敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

簡単カレーライス

かれー

学校給食でも、ファミリーレストランでも、どこでも人気のあるカレー。

8月に一度、アップした記事ですが、その後、あらたに、牛製品不使用のおいしいカレールーをみつけたので、この機会に少し手を入れます。

ヱスビーのゴールデンカレーは以前から、乳製品を使っていないことでも、アレルギーの関係者には良く知られていますが、とろけるカレーシリーズも、乳製品アレルギーに配慮して使っていません。

私は、自分に生卵アレルギーがあり、家族に乳製品の強度のアレルギーがあることから、こういう表示がとてもうれしいのです。

乳製品は優秀な食品ですが、とりたくない人のために、しっかりとした表示をしている会社は、応援したくなります。

ヱスビーは、食品偽装や株価操作といった、悪いニュースになったのを見たことがありません。

しっかりした会社なんだろうなあ、と思っています。

写真画像もとんじゃったので、掲載しなおしです。




中華の定食屋でも駅の立ち食いソバでも提供している、国民食ですね。

カップ麺でも、カレーヌードルはラーメンネットで調べてみると、35年の歴史を持っているようです。

このサイト、インスタントラーメン好きにはたまんない、楽しいサイトですよ。

八歩おススメです。



カップヌードルが登場したときには、使い捨てのカップ?

プラスチック製?

それを丸ごと捨てるの?

と好奇の目で見られ、四コマ漫画のサザエさんでも、取り上げられたものですが、その後登場した、カレーヌードルだなんだかんだというのは、もう驚かなくなって、気がついたらそこにいた・・・・・っていう感じです。



話をカレーにもどします。

意外に思われるかもしれませんが、老人ホームでもカレーは人気食なんです。


■カレー粉の香り

香りには、記憶を蘇らせる力があるようです。

いつも洗濯物のタオルをたたんで手伝ってくれる入居者のおばあちゃんは、日光をたっぷり吸った洗濯物の匂いが大好きです。



子育てをがんばっていた、オリンピックの頃の記憶 (オリンピックといえば、東京オリンピックのことです) を何度も何度も繰り返して聞かせてくれます。

コーヒーの香りも、同様です。

初めて喫茶店に行ったときはドキドキしたという話しや、砂糖をたくさん入れても苦味があって、最初は好きになれなかったのにねえ、という話をしてくれる方がいました。

カレーの香りの話だと、

「あのね、あたしがカレー粉とメリケン粉を炒め始めると、家中にいいにおいが広がって、ね。表にも匂うの。そうするとね、長男が、遊びに行ってたのが帰ってきて、カレーだねって言うのよ。お代わりを何杯しても、いいように、たくさんつくって・・・・」という話。

三丁目の夕日に出てくるようなシーンが目に浮かびます。

私も覚えていますが、母がカレーを作るとき、粉臭さをとるために、小麦粉をフライパンでいためていました。
カレー粉も一緒にいためていました。

いまだに、ヱスビーの赤い缶を見ると、四十年以上前かもしれない、あの頃のカレーを思い出します。

あれは、国全体が、右肩上がりで伸びているときの、幸福な香りだったように思います。

だから、老人ホームの入居者もみんなカレーが好きなんだと思います。



■なつかしいカレーの作り方

若い人は見た目にも肉のボリウム感があるカツカレーや、豚の角煮みたいな肉の塊が入ったカレーが好きですよね。

見た目にごつごつしたカレー。

ブロッコリーや、大きく切ったジャガイモなどもごつごつ感が出ますね。

でも、老人ホームでは、そういうのは無理な人が多いので、さじ一本で楽に食べられるひき肉カレーを作ります。

ブロッコリーなんかを入れた日には、「間違って変なものが入っている」といわれかねません。

なにせ、皆さんよーくご存知の国民食で、あの当時のことは、認知症の人も良く覚えていたりしますから・・・・・

ひき肉をいためて、その脂をつかって玉ねぎ、人参をいため、あとは普通に作ります。

極端に辛くはしませんが、まあ、中辛というところでしょうか。

らっきょうや福神漬けは、彩りに欲しいものだし、不思議なくらい皆さん、そういうものがつけられていたことを覚えているので、つけます。

ただし、ラッキョウは、総入れ歯の人は、噛むと、上の歯がはずれやすいので、かまなくていいように、粗くきざむことをお忘れなく。

カレーくらいは、入れ歯のことを忘れて食事を楽しんでもらいたいです。

認知症の方は、昔自分が作っていたカレーのことをよく覚えていたりするので、妙に工夫して、夏野菜(ナス、オクラ)や、キノコを入れたりはしません。 

こんなものが入ってると、気持ちが悪くて食べられない、という文句が一番でやすいのも、カレーなんです。

これが、国民食であることの証明なのかもしれません。



このブログ関連の資料請求サイトはこちら→『情報ショップ』(click)
でんのら





お手数ですが応援ポチをしていただけるとさらに励みになります。
(↓)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ


ときどき一位になることがあります 
応援ありがとうございます











スポンサーサイト

| 簡単レシピ | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/40-f3a389a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。