敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大震災と放射能以外の話題

大震災と放射能が気になりますが、テレビがこの報道一辺倒でいいんだろうか? 
という疑問に駆られ、私は地震以外のことを書こうと決めまして・・・・
というと、最近の話題は、離婚相談室の高橋弁護士か、人権を守る生活保護の太田弁護士になります。

今日は離婚のこと、特に離婚調停について、すごく読みやすい文章をアップしている方を見つけました。


高橋弁護士が、離婚相談室をWebで立ち上げたのは、シングルマザーの養育費問題が、日本の子育て~若者育成の大きな問題として存在しているのに対して、弁護士としてなにができるか?
という問題意識からでした。
この先生は、人の話(ぐちゃぐちゃした話)を辛抱良く聞いてくれて、かなり的確な離婚調停の時の立居振舞い方を教えてくれます。
言ってみれば、離婚調停力をつけるトレーナーですね。
よく話を聞いてくれて、いざ調停(長い争いになるかもしれないスタート)では、頼りになる人だと思います。

女の人の立場に立って、離婚のことを語ったものは、Webでも本でも、読んだことがあります。

ただ、私が男性だから、男性の立場から・・・・・
それも、共感できるような書いたものを読みたいなと思って探してみたら、見つかりました。

文章に抑制が効いていて、読みやすく、すごく知的な感じがします。


家庭裁判所のお世話になったのは
20代半ばであった。
もちろん自身の離婚調停である。
子供の親権問題も含めて様々な問題があったせいか
半年以上もかかったが離婚調停の雰囲気にも随分慣れた。
ただ離婚調停のシステムにはかなりの疑問も残った・・・・・




http://www.ez-life-001.net/rikon.html

ぜひ読んでみてください。




弁護士からお聞きした、離婚調停の時の重要なポイントについても、実例をあげて書かれていて、
「なるほど、こういうことなんだな」
と思わされました。

スポンサーサイト

| 心の悲鳴 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/378-2387e423

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。