敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高齢者とコーヒー

kissatenn.jpg
8月にアップした、 「水分を取る効能について」 の記事ですが、秋・冬も水分補給の重要性はかわらないので、少々手を入れます。

中年を過ぎたら、水分を取ることを意識しないと、脱水症状に陥りやすくなります。

在宅の介護で、高齢者が夏場に急変する場合、水分の補給に家族が無頓着、介護者自身が

「さあ、あんまり、のどがかわかないから・・・」

ということが、よくあります。


のどが渇かないんじゃなくて、乾いたことを脳に伝える力が弱くなってるんです。

そこを意識しないと、介護者も健康を害します。



高齢者は夏場は特には、お茶、水、ジュース、と手を変え品をかえ、とにかく水分を取るべきなんです。そして、それ以外の季節でも、健康維持の目的で水分をとるべきです。

夏場の水分補給には目が行きますが、秋、冬も、空気が乾燥していますから、水分補給は忘れずに行いたいと思います。

老人ホームでは、毎日の水分摂取量を一人づつ記録しています。

食事の都度と、午前午後に飲み物を出して、目分量ですが、半分のんだとか、口をつけただけという記録です。一応の飲んだ量も書いてあります。


とにかく水気を取ることが重要、ということを介護者も強く認識してかからないといけません。

百歳万歳という、高齢者のスーパーマンを取り上げるテレビ番組を見ても、あまり取り入れることはすくないのですが、彼らの水分の取り方は参考になります。

自分でよく、お茶や水を飲みますね。



元気で、汗をかいて、ビールでもぐーっと飲みたいというそういう高齢者は大変結構なことです。

そういう高齢者になりたいと、思います。

でも、それは、体質もありますから、夢ということにしておきます。

空調された無菌室のような老人ホームで、退屈に過ごしている方や、在宅独居でヘルパーかテレビの声しか聞かないような生活の方は、水分をとることには無頓着な方が多いです。

水分を十分に取れば、排便も楽になり、食欲も湧きます。

それが、水分不足になると、便もカチカチになり、便秘になります。

当然食欲もなくなります。

非常に良くないめぐり合わせになります。

老人ホームでは、白湯や麦茶はいくらでも飲めるようになっていますが、白湯や麦茶には、楽しさがないです。

■ドリップコーヒーの効能

コーヒーを一杯ごとにミルで挽いて、ドリップしてくれる機械を置いてください、と業者さんが売り込みに来たことがあります。

話を聞いてみると、よくオフィスに設置してあるコンパクトな装置でした。

豆を継続的に買ってもらいたいということで、一杯当たり40円くらいでした。

マイカップを使い、砂糖やミルクを業務スーパーで買ってくればもう少し安くなります。
ドリップコーヒーが提供できる施設かぁ・・・いいなあ・・・・
正直のところ、相当迷いました。

