敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

めくら判

テレビドラマ「JIN~仁」。
幕末にタイムスリップした医師南方仁の活躍譚ですが、仁先生の新薬製造費用調達のため、坂本龍馬が悪徳医師から新薬のノウハウと販売権を担保に400両の借金をするという場面を例に引いて、じつにわかりやすく、またまたこの先生が契約のことを書いています。

http://blog.livedoor.jp/yamehan_bengoshi/archives/4677403.html

未成年者が親である契約者の承諾なしにダイヤルQ2を長時間利用して高額な料金請求を受けるというようなことも、この先生が判事だったころには多々あったようですし、常に、この手の問題が裁判の争点になるようです。

契約書は、お互いのイメージが完全にすり合った状態で結ばなければいけないな、と思いました。

でも、長々と、しかも薄くて小さい字で書かれてると、面倒くさくなるんですよね。

あんな読めない文字は読まなくていい、あの小さい文字の契約書の正当性を言い立てて勝った裁判はないんだとも言いますが、それはそれで、めんどうですよね。
スポンサーサイト

| 法律問題 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/383-2f9bbd6b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。