敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

敬老学のススメ

介護だなんだと言う前に、まず高齢化とは何か?
高齢社会とはどういうものか?
ということをきっちりと考えて言葉にしなくちゃならないな、ということに気がつきました。

社会が高齢化するって、そんなに悲惨でおびえなくちゃならないことなのかどうか。

ええ、もちろん、大変なことがたくさん起きるでしょうけれど、社会の高齢化を受け入れて、その上で相互扶助の仕組みを再構築するだけのことです。

1945年の終戦後にも、そういう大転機がありましたが、みんなが前向きな気持で試行錯誤した結果、当時夢見た、豊かな生活っていうものが構築できたわけですよね。

明治時代の自由民権運動だって、その結果大変な混乱はおきたわけですが、当時考えていたことは実現できたわけです。

今、世界トップクラスの長寿国となって、うれしいけれど、けっこう大変なこともある・・・・という考えに立つことが必要だと思います。

高齢者がそれなりに、生き生きと暮らして、人間らしく死んでいくという、サイクルを作り上げたいのです。

よく、「介護力」という言葉を聞きますが、高齢者で自立の人にとっては、社会全体が高齢化に対してのセンス、感度が上がることがありがたいことです。

これを、私は「敬老力」と名づけました。

高齢化するということはどういうことなのか?
老眼とは?
筋肉痛が二日目や三日目に出てくる理由は?
認知賞ではなぜ昔のことは思い出せるのか?
便秘を防ぐために何をすればいいのか?
よく使われる薬の知識。
いざ、もしものときに準備しておくといいものは?

こういう知識を、検定したらいいと思うんです。

題して、「敬老力検定」
今、漢字検定2級とか、履歴書に書くけれど、敬老検定2級・・・・・・ほお、優秀ですなぁ・・・・ということにならないだろうか。

というようなことを、友人と話していて結構盛り上がったので、日本敬老学界を立ち上げることにしました。

いまのところメンバーは二人ですが、今日これから賛同してくれそうな知人と仕事の打ち合わせをするので、彼も参加してもらいます。

たくさん巻き込んで、ほんとに、敬老学という学問ジャンルが出来上がったら、敬老学の祖ということになるかもしれませんね。

がんばろう^^

半分冗談半分本気です。

いまのところ、敬老学でググッてみると、このブログしか出ないはず。


さっき、特許庁に行って、「敬老学会」って言うのを商標登録したいんだよ・・・・とお話したら、学会は商標にはならない(きっぱり!)。法人格を作ってそれを法務省に登記するんです、と教えてもらいました。


スポンサーサイト

| 世直し提言 | 15:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

面白そうですね。ところで僕は敬う方?それとも敬われる方?

| 春海 | 2009/10/24 00:01 | URL |

No title

春海さん
ちょうど分岐点でしょうね。
若い人から席を譲られる可能性はあるけれど、よぼよぼのおじいさんが来たら、譲ってあげるでしょうから。

老人力というのが、本人の認識の問題でしたが、敬老力というのは、それを取り巻く世間の常識のことですので、まだいまのところ敬老力が足りていないのだと思います。

日本敬老学会を立ち上げるので、参加してくださいね。

| 八歩 | 2009/10/24 00:07 | URL | ≫ EDIT

期待!

敬老学と言うんで、めっきり少なくなった若年層の、お年寄りを敬う心、
自分が、今ここで生意気言っていられるのは、両親がいて、その親を育てた祖父、祖母がいるからなのだから、お年寄りを、大切にしよう!みたいな事を、広め養うためのものかと、思っちゃました^^;;

まぁ、それはそれで大切だと思いますが、これからも「より良く生き切るために」ブログ、沢山読ませて下さいね^^

| わかばマーク | 2009/10/24 21:41 | URL |

No title

若葉まーくさん
いつも応援ありがとうございます。

最近めっきり更新頻度がおちて、ドキッ・・・・ww

そうそう、ご先祖のことを、思って、今自分がいることを感謝するような、宗教学も敬老学の中では取り扱いたいですね。なにせ、学問としてまだ誰も手をつけていないので、やったもん勝ち・・・・・あ、こういうマーケティング的なセンスではアカデミズムは通用しないんですけどね。
これから、勉強すべきことが広がって、忙しくなりそうです。

| 八歩 | 2009/10/24 23:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/313-1ad0a2bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。