入居者の方が希望するときに、コーヒーを一杯づついれてあげたら、喜ぶだろうなあというのが、取り組みたい理由。

しかし、一律に配給すると、一日50杯×40円×30日=60,000円 
よろこぶだろうという理由だけで月額60,000の出費は出来ないです。

希望者だけというと、コーヒーを飲まないという人から文句が出るだろうということも容易に想像がつきます。

そうしたら、ベテランの女性ホーム長が、
「一杯100円で、ご注文に応じて販売しましょう。喫茶店に行ったような気になれば大喜びです」

と発案してくれました。

「マクドナルドのコーヒーも一杯100円だし、それよりもいい豆を使って、ひとりづつ淹れるコーヒーが100円って、喜ばれるな」、と思いました。

「百円というのは高くないか」、という意見が、別のホーム長から出されましたが、世の中の常識から見て高いかどうかということで判断しました。

ロビーを、喫茶コーナーみたいにして、コーヒー好きの人に声をかけました。

事務員、ホーム長、そのほか手のあいた人が淹れることにしました。
自分の部屋でインスタントコーヒーを飲む人も、時々喫茶コーナーに来て談笑するようになりました。

全介助のため、家族が面会に来たときだけ、インスタントコーヒーを入れてもらっていたというおばあちゃんからはとても喜ばれました。

「忙しそうだから、なかなか頼めなかったんだけど、喫茶だったら、遠慮しなくていいねえ。」

そして、ロビーに漂う、いい香り。


豆を挽くときの、ウイーン、ガリガリッ という音と香りがとても良いのです。

その香りは、日ごろ眠ったような目をしているおばあちゃんにも届きました。


■じぶんのためにわざわざしてくれるという喜び

老人ホームでは、食事もおやつもみんな一律についてきます。
自分のオーダーで、何かが自分のために提供されることがあまりありません。

しかし、このコーヒーは、注文後に、自分のためにわざわざ豆が挽かれ、一杯づつ淹れられるのです。

この、「わざわざ、、、」という感覚がうれしいのです。

すぐに、ホームではルールを決めました。一日二杯まで、夕食後は提供しない(店じまい)と。

お小遣いから清算して、一杯百円をいただくのですが、遅い時間にたくさん飲んで、眠れなくなったりしたら本末転倒ですから。

家族が面会に来たときには、おばあちゃんが、

「私がご馳走するよ」

って、ルームサービスにしたりします。

コーヒーには800種類ものアロマが交じり合っているということで、記憶をクリアにして、気分をすっきりさせる効能があるそうです。

そして、私が気がついたもう一つの重要なポイントは、今の80歳くらいの人たちが、働き盛りだった頃、パン食、インスタントコーヒー、そして、喫茶店のコーヒーという記憶があり、とってもいい思い出とむすびついているということです。

コーヒーを飲みながら、喫茶コーナーで、若かったときのことを思い出しているおじいちゃん、おばあちゃんはとても楽しそうです。

夜遅い時間にコーヒーを提供するのは考え物ですが、入れたての、香り高いコーヒーにお砂糖をちょっと多目に入れてあげると、とても喜ばれます。

コーヒーを提供する職員から見ると手間が増えますし、家族から見ると、またお小遣いが減るような商売を考えおって・・・・と見る人もいました。

そして、原価が40円なら、せめて、50円にしなさいよ、という意見もありました。

でも100円です。

この利益が、ホームのイベント費用になります。

手間がかかるといわず、ホームでももっと、こういう 「一律ではないサービス」 を拡張すると良いと思います。
現場は大変でしょうけれど、全ては入居者の、変化に富んだ生活をつくりだすために。

在宅でも、ぜひ、コーヒーを入れて、おじいちゃん・おばあちゃんと昔の話をするというのを、日課にとりいれてはいかがでしょうか。

サンプルをいただいたら、酸味、渋み、苦味のバランスのよい、すばらしいコーヒーだったので、サントリーのBOSSを生み出した、コーヒーの話もみることができますので、
香琲工房

ここに紹介します。良かったらのぞいてみてください。




がんばって書いてます
応援ポチをお願いします
(↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます



情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました(click)
でんのら














スポンサーサイト

| お薦め食材 | 13:17 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

No title

こんちわ^-^

こちらからもリンクを貼りました。今後、よろしくお願いしますm(__)m それと、ひじょーにいーにくいんですが、ちるのブログのタイトル、訂正していただきたいんですが(^-^;;; 正式名称↓

$ADHD::traffic->[the surface of the water] ISM.

以上です。それとgoxiのほーですが、みなさんにちるから詫びがあったことをお伝え願えるでしょうか、、、「やめるにしても、順を踏むべきでした。みなさんにご心配をかけることになりまして大変、申し訳なく思っています」

| ちる | 2008/08/18 21:50 | URL | ≫ EDIT

No title

ちるさん、びっくりしたけど、幽玄でげんきに戦ってたっていうのもきいたから、あんしんしてました。
ブログタイトル、すみませんね。ずぼらしちゃったので、正しくしました。

何があったのかわからないけれど、スクエアだけがネット碁じゃないから、またどこかで合えますね。八歩は、幽玄は無料会員のため、待つだけだから、ちかずいてませんが、時間決めてくれたら行きますよ。よろです。

| 八歩 | 2008/08/19 11:38 | URL | ≫ EDIT

No title

とっても、いい案ですね…コーヒー!

ミミオでございます。

水分を2リットルとはよく言いますが
なかなか飲めないものですね。

ビールなら簡単なんですけど・・・

今日はコーヒー飲みながら応援ポチッといっときました。

| ミミオ | 2008/10/02 16:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/35-518ddc3e

TRACKBACK

消費者行政庁は、中古省をめざせ

消費者行政庁は、中古省をめざせ 消費者行政庁、野田聖子大臣が、蒟蒻ゼリーの事故の件を重く見ているようです。 過去に十数人がこの食品で、事故死しているということがその根拠らしいです。 しかし、他にもいろいろあり、ちょっと思い浮かべてみるだけでも、煙...

| トトロの森の管理人日記 | 2008/10/05 01:27 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。