敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LEDはなかなか良い

朝から晴天に恵まれて、洗濯物が気持ちよく乾いていきます。

昨日、東京ビッグサイトに行き、住宅とリフォームの展示会を三時間ほど見てきたのですが、中国からLEDのライトを多数出品しているのが目を引きました。

私の懇意にしている電子デバイスメーカーでも、最近工場の証明をLEDに代え、現在もどんどん進めているそうです。
電気代をどんどん節約していくというのが、これから先の非常に大きな設備投資案件なんだそうです。
入れ替えるのに一千万円かかっても、電気代が現行でも二年半で元が取れるんだそうで、その後計算通りにいくならば、一千万円の投資で三千万円が儲かるそうです。

こんな投資案件、めったにありませんね。
しかも、電気代はおそらく上昇するし、企業向けに安価に設定されていた単価も見直されるだろうから、メリットは拡大する一方だ、という話を聞かせていただきました。

でも・・・・中国製は安かろう悪かろう、というイメージしかもっていなかったので、そこのところをおききしたところ・・・・・

LEDは、もはやほとんど日本では作っておらず、品質管理をきちんと指導されている数社(3社と言っていました)のものが、中国製としては少し高いが、良いものなのだそうです。

それは、LEDを使った安売りの商品ではなく(あれはすぐに壊れますよね)、選ばなければダメ、ということでした。その3社の中の一社と総代理店契約を結んでいる会社とも、懇意なので、もうすこし詳しく話を聞いてみようと思います。

といいますのも、消費電力の少ないLEDを、高齢者家庭の廊下や水回り、玄関などに、なるべく多用すべきという意見をもともと持っているからです。

でも、国産のOEDランプは高いし、安物は中国製ですぐにダメになるし・・・・・と思っていました。
中国も広くて、ダメなものばかりと決めつけないほうがいいですね。

国産メーカーは、中国製のなかで品質欠陥の少ないものを利用して、手元照明やスポットライトなど、光源の多様化を進めているようでした。

そういう予備知識を仕入れて見に行ったので、ことのほか興味深く見ることができました。

実は、その数日前に1500円で、LEDのスタンドを購入したのですが、明るく、本が読みやすくて良い買い物をしたと思いましたので、ご報告まで。

スポンサーサイト

| 世直し提言 | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/387-cef0c0bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。