敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しりとりどどいつ

皆さんおはようございます。

ネット碁の仲間たちと、しりとり都都逸というものをやっています。
もう、半年以上になります。

都都逸を作りなれている先生格の女性(多分70代)と、師範代格の男性60代、あとは、50代(私)、40代、30代、20代、10代というバランスのいい構成で、なんとなくポツリポツリと書き込んでコメント数が昨晩600に伸びました。

そのしりとり状況を、最近の作品から見ていきますと



 ■もどれぬおもいが もどかしすぎる もいちど もどれる ものならば 

 ■出会いと別れを 差引したら 一つ多いぞ ああそうか


60代男性

 ■惚れて振られて 惚れられ振って プラスマイナス ゼロのまま


40代女性

 ■すまぬと言わせて泣いてはみたが あたしも惚れちゃあいなかった



最後に掲出した、すまぬと言わせて・・・・
は、落語の高座でマクラに使ってもいいくらいの名作だと思うんです。
その作品の起点に私の「も、も、も」で始まる言葉遊びがなっているのがうれしかったです。

私の言葉遊びも、高校生の女の子の、淡い恋心を題材とした作品に触発されています。

こういう、緩やかなリンクは、知らないもの同士を気の合った仲間に変える力があることを、しりとり都都逸遊びで経験中です。


これは、最近の私の「怪作」

 ■Webでつながるご縁があって Googleearthの二人旅


口に出してみるまで、これが、7,7,7,5のリズムになってることなんて、気がつかないでしょう。
それがどうした? というところが、怪作の怪作たるゆえんです。


ひきこもり経験のあるらしい若い方の言葉を、ちょっと古い書き込みだけど、ご紹介したいのです。
これを読んだときは、うれしかったのです。

 ■閉じこもってた ここちよかった それがなぜだか もう狭い
 ■内側からしか 開かぬ扉 押してみようか 怖いけど

インターネットが、あたらしい無縁という価値を作り出すとしたら、その主役はやはり、人間なのだなという気がしてなりません。

無縁=インターネット時代の新しい縁
スポンサーサイト

| 俳句・川柳 | 07:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/360-9817b84e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。