敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近読んだ介護の法律の本

新・介護の法律入門 という本を読みました。
150ページにも満たない、小冊子という体裁だけれど、介護者が法律を勉強して、現場のケースに合わせて説明してあるから、実に読みやすいのです。

インデックス出版、梶原洋生 著。

宣伝を頼まれたわけではありませんが、出版社や著者を書いておいた方が親切だろうと考えて記載します。

介護職員を目指す人、介護職である人、在宅で介護をしている家族の人に、ぜひ読んでいただきたい本です。

いろんなケースの紹介も参考になりますが、法律家との付き合い方がぶれなくなるのが大きいと思います。


介護事業も零細とはいえ、企業ですので、最近注目している喜多村弁護士の「企業法務のススメ」でも、介護事業の諸問題について、取り上げていただきたいものだと思いました。

皆様のコメント次第では、そういう方向もありうるかもしれませんので、ぜひ、ご協力いただきたいところです。

今回、喜多村先生の取り上げたテーマは、広い意味でのドタキャン。
介護事業は利用者のドタキャンとどう向き合うか、が重要なテーマとなりますね。

それに対して、今日ご紹介した本や、喜多村先生のブログに回答があるわけではありませんが、介護関係者がしている介護業務は、法に基づいてやっていることで、善意を前面に押し出していくと、とんでもないトラブルに陥る可能性があることなども、書かれています。

ぜひ、お勧めします。
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/388-0a4a1ff1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。