敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋の七草七野菜

春の七草は食べられるものですが、
秋の七草は食べられません。

しかし、食欲の秋といい、馬が太るとか サンマにミカンを掛けて食えとか、秋ナスは嫁と分け合ってマーボ茄子にしろとか、いろんなことをいわれるので、食べられる秋の七草(七野菜)を選んでみようと思いました。

だれにも頼まれないのに、自分で勝手に作るランキングってたのしいなぁ・・・・・

こないだも、美人棋士ベスト5 なんて、勝手に書いて囲碁のSNSにアップしましたけど・・・・
日記という形式はこういうときに便利です。


戻って・・・・・秋の七野菜。

野菜かどうかはしらないけれど、キノコ類ははずせないでしょう。
松茸・・・・・っていうと、恐れ多い感じがするので、松茸(輸入物)としましょう。

二番目は、芋類ですね。すべての芋がこの時期にまるまると太るのですが、芋の代表は…・
さつまいも。
ポテトっていうとジャガイモですが、漢字で芋というと、サツマイモが思い浮かびます。
いえいえ、私はサトイモが、とか、やっぱり山芋でしょう・・・
と言う人もいると思いますが、かなり少数派。

三番目は、ごぼう。
これだって、年中あるわけですが、秋が旬。柔らかくて、独特の香りがありますね。
調理が難しそうで敬遠する人がいますけど、ごしごしとナイロンたわしかなんかで表面をこそげおとして、乱切りにして出し醤油で煮るだけでも一品です。
こんにゃくや鶏肉、竹の子、人参などを追加していくと、ごく普通に筑前煮になります。

四番目は、レンコン。
これから冬にかけて、出回ります。
スライスしたものを炭火で焼いて、しょうゆを刷毛でぬって焦がしたものは、酒のつまみにもいいものです。
でも、普通、家庭では炭火はないから、ガスのグリルで焼きます。
すると、魚臭いんですよね。
残念・・・・
辛子を多めに混ぜたひき肉をボウルに準備して、レンコンのながいままでぎゅぎゅっと押し付けると、ぐいぐい、穴の中にカラシひき肉が詰め込まれていきます。
それを、一センチくらいに切って、ぼってりと衣をつけて揚げたのが好きです。
好きですというよりも、わたしのオリジナルですが、カラシレンコンの一種です。

五番目は、ナス。
秋ナスというくらいに秋のものですが、夏に近いですね。

と、五つだけは、もう、誰一人として異論がない、というもの(?)をあげましたけれど、あとの二つは、空席にしておきます。

それにしても、秋の野菜は、それだけでも一品の題名になるような、真打級ばかりですね。

春の七草は、ごじゃごじゃして、なんだかよくわからないので、ま、刻んでおかゆにしようか・・・・・
うまいものじゃないけど、縁起ものだから・・・・・
っていうノリなんですね。

秋の七野菜を考えてみて、その単品勝負力の違いに気がつきました。
まさに、実りの秋ですね。
スポンサーサイト

| のんびりと | 14:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/312-0be92f27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。