敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スキャン代行の結論

明けましておめでとうございます。

未来に向けて何らかの光明が見えるようになることを、心から祈ります。

1月1日に、広範囲で震度4の地震がありましたが、これまでとは震源が違うみたいですので、気になります。

ところで、昨年12月下旬に、スキャン代行業者に対して著作権者がとうとうアクションを起こしました。

浅田次郎氏、大沢在昌氏、永井豪氏、林真理子氏、東野圭吾氏、弘兼憲史氏、武論尊氏の7名を原告とし、スキャン代行業者2社に対し原告作品の複製権を侵害しないよう行為の差し止めを求める提訴が東京地方裁判所に出されたのです。

その前の9月に、著作権協会がスキャン代行業者に「質問状」を出して、7割が「やめます」、残りは無回答という事だったと記憶していますが、2社だけは「続けます」と回答したため、今回の提訴に至ったものと理解しています。

実は、私はたまたま、提訴された会社ではないがやっている代行業者に段ボール箱5個ほど電子書籍化を依頼したことを、前回書きましたが、同時に元判事である弁護士に、本件に関連する質問をしたところ、過去に結論の出ているカラオケを例にとり、分かりやすく「判決」を出してくれました。

彼は十数年前までは、東京地裁など数か所で裁判官(判事)をつとめたひとだけに、この結論には、かなりの説得力があるものと思いました。

この問題に関心のある方は多いと思いますので、こちらを読んでください。法的に正確に記述してあるから、平易な読み物とは言えませんが、結論は明快です。

私は、李下に冠を正さず、の故事に倣い、雑誌の電子書籍化は自分でやることにしました。ただ・・・・
上手く裁断できるものかどうかが、イマイチ心配なんですよね。
スポンサーサイト

| 読書と映画 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/401-f0da41f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。