なにもありませんでしたが、このおじいちゃんは口腔ケアも、入れ歯の作り直しもしていません。

出来の悪い息子の学習塾にはお金を払うけれど、父親の介護・医療にかかるお金はもったいないんだなあと思うと、高齢者の一番の敵は、身内なんじゃないかと思いますね。

がんばって書いてます
応援ポチをお願いします
(↓)

ブログランキング・にほんブログ村へ



ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます



でんのら">情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)でんのら



スポンサーサイト

| 入歯の話 | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/30-6b15daa4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。