敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Tomorrow

山之内豊と菅野美穂が主演する医療ドラマ「Tomorrow」を見ています。 

地方の総合病院が、高齢者や手間のかかる患者を追い出すことをドラマ仕立てにしていましたがが、不出来な医療行政に翻弄される医療関係者と患者を上手に表現していると思い、感心して、つい見入ってしまいます。

ただ、残念なことですが、現実には、主演のお二人のような熱を感じさせる人を、医療の現場で見たことがなく、また、私がいた介護の現場でも、ほとんど、熱意なく、諦観につつまれています。

かかりつけ医の制度にしても、制度を作るのは結構だけれど、なり手が登場するような仕組み(=収益構造)を作らないと、介護保険制度の二の舞なると思います。



担当医には、「後期高齢者診療料」として月6000円の診療報酬が支払れることになっていますが担当医になるかどうかは医師の自由です。
そりゃそうだ、強制はできませんよね。

「複数の病気を抱える高齢者を1人の医師が管理できるのか」ということを考えると、また、診療報酬が定額制のため、「検査や治療をするだけ医師側の持ち出しが増えるのではないか」ということがあるため、なり手がいるのかどうか。

私が医者なら、「なりたくはない」、ですね。

私のような考えではないお医者さんがたくさんいるとでも、厚生労働省は信じているのでしょうか?



またしても役人の制度いじりにより、私たちが翻弄される可能性があると思っています。

さらに医療費抑制を進めるため、将来的には制度が変更され、必ず担当医を受診しなければならなくなるのではないか、と心配しています。


参加してます。
応援クリックをお願いしま~す。

ブログランキング・にほんブログ村へ









情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました→でんのら



スポンサーサイト

| 医療の楽屋裏話 | 07:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/32-25233d47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。