敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1年前に書いたこと

1年前にこのブログに書いたことを読み返してみました。

こんなことが書いてありました。

1年前と少しも見え方がかわっていません。



命の重さについて考えてみた。

私が生まれ育った、昭和三十年代は、人の命が重かった。

身代金誘拐殺人事件が起きたとき、日本中が震撼し、憤り、そして、何年も何年もその卑劣さを語り伝えた。

年寄りというのは、60歳以上のこと。
そして、70までいきれば長生きの方だった。

命は短かった。

そして、命は重かった。



贅沢を言わなければ生きていく道はいろいろとあった。

だから、自殺する人は少なかった。

本当に動けなくて、お金のない人には、周囲の人が食べ物くらいはさしいれした。
だから、乞食はいたけれど、ホームレスはいなかった。


みんなが痛みを知っていた。

だから、苦しんでいる人の嘘と本当を見抜いて、本当に苦しんでいる人には助けの手が差し伸べられた。

今の行政は嘘が見抜けない。
嘘を見抜くという仕事は自分の仕事ではないと思っている。
だから、豊かな生活をしている生活保護もいれば、食べるものがなくて餓死する年よりもいる。



だから、私にできることとして、訪問介護ヘルパーをサポートする仕事に全力をつくしたいというのが、1年前とは違うところです。

この続きは、おりーぶラインのブログに書きました。

ぜひ、こちらに進んでください。



そして、民主党政権のスタート前夜・・・・・不安と期待。

1年前と、違う部分があり、そこに期待をするから、生きていけます。

国も、個人も。
スポンサーサイト

| 心の悲鳴 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/303-1ad483a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